So-net無料ブログ作成

ラッシュ/プライドと友情 [外国映画☆☆☆]

2014年2月11日(火) 20:20~ TOHOシネマズ川崎6
料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認

RUSH
「あなたの、生涯の1本を塗り替える。」なんて煽るもんだから。

『ラッシュ/プライドと友情‎』公式サイト

期待度MAXだったのが残念。
レース・シーンも迫力あるし、タイレル6輪車は登場するし、良く出来た作品なのであるが。

実在の人物の実在の話だから、あまり脚色できなかったのか。死亡すれすれのクラッシュと大火傷からの復活だなんて映画みたいな事実なんだが、わりと淡々と地味。

そのニキ・ラウダが、ただの堅物でなくて嫌味な人間であるのも、俺を盛り上げてくれなかったのかも。

映画と異なり、もともと、ジェームス・ハントとは仲良しだったという説。

友情の部分が、ちょっと物足らない。

スポーツ映画の定番燃えるリハビリ・シーン(ただし短時間)も無いし。
あるのは、苦しい肺の膿の吸引。あれはきつい。見ているのも辛い。

F1ドライバーに関しては、二人以外登場しないに等しい。
マリオ・アンドレッティという名前は聞こえたが。

お勧め度:☆☆☆ F1サーカス度:☆☆ 俺度:☆☆☆






ニュルンベルグでのニキ・ラウダのクラッシュ。雨は降っていなくて、ハントを追いかけていなかった模様。


映画データ
英題: RUSH
製作年: 2013年
製作国: アメリカ
日本公開: 2014年2月7日
上映時間: 2時間3分
配給: ギャガ
カラー

スタッフ
監督: ロン・ハワード
脚本: ピーター・モーガン
撮影: アンソニー・ドッド・マントル
美術: マーク・ディグビー
編集: ダニエル・ハンリー / マイク・ヒル
衣装デザイン: ジュリアン・デイ
音楽: ハンス・ジマー

キャスト
クリス・ヘムズワース
ダニエル・ブリュール
オリヴィア・ワイルド
アレクサンドラ・マリア・ララ
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ


ニキ・ラウダ実名で登場。主人公はケン・アカバ。

赤いペガサス (1) (小学館文庫)

赤いペガサス (1) (小学館文庫)

  • 作者: 村上 もとか
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1997/07
  • メディア: 文庫



この映画の記憶が、まるっきりない。

グラン・プリ [Blu-ray]

グラン・プリ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



その後のニキ・ラウダが駆ったブラバム ファン・カー。尻に巨大な扇風機。


フェラーリ


ティレル6輪車



nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 3

non_0101

こんはんば。
そんなにハードルの高い宣伝文句だったのですね~
個人的にはアカデミー賞にノミネートされている「アメリカン・ハッスル」や
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」よりも好きです。
でも、塗り替えることはないかな(^^ゞ
by non_0101 (2014-02-15 18:53) 

sakurai

わらしも友情のあたりの表現が物足りなかったなと感じたんですが、結構ばらばらな評価ですね、この映画。
でも、あのあおり方は、ちょっと言いすぎではないかと。

by sakurai (2014-02-16 09:45) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん
自らハードルをあげすぎでしたね。
「ハッスル」や「ウルフ」よりいいのには同意です。

>sakuraiさん
あまり友情は無かったですよね。
お互い認め合うというレベル。
実際は、そうとう馬が合ったとか。

by バラサ☆バラサ (2014-03-16 17:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 17

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。