So-net無料ブログ作成

ウォールフラワー [外国映画☆☆☆]

2013年11月22日(金) 20:40~ TOHOシネマズ川崎2
料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認

ウォールフラワー.
フレンドリーな変人たち

『ウォールフラワー』公式サイト

フリーパスポート17本目。

パーシー・ジャクソン」が、苛められっ子というか無視されているというかの高校一年生。
ハーマイオニーが、辛い過去があるが、人格者の娘。
少年は残酷な弓を射る」の奴が、ハーマイオニーの義理の兄で、ナイスガイなゲイ。

いとも簡単にハーマイオニーたちに受け入れられ、楽しげな高校生活に突入。
彼女など出来るも、やはりハーマイオニーが好きで、そのことで仲間から離れるも、ゲイを助けたことで友人関係は復活。

幻覚に苦しむとかどうなってるんだ、オチがないなぁと思っていたが、オチはつけられた。

しかも、ハーマイオニーとは、いい関係になり、目出度し目出度し。

上級生の友達しかいなくて、彼らが卒業した今後、また、いつもの生活に戻るのか。
国語の授業で、執拗に絡んでくる娘と、親しい関係にでもなるかと思ったら、そんなことなかったし。

なかなか面白い作品であるが、感銘すると言う類ではなかった。

友情回復となった行動、無意識とは言え、体育会系3人をぶちのめすのは、最大の謎。
パーシー・ジャクソンの1万分の1くらい弱く見える。
レイゲンの人格でも出てきたか。

お勧め度:☆☆☆ レイゲン度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆






映画データ
英題: THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年11月22日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間: 1時間43分
配給: ギャガ
カラー/ビスタサイズ

スタッフ
監督・脚本・原作: スティーヴン・チョボスキー
製作: リアンヌ・ハルフォン / ラッセル・スミス / ジョン・マルコヴィッチ
共同製作: ジリアン・ブラウン
製作総指揮: ジェームズ・パワーズ
撮影: アンドリュー・ダン
美術: インバル・ワインバーグ
編集: メアリー・ジョー・マーキー
キャスティング: メアリー・ヴァーニュー
オリジナル音楽: マイケル・ブルック
音楽監修: アレクサンドラ・パットサヴァス
衣装: デヴィッド・C・ロビンソン

キャスト
ローガン・ラーマン
エマ・ワトソン
エズラ・ミラー
メイ・ホイットマン
ディラン・マクダーモット
ケイト・ウォルシュ
メラニー・リンスキー
ジョニー・シモンズ
ニーナ・ドブレフ
ニコラス・ブラウン
トム・サヴィーニ
ポール・ラッド
エリン・ウィルヘルミ
リース・トンプソン
ゼイン・ホルツ
ジョーン・キューザック


原作

ウォールフラワー (集英社文庫)

ウォールフラワー (集英社文庫)

  • 作者: スティーブン・チョボスキー
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: 文庫


宣伝で言及される

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

  • 作者: J.D.サリンジャー
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1984/05/20
  • メディア: 新書



劇中のダンス曲

1980年代だったのかと理解。


Too Rye Ay

Too Rye Ay

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polygram UK
  • 発売日: 2000/11/28
  • メディア: CD




タグ:青春映画
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。