So-net無料ブログ作成

ダイ・ハード/ラスト・デイ [外国映画☆☆☆]

2013年2月14日(木) 21:55~ TOHOシネマズ日劇1
料金:1000円(TOHOシネマズデー)

ダイ・ハード
マクレーン ロシアでも法規無視

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』公式サイト

長いこと音信普通だった息子がロシアで逮捕され、急遽ロシアに渡るマクレーン。
息子は投獄されているロシアの政治家を保護するために潜入したCIAのエージェントだった。
裁判所に武装集団が乱入し、息子は政治家と逃げるところ、親父マクレーンと再会。
親父と息子は、武装集団との戦いを余儀なくされる。

過激化した破壊シーンは、「ダイ・ハード4.0」から引き続き。
装甲車みたいなのが、車を蹴散らし、マクレーンの繰るでかい車が、ボンネットの上を走る。ロシアの高速道路は壊滅状態。ロシア民間人の死者が出ていないとは思えないのだが、マクレーンに責任は無いのか。アメリカだったら何をやっても許されるのか!

見終わったら、話の中身を忘れてしまうような内容だが、そういう宿命の映画なんだから、文句を言うのは筋違いというものである。
が、1作目は、もう少し小粋な志の高いアクション映画だった筈だ。黒人の警官とか嫁のパンチとか良かったよな。嫁のパンチは、その後「リヴァイアサン」などにパクられる。

しかし、「リーサル・ウェポン」が閉店、「あぶない刑事」もとっくに終了、「ダーティ・ハリー」は無理という状況で孤軍奮闘していることは賞賛に値する。

原題が’A Good Day to Die Hard'なのに、ラスト・デイにした理由は不明。

ラストと言えば、映画の終わりが締まらない。
相棒を息子にしなければ、良かったのにと思える出来。

お勧め度:☆☆☆ 破壊度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★




映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』予告編


映画データ
英題: A GOOD DAY TO DIE HARD
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年2月14日
(TOHOシネマズ 日劇 ほか)
上映時間: 1時間38分
配給: 20世紀フォックス映画
カラー

スタッフ
監督: ジョン・ムーア
脚本: スキップ・ウッズ

キャスト
ブルース・ウィリス
ジェイ・コートニー



ダイ・ハード [DVD]

ダイ・ハード [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD



ダイ・ハード2 [DVD]

ダイ・ハード2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD



ダイ・ハード3 [DVD]

ダイ・ハード3 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ダイ・ハード4.0 [DVD]

ダイ・ハード4.0 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




タグ:アクション
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(30) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 30

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。