So-net無料ブログ作成

009 RE:CYBORG [日本映画☆☆★]

2012年10月27日(土) 21:05~ TOHOシネマズ川崎5
料金:1500円(レイトショー料金+3D料金メガネ持参)

『009 RE:CYBORG』公式サイト

まず、3Dについて。そもそも、3D CGアニメーションで作られたそうなのだが、態々セルアニメのテイストにしている。その為、逆に3D効果が無くなっている気がするのだけど。3D実写の人間が平たく2層3層に見える感覚だ。言ってること解る?

さて、団体に属することが嫌いな俺がサイボーグ009ファンクラブに入っていて、会合に2回も参加したこともある程、原作に思い入れのあるので、今回のキャラクター・デザインには、ニューギンのパチンコのCGと同程度の遣り切れない違和感を感じた。

009

が、映画を見ている内には、だんだんと慣れてきた。大幅な改造を施されているのは、人間離れした容姿のジェット(鼻がでかい)、グレート(オバQのような目)、ギルモア博士(鼻がでかい)であり、まあ、グレート以外は、原型のイメージを留めている。もともと唇の厚さがオバQ並みだったピュンマは、既に1979年に改造済みなので、大幅な変更はされていなかった。アルベルトやジェロニモは、違和感がない改造だ。アルベルトは白目!
ジェロニモのハルクぶりは気になるけど。そう言えば、ジェットのロケッティア(アイアインマン?)ぶりも。
逆に、喜ばしいのは、フランソワーズの改造で、スタイルの良さが強調された衣服を纏い、色香漂ういい女に変貌している!キャラクター・デザインに文句なくなったのは、この方のお蔭だ。

00ナンバー・サイボーグのユニフォームのボタンは小さくなっており、40センチはあったであろう足の大きさも普通になっている。ここは、章太郎先生のイメージを残して欲しいかったのだが。

肝心のストーリーだが、背景が良くわからない、伏線っぽいものを回収しない、中途半端に名シーンを入れやがった、年齢のギャップがどう考えても理解できないと、ほとんど投げっ放しで整理されていない。雑なシナリオだ。

ジョーとジェットの確執って何だ。
ジョーが27年前から、高校生繰り返しているのは、何故だ。
他の連中も、27年間年をとっていないようだが。(ギルモア含む)
「また、3歳年上になってしまったわ。」のフランソワーズとジョーの年の数え方を教えてくれ。
グレートとピュンマは何していたの。
「ジョー、君はどこに落ちたい。」(地下帝国ヨミ編)の前に、ジェット燃料切れ。
勿論、「神よ、生まれて初めてあなたに祈ります。」(地下帝国ヨミ編)はなし。神みたいなのと闘っているのだから、この台詞は使えないか。

脚本は、それなりの人が書くべきだった。原作を読み込んでいないだろう?

それとも、謎が解ける続編でもあるんですかね。意外と客が入っていたので、決して無い話では無いな。

登場して、すぐ欠場するグレートとピュンマ。グレートは、壁と一体化だけのメタモルフォーゼで、ピュンマにいたっては、潜水技術を全く持って披露できない。あまりの冷遇。初見の人は、ピュンマが008という存在だなんて、気付きもしないだろう。まあ、元々地味な人なのだが。(アルベルトのナイスガイぶりを強調するために、体が半壊し、鱗の皮膚にされる(地下帝国ヨミ編)より、出番が少ないほうが幸いか。)

お勧め度:☆☆★ 改造度:☆☆☆ 俺度:☆☆★






最初のアニメ。ジョーだけ、白いユニフォーム。グレートは子供。


サイボーグ009 1968 DVD-COLLECTION

サイボーグ009 1968 DVD-COLLECTION

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



1979年版が見つからないので、同じ頃の

登場する女すべてに惚れる島村ジョー。島耕作級の女たらし。フランソワーズの立場って。

<東映55キャンペーン第13弾>サイボーグ009 超銀河伝説 [DVD]

<東映55キャンペーン第13弾>サイボーグ009 超銀河伝説 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD


名作エピソードは、「ウェストサイドの決闘」

サイボーグ009 1979 DVD-COLLECTION Vol.1

サイボーグ009 1979 DVD-COLLECTION Vol.1

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



平成版。音楽TK。


サイボーグ009「バトルアライブ1~誕生~」 [DVD]

サイボーグ009「バトルアライブ1~誕生~」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • メディア: DVD


フィギュア付限定版を購入。ユニフォームの色は、何故か緑。

映画データ
製作年: 2012年
製作国: 日本
日本公開: 2012年10月27日
配給: Production I.G /ティ・ジョイ
カラー

スタッフ
監督・脚本: 神山健治
原作: 石ノ森章太郎
音楽: 川井憲次
キャラクターデザイナー: 麻生我等
絵コンテ: 青木康浩 / 林祐一郎
アニメーションディレクター: 鈴木大介
演出: 柿本広大
リードアニメーター: 植高正典
美術設定: 渡部隆 / 滝口比呂志
美術監督: 竹田悠介
色彩設計: 片山由美子
撮影監督: 上薗隆浩
サウンドデザイナー: トム・マイヤーズ
ラインディレクター: 川端玲奈
制作プロデューサー: 松浦裕暁
製作プロデューサー: 石川光久
プロデューサー: 石井朋彦

キャスト
(声の出演)
玉川紗己子
小野大輔
斎藤千和
大川透
丹沢晃之
増岡太郎
吉野裕行
杉山紀彰
宮野真守



タグ:アニメ
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 2

sakurai

気持ちばかり先走って、物語も3Dもついて行ってないって感じですかね。
作り手の気持ちはわかるんですが、どっちも伴ってない。
3Dメガネ、途中でたたき割りたくなりました。
by sakurai (2012-12-24 07:32) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

3D大嫌いなようですね。
叩き割るなんて、わたしは、随時3種類のめがねをカバンに装備しています。
by バラサ☆バラサ (2012-12-28 01:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。