So-net無料ブログ作成

捜査官X [亜州映画☆☆☆★]

2012年4月29日(日) 16:30~ 丸の内TOEI②
料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認

『捜査官X』公式サイト

何ともセンスの無いタイトルだ。
金城がその捜査官Xらしいのだが、そのセンスのないタイトルから、現代劇かと思っていたが、清の末期の中国の話だった。

ドニーさんが、悪党二人にボコボコにやられながらも結局退治、死に至らしめる。ドニーさんが正統な闘いもせずの偶然勝利を治める訳が無いのだが、金城も同じ思いで、ドニーさんは逃亡中の殺人者(武道の達人)のどれかでないかと捜査を進める。
ドニーさんは、西夏の生き残りの蛮族の抜け忍みたいな奴であることが判明、同時に蛮族もドニーさんの居所を知ることになる。蛮族の首領は、なんとジミー先生で、ドニーさんの実父である。
ドニーさんは、蛮族を抜けるために、人を殺めてきた手はいらぬと、腕を切り落とし、片腕ドラゴン状態になる。
ジミー先生への敬意の表れだろうか。
そして、いよいよジミー先生との対決。

流石、黒社会のジミー先生は、迫力満点だ。「片腕ドラゴン」の頃の貧相な若者のイメージが微塵も無い。そして、当時笑止千万なクンフーだったジミー先生のアクションが、無敵の力強さとなっている。これは、ドニーさんのアクション演出のお蔭だろうけど。無敵のジミー先生は、ドニーさんでは倒せず、金城が足と首にやっとこ刺した針を通して、雷で感電死という決着。ジミー先生は、カンフーでは敵う者無しということだろう。

金城中心の前半のミステリー仕立ては退屈だが、後半の攻防戦はジミー先生を中心に素晴らしい出来だ。

お勧め度:☆☆☆★ 片腕ドラゴン度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆






映画データ
英題: 武侠
製作年: 2011年
製作国: 香港/中国
日本公開: 2012年4月21日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間: 1時間55分
配給: ブロードメディア・スタジオ
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

スタッフ
監督: ピーター・チャン
脚本: オーブリー・ラム
撮影: ジェイク・ポロック / ライ・イウファイ
アクション監督: ドニー・イェン
美術: イー・チュンマン
音楽: コンフォート・チャン / ピーター・カム

キャスト
ドニー・イェン
金城武
タン・ウェイ
ジミー・ウォング
クララ・ウェイ


ジミー先生のへなちょこクンフー「片腕ドラゴン

1分11秒は必見!

片腕ドラゴン デジタル・リマスター版 [DVD]

片腕ドラゴン デジタル・リマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD



そして、「男たちの挽歌」と同じ原題の「ドラゴンVS不死身の妖婆」
http://youtu.be/0LT5fR1RSfc

ドニーさんの西夏での名前はタンロンだ。タンロンと言えば、



ドラゴンへの道 デジタル・リマスター版 [DVD]

ドラゴンへの道 デジタル・リマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(20) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。