So-net無料ブログ作成

J・エドガー [外国映画☆☆☆]

2012年2月4日(土) 16:05~ 丸の内ピカデリー1
料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認

『J・エドガー』公式サイト

FBI初代長官の話。

「アンタッチャブル」のような爽快な話ではなく、同性愛疑惑もあり吃音で実は小心者であるという興味深い男が色々と暗躍する話だ。

賞に恵まれないディカプリオ君だが、今回太った老人を熱演するも、声に張りがあるのが多少気になる。

(偽装)結婚を企むエドガーに副長官が嫉妬、ぶん殴り乱闘になるが、マウントポジションを取り強引にキスをする寸前に、副長官がディカプリオの頬を引っ張ったのは笑った。

お勧め度:☆☆☆ やおい度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆






フーヴァーとFBI

大統領たちが恐れた男―FBI長官フーヴァーの秘密の生涯〈上〉 (新潮文庫)

大統領たちが恐れた男―FBI長官フーヴァーの秘密の生涯〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: アンソニー サマーズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: 文庫



大統領たちが恐れた男―FBI長官フーヴァーの秘密の生涯〈下〉 (新潮文庫)

大統領たちが恐れた男―FBI長官フーヴァーの秘密の生涯〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: アンソニー サマーズ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1998/05
  • メディア: 文庫



FBIフーバー長官の呪い (文春文庫)

FBIフーバー長官の呪い (文春文庫)

  • 作者: マルク デュガン
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 文庫



FBIの歴史

FBIの歴史

  • 作者: ロードリ ジェフリーズ=ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: 東洋書林
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本



FBI―独裁者フーバー長官 (中公文庫―BIBLIO20世紀)

FBI―独裁者フーバー長官 (中公文庫―BIBLIO20世紀)

  • 作者: W.サリバン
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 文庫



映画データ
英題: J.EDGAR
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2012年1月28日
上映時間: 2時間17分
配給: ワーナー・ブラザース
カラー

スタッフ
監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド
脚本: ダスティン・ランス・ブラック
製作: ブライアン・グレイザー / ロバート・ロレンツ
製作総指揮: ティム・ムーア / エリカ・ハギンズ
撮影: トム・スターン
美術: ジェームズ・J・ムラカミ
編集: ジョエル・コックス / ゲイリー・ローチ
衣装: デボラ・ホッパー

キャスト
レオナルド・ディカプリオ
ナオミ・ワッツ
アーミー・ハマー
ジョシュ・ルーカス
ジュディ・デンチ
デイモン・ヘリマン
ケン・ハワード


脚本家は、「ミルク」の奴で、実際にゲイであり、活動家だ。

ミルク [DVD]

ミルク [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




タグ:人間ドラマ
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(21) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

hash

>声に張り
確かに、相棒は声質を変えていましたが、ディカプリオ君は同じでしたね。
by hash (2012-02-12 00:19) 

バラサ☆バラサ

>hashさん

ディカプリオは、某木村とか某役所とかと同じで、発声方式がいつも一緒なのかもしれません。

by バラサ☆バラサ (2012-02-13 02:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。