So-net無料ブログ作成

鋼鉄ジーグ 第1話 世紀のマグネ・ロボット鋼鉄ジーグ [アニメ]

2009年2月10日(水) GYAO





『鋼鉄ジーグ 第1話 世紀のマグネ・ロボット鋼鉄ジーグ』動画サイト

GYAOで第一話のみ無料配信。

GYAOのサイトからコピペ↓
古代日本をモチーフにした、ドラマチックなスーパーロボットアニメ。
スーパーロボット全盛期のアニメシーンに登場するや、瞬く間に一番人気をさらったテレビシリーズ。メインメカが磁力を用いたパーツ交換でパワーアップするなど、従来の巨大ロボットものに数々の独創的なアイデアを持ち込み、おもちゃのマーケティングでも大成功をおさめた。

大事故から生還したカーレーサーの司馬宙は、ヒミカの野望を知る父を殺害されてしまう。しかしその父は、マシンファーザーとなって鋼鉄ジーグの存在を明かすのだった。
↑コピペ終了

恐らく玩具企画ありきで始まったであろうロボットアニメ。実際、当時としては調合金などより出来のいい玩具が発売された。



玩具のパッケージの中身はここ

主人公はサイボーグで、変身後、体を丸めて鋼鉄ジーグの頭となる。胴体、腕、足は、ビッグ・シューターというサポート機から送出されて、磁石で繋がる。よってもって、腕は、ドリルやバズーカなどのパーツと入れ替え可能。

マグネットで繋がるというのが、角ばってギコチナイ動きしか出来なかった超合金に比べると、とても滑らかな動きを再現できたのだと思われる。(現物は買っていないから、本当のところは判らん。)

ビッグ・シューターの発信シーンが、ジェットコースターみたいなコースを延々と走ってから、海に出て行く。何故にグルグル回るのか不明。操縦者の美和にGを慣らすためなのだろうか。

邪魔大王国、ヒミカ、はにわ原人、何とも秀逸な敵の設定である。

原作は、永井豪。しかし、「テレビ・マガジン」とかの低学年向き漫画雑誌でしか連載していなかったはずだ。

特筆すべきは歌の歌詞で、何も考えていないに等しい。「バロム1」と同じタイプ。歌うは、水木の兄貴。

お勧め度:☆☆☆ バラバラババン度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆




素晴らしいオープニング曲


続編?

ジーグはスマートになったが、キャラクターが子供になっている。歌は、兄貴のオリジナルのまま!!




かなり素敵なソフビ。ビッグ・シューターも付いている。

おまけ。壁紙。
壁紙


COBRA THE ANIMATION


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

なつき

持ってましたよ。
ジーグの超合金。あ、これは超合金とは呼ばないんですか?

あ、持ってました。
じゃなくて、今でも実家にあるんじゃなかろうかと。

マグネット接続部の可動範囲は当然広くて良かったです。
ただ、デザインの問題で肘とかは可動範囲が狭かったんじゃないかと。
また人の形に近いフォルムのお陰で足が小さく、
ほぼ立ってくれないオモチャだった記憶が…。
by なつき (2010-02-12 13:39) 

バラサ☆バラサ

>なつきさん

マグネモと言うみたいですね。マグネロボ・ガキーンも発売されたみたいです。
ガキーンと言えば、ささきいさおと堀江美都子さんの主題歌を思い出します。

持っていらしたのですか。羨ましいですね。

リンク先のUSサイトの画像を見ると、足はそれなりに大きいです。石ノ森先生の漫画のように。
by バラサ☆バラサ (2010-02-14 02:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。