So-net無料ブログ作成
外国映画☆★ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

グレイヴ・エンカウンターズ [外国映画☆★]

2012年6月1日(金) 21:45~ TOHOシネマズ川崎7
料金:1000円(映画サービスデー)

『グレイヴ・エンカウンターズ』公式サイト

グレイブ・エンカンターズと言う超常現象テレビ番組のクルーの取材中に起きた出来事の記録を再編したというモキュメンタリー。舞台は廃墟になった精神病院。

前半は肩透かしレベルも無く、物凄く退屈だ。

化け物のような霊(少女)が出てきて、少しテンポが上がるかと思ったら、また霊はどこかに潜んでしまい、中々出てこない。やっと出てきたぜ(舌の無いおっさん)と思ったら、ドアを閉めたら、そこから追いかけてくることは無い。実体化しているのか通り抜けとかは出来ないらしい。

最後に大量襲撃でもあるかと少しは期待したが、予想通り数人の医者が出てきて主人公にロボトミー手術を施すだけだった。

建物の構造が変わったり、着ているものが病院服になってしまったり、腕にネームプレートが装着されたりと、怨霊の仕業だけでは出来そうもないことがあるのも気に入らない。
「すべて主人公の妄想でした」。なら兎も角。いや、それはそれで卑怯なオチなのだが。

こんなのだったら、呪怨をPOVスタイルで撮ったほうが遥かに面白いと思う。

お勧め度:☆★ 化け物襲撃度:☆ 俺度:☆★

予告編を観る


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

ブラッドレイン 血塗られた第三帝国 [外国映画☆★]

2012年3月29日(木) 19:50~ ヒューマントラストシネマ渋谷3
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:非売


ブラッドレイン 血塗られた第三帝国 [DVD]

ブラッドレイン 血塗られた第三帝国 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



『未体験ゾーンの映画たち2012』のひとつ。この特集、「タッカーとデイル」を除いて、本当にろくな作品が無い。

これも大外れだ。

ナチス、ヒトラーに女ハーフ・ヴァンパイアと面白そうな題材なのに、話のスケールが小さすぎる。
主人公の女ハーフ・ヴァンパイアに噛まれて、自らもヴァンパイアになった、ナチスのどっかの地方の司令官が暴れるだけ。

総統
こんな総統大暴れなシーンが炸裂するのかと期待していたんだぞ。ヴァンパイアの夢の中で総統が一瞬暴れただけだった。全くもって騙されたよ。

極めて糞真面目に作っているので、まったく笑えないのもガッカリだ。この監督、センスが無いとしか言いようがない。

そして、女ヴァンパイア、二刀流の刀を背中に刺している格好は、なかなかなのだが、肝心のアクションがヘタレすぎ。せめて、水野美紀ばりで、ミラ・ジョボヴィッチやケイト・ベッキンセールとは言わないが。

最後の司令官との対決なんて、倒した司令官の顔にでかい岩を投げつけて終了。

そして、その司令官は、マイケル・パレだ!!!

お勧め度:☆★ 駄目アクション度:☆☆☆☆ 俺度:☆

予告編を観る


タグ:アクション
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ザ・チャイルド:悪魔の起源 [外国映画☆★]

2012年3月22日(木) 21:15~ ヒューマントラストシネマ渋谷1
料金:0円(Club-Cポイント利用) パンフレット:非売

『ザ・チャイルド:悪魔の起源』公式サイト

スティーヴン・キングの"Children of the Corn"を題材とした何度目かの映画化。何度目と言っても、一本も観たことが無い。そしてそれらは、キング原作の映画として低評価となっている。(元ネタ

それらと同じように、本作も低評価だろう。

そもそも話が、何が何だか判らないまま終了した。どこがGenesisなんだよ。

そういう意味で、雰囲気だけで怖がらせようという魂胆だが、それがちっとも怖くない。

妙に強気な妊婦であるヒロイン。こいつとはつき合えないなという性格の悪さ。

お勧め度:☆★ 起源度:☆ 俺度:☆

予告編を観る


タグ:ホラー
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メランコリア [外国映画☆★]

2012年3月4日(日) 17:25~ TOHOシネマズシャンテ3
料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認

『メランコリア』公式サイト

ラース・フォン・トリアーが嫌いだ。
嫌いだが、不愉快な人間が出てきて、興味深かったりするので、観てしまったりする。
不愉快な人間が出ているので、不快な思いをするのだが。で、毎回眠い。

で、本作、不愉快な人間は大勢出て来るのだが、例によって極めて退屈で意味の判らない話なので、「早く終わらないかなぁ」状態だ。
特に第二部の終盤、甥と森の中に入るキルスティン・ダンストには激しい怒りを覚えた。「やっと終わるぜ!」と思ったのに。

オープニングは、「アンチ・クライスト」で癖になったのか、あの手の映像だ。しかし、それは、予告編でダイジェスト映像として、ほとんど全て拝める。長回しでない分、予告編のほうが素晴らしい。
しかし、本編は例によってドグマ手法なので、目が回る。冒頭のリムジンのシーンは、車酔いするピンチ。

惑星が近づくにつれ、その影響で人間がおかしくなっていくのだと思っていたのだが、そうじゃなくて最初から皆おかしい。
第一部の主役キルスティン・ダンストその行為は、惑星の接近とリンクしているようには見えない。
ただの嫌な奴が、自爆しただけのように思える。
似ていない姉シャルロット・ゲンズブールによると、昔からろくなことをしないそうだし。「今日だけは大人しくしろ。」とか。
最初から大遅刻とか、どういう神経をしているのだ。

結局、「嫌な一族がいたが、惑星が地球に衝突し、人類とともに消滅した。」というだけの話を2時間15分見させられただけだ。

ひょっとしらた、惑星が衝突したのは、あのゴルフコースだけで、その他の地域は安泰なのかもしれない。
惑星の大気圏突入時に、天変地異が起こらなかったし。雪や雹が降ったくらい。
滅びたのは、あの一族だけだ。しかし、シャーロット・ランプリングは、生き永らえる。

もう、無理してラース・フォン・トリアーに付き合うの止めるか。
と言っても、「エレメント・オブ・クライム」「キングダム」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「アンチクライスト」しか観ていないのだが。
何で、レゴの国に、こんな厄介なオッサンがいるのだろう。

テッド・V・マイケルズと違って、一生仲良くなれないと思う。

お勧め度:☆★ ラース嫌い度:☆☆☆☆ 俺度:☆

予告編を観る


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

ザ・キング・オブ・ファイターズ [外国映画☆★]

2012年1月3日(火)
レンタルDVD


ザ・キング・オブ・ファイターズ [DVD]

ザ・キング・オブ・ファイターズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



『ザ・キング・オブ・ファイターズ』公式サイト

SNKの格闘ゲームを元にした映画。
そもそも格闘ゲームの映画は、ろくでもないものが多いが、これは最低ランクだろう。
アクションシーンが、最後の方にしかないのですぜ。
実際、本国では映画でなくビデオ公開なのだが。

悪役は、ダース・モールの人らしいのだが、素顔だと存在感が全く無い・・・。

お勧め度:☆★ ダース・モール度:★ 俺度:☆

予告編を観る


タグ:アクション
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

東京オアシス [外国映画☆★]

2011年10月27日(木) 19:20~ ヒューマントラストシネマ有楽町1
料金:0円(Club-Cポイント利用) パンフレット:700円(買っていない)

『東京オアシス』公式サイト

荻上直子系のだらだら映画は、「マザーウォーター」の松本佳奈と本作でデビューの中村佳代による、3つのオムニバス的話。全部に出場は、例によって小林聡美。

83分と非常に短く、3つの別のストーリーなので、ポンポンと進みそうなものだが、いつものダラダラ感が、とてつもなく強化されていて、もう倒れるかと思った。退屈の極限。

いつもの光石研、市川実日子、もたいまさこが脇役で出ている。DVDに連中のスピンオフが収録されるとか。どうでもいいことだけど。

加瀬亮の出てくる一話での海辺、原田知世の二話での映画館、黒木華なる知らない人の三話での動物園、場所が皆目検討がつかないのだが東京なのか。
と、知りたくてエンドロールを眺めて出てこず、パンフレットにも掲載されていない。
Wikiによると映画館は目黒シネマ、動物園は千葉市動物園だとのこと。千葉なんて東京じゃねえじゃん。ラストシーンのビル群も場所が不明。
どこが東京オアシスなのかと。

それとな、男は回転レシーブしないぞ。フライング・レシーブだ。なんというリサーチ不足。

荻上式ダラダラ系は、「かもめ食堂」だけでいいや。

拝めなかったツチブタだけは気になる。

お勧め度:☆★ 催眠度:☆☆☆☆ 俺度:☆


予告編を観る


nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

ラスト・エクソシズム [外国映画☆★]

2011年10月10日(月) 19:00~ TOHOシネマズららぽーと横浜9
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『ラスト・エクソシズム』公式サイト

TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。23本目。

モキュメンタリーだった。
が、途中、誰が撮ったか判らない外からの屋敷の映像、一段落時の謎のBGMが、モキュメンタリーになっていないんですが。

カソリックの神父でなく、牧師が悪魔祓いをする。バチカンで教育を受ける訳でない。そういう意味で、正規のエクソシストではないのだろう。

そもそも、悪魔の存在を信じていない、あまつさえ神も信じてない節のある牧師である。悪魔祓い儀式中、事故で死亡して犠牲になる子供を救うためにと、自らのフェイク儀式を撮影し悪魔祓いなんて不要と世間に伝えようと依頼元を訪れる。

そこで、いんちき悪魔祓いを行なうが、それが完全には上手くいかなかった。すると、精神疾患として処理しようとする牧師だったが・・・。

と。設定は興味深いのだが。

そもそも悪魔憑きの少女のギミックが少なすぎ。逆イナバウアーもどき状態くらいしか披露しない。
一人で男女の会話を行っている節もあるのだが、アップ時は少女の声のままだ。

90分弱と尺が短いのに間延びしているような、緊迫感の無い演出も厳しい。

最後のカルト儀式が説明がつかない。本編が必要ないくらい、関連性が無い気がする。特に、地元の牧師の存在が極めて謎。

お勧め度:☆★ 悪魔祓い度:☆ 俺度:☆

予告編を観る


nice!(28)  コメント(5)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

プリースト [外国映画☆★]

2011年9月23日(金) 21:15~ TOHOシネマズ川崎7
料金:300円(フリーパス+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認

『プリースト』公式サイト

TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。8本目。

ヴァンパイア映画。
独自の世界設定を行い、その世界観の説明の冒頭のアニメーションはいける。

しかし、肝心の本編が何もかも致命的なまでに魅力がない。
陳腐なストーリー、凡庸なアクション、冴えないキャラクター。どっかで見たような造型。

何か珍作「レギオン」を思い出したのだが、監督が同じであったか。あ、主演もだ。

当然3D効果も無し。冒頭のアニメーションの飛び出す絵本状態以外に。

ヴァンパイアクイーンなるものが退治されなかったようで、続編作る気満々な終わり方。あっても、いいとこビデオスルーだろうな。

お勧め度:☆★ ヴァンパイア度:☆★ 俺度:☆

予告編を観る


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

奇術師フーディーニ 〜妖しき幻想〜 [外国映画☆★]

2011年7月24日(日)
レンタルDVD





ガイ・ピアース、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、キャサリンの娘役は、「つぐない」「ラブリー・ボーン」の芸達者なシアーシャ・ローナンと贅沢な配役。

そして、魔術師ものの「プレステージ」や「幻影師アイゼンハイム」の直後くらいの作品だが、本作はDVDスルーだった。

フーディーニという人物に昔から興味があることもあり観てみたら、何らトリッキーな要素の無い、ラブ・ストーリーみたいなものだった。

お勧め度:☆★ トリック度:★ 俺度:☆★

フーディーニの研究


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メタボ戦隊アホレンジャー [外国映画☆★]

2011年7月23日(土)
レンタルDVD


メタボ戦隊 アホレンジャー [DVD]

メタボ戦隊 アホレンジャー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD



『ギャラクシー・クエスト』的なものを期待する訳だ。昔の人気番組のヒーローが、歳とって集まって実際の活躍をするというやつ。アリー・シーディ出ているって?、シガニー・ウィーバーみたいなのか?とも思う。


ギャラクシー★クエスト [DVD]

ギャラクシー★クエスト [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



しかし、このあんまりなタイトルと安普請なジャケットから、もの凄く陳腐で頭の悪いものを想定し、ある程度の覚悟はする。

が、ここに写っていたのは、打ち切りになった人気番組を復活させようと、今や落ちぶれた昔の主役たちを誘拐し、続編を作成する変な奴らのフェイク・ドキュメンタリーだった。

そして、妙にシニカルであり、淡々としていて、まったくもって笑えないので、何事もやる気がなくなってくるという恐るべき効果。

しかし、この確信犯的なくだらなさは、「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」に似ているなと思ったら、これの監督がカメオ出演してやんの。ちなみに、この作品も笑えない。

アリー・シーディは、何をしているのか・・・。

お勧め度:☆★ 笑えない度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆

アリー・シーディの作品


タグ:コメディ
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | 次の10件 外国映画☆★ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。