So-net無料ブログ作成
日本映画☆ ブログトップ
前の10件 | -

劇場版 零~ゼロ~ [日本映画☆]

2014年10月21日(火) 19:40~ TOHOシネマズ日本橋9
料金:1400円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認

劇場版 零~ゼロ~
クッソつまらない百合映画

『劇場版 零~ゼロ~』公式サイト

しかも女優たちが可愛くない。

そして、1秒たりとも怖くない。

いかにもの謎の用務員の存在不要。

原作であるゲームは面白いのか?

お勧め度:☆ 百合度:☆ 俺度:☆

予告編を観る


タグ:ホラー
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

タイガーマスク [日本映画☆]

2013年11月9日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎3
料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認

Tigermask
プロレスLOVE無し

『タイガーマスク』公式サイト

フリーパスポート9本目。

胸板の薄そうなウエンツがタイガーマスクだなんて、肉体改造でもするのかと思ったが、そこまでする価値のある映画でないし、真樹先生を含むスタッフが何か勘違いしているようで、牙狼のような甲冑コスチュームだった。
マスクをつけると全身が覆われるという破裏拳ポリマーとかビーファイターみたいな変身。

そのようなものだから、プロレスLOVEの欠片も無く、殴る蹴る以外の技は、ジャーマン・スープレックスぐらい。タイガーマスクのオリジナル・ホールドは、ウルトラ・タイガー・ブリーカーが出てくるが、頭で受け止めず背中で受けている。タイガースープレックスの構えに入ったが、飯綱落しみたいなことやりやがった。

予算が無いからか、闘いの舞台は、地下格闘場みたいなところと、虎の穴の近くの空き地。せめて後楽園ホール使おうよ。現役のプロレスラーの出演も無し。そしてアナウンサーは、よりによって、NWOを新しい世界の注文と訳したバカ辻よしなり。

悪役レスラーが改心というオリジナル・コンセプトを全く無視しており、伊達直人が一時期ちびっこハウスの職員になるなど、ことごとく改悪がなされている。哀川翔演じるミスターXの謎メイクは失笑ものだ。ミスターXが持つギルの笛みたいなのが、光を発すると虎の穴のレスラーは苦悶する。良心回路でも埋め込まれたか。

2度も崩壊の危機に追い込まれたちびっこハウスが、いつの間にか再建するのも謎。2度目は伊達直人の金銭援助か。

虎の穴も矮小なら、最後の敵も矮小で、監督は、己のセンスの無さを呪えばいいよ。

釈由美子がコーチなのだが、なんと、それだけが唯一の見所だ。

何を目指して、この映画を作ったのだろう。

虎の穴の職員(?)役で三池が出てくるが、三池に監督脚本やらせれば良かったのに。

お勧め度:☆ プロレスLOVE度:★ 俺度:☆

アニメの名曲を聴く


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

貞子3D2 [日本映画☆]

2013年9月8日(日) 16:20~ TOHOシネマズ川崎7
料金:300円(シネマイレージカードポイント利用+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認

貞子3D2
史上最も志の低いホラー映画。この映画の関係者を心底軽蔑する。ボルさんやウッドさん、スティックラーさん、マイケルズさんらの爪の垢を煎じて飲むべし。

『貞子3D2』公式サイト

ダメだとは判っていたのだが、ダメさ加減を確認しようと思って観た訳だが、考えが甘かった。
ヒルコ
前作のヒルコ状態貞子の増殖が、愛しくなるくらいだ。

つっ込みどころ満載とかいうどころでなく、何一つ整合性が取られていない。
ウッドさんも整合性が取られていないのだが、彼には金はなかったし、でも愛があった。

登場人物たちは、何故夜でも電気をつけないのか?大学も警察など公共施設も必要最低限。
ベビー・シッターが転落死したのに、事情聴衆されない主人公。
監視画面の映像の幼女を見るだけで、保育園を探り当てる刑事。変態のように保育園に張り付き監視しているも通報されず。
動画というより画面のノイズ。見てしまったとかでなく、無差別に配信される。
いったい誰か検討もつかない何者かに突き飛ばされて死ぬ前作の刑事。
などなどなどなど。
あんまり酷いので、最後一気に夢落ちで締めるのかと思ったが、より一層あらぬ方向へ。
オーメンみたいな悪魔の子みたいなのだった筈が、普通の幼児に変わり、親子愛、叔母姪愛に。(父親は、徹頭徹尾戦力外。)

また、登場人物が、勿体つけて台詞喋るもんだから、進行が遅くて遅くて。90分ほどの映画だが、2時間ほどの体感時間だ。内容的には30分程度なのに。

この映画、プロ野球の始球式に貞子を大量に送り込むなど、本編以外のイベントで無駄に嬉々としていやがる。
そして、自己満足の極致みたいな企画スマ4Dってなんなんだよ。体感する気全く無し。

この映画のスタッフ、ホラーに対する愛は微塵もないだろう。
脅かせばいいと思っているのだろうが、高校の文化祭のお化け屋敷にも劣る。
最後のアレも予想通り。「催眠」の菅野美穂さんのそれは、吃驚したもんだ。

上映終了後、「あー、疲れた」と言っていた、高校生らしき集団がいるのだが、つまらなかったからだよな?

お勧め度:☆ ホラー愛度:☆ 俺度:☆

予告編を観る


タグ:ホラー
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

バトル・ロワイアル3D [日本映画☆]

2010年11月28日(日) 15:10~ TOHOシネマズららぽーと横浜5
料金:400円(フリーパス+3D料金) パンフレット:未確認

『バトル・ロワイアル3D』公式サイト

フリーパス23本目。

何を今更な映画なのだが、フリーパス月間なんで、観に行ってしまったよ。
最初の上映の時に、観に行っているが、藤原と女子一名が生き残ったという記憶しかない。

安藤は、かなり早い段階で退場していたと思っていたら、最後まで奮戦しているし、柴咲コウは、瞬殺だったと思っていたら、結構何度も出てくるし、栗山千明の存在は忘れているは、塚本高史やあおいの亭主などは、存在も気がつかなかった。

そして、荒唐無稽なひたすらバイオレンスな作品だと思っていたのだが、妙に湿っぽい。日本の映画らしいジトジト感だ。

記憶というのは、全く正しくないものだ。

前回の鑑賞時と変わらない印象は、藤原の演技が大袈裟で五月蝿いということだ。
今も大袈裟で五月蝿い藤原だが、成長していないというか、既にスタイルが完成されていたというか。

3Dは、血飛沫が飛ぶときだけ一生懸命で、その他はバスケットーボールが放り投げられるシーンぐらいしか印象に無い。何と血飛沫の映像は、後から付け加えられたものだそうだ。

恐ろしい程のやっつけ仕事っぷりに、観客の評価は、入場者5人で答えている。

お勧め度:☆ 3D効果度:☆ 俺度:☆
評価はボロクソだが、3D過多に乗っかって、テキートーな加工で市場にだすからであって、本編自体の評価は初見の時同様、結構面白いというものである。オリジナルのDVD鑑賞なら推奨する。

バトルロワイヤル関連


タグ:アクション
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

プランゼット [日本映画☆]

2010年6月3日(木) 19:00~ テアトル新宿
料金:900円(前売券購入。フィルムが特典) パンフレット:未確認

『プランゼット』公式サイト

特撮愛の監督が、ひとりでチマチマ作った「惑星大怪獣ネガドン」に続く、チマチマ作ったフルCGの二作目。

愛は感じられるけど、話があんまりなので、可哀想な結果に終わった。

2043年、ニートの青年の軍人である父親は、緊急呼び出しでスクランブル発進するが、謎の巨大物質に亡き者にされる。謎の巨大物質は、地球をほぼ壊滅状態にし、人類は細々と生き続ける。
2053年、ニートの青年は何故か軍人になり、何故か父親の敵を討つという。元ニートは、酒飲みと熊本出身と思われる娘の3人チームだ。チームの隊長は、変なエリート女で、偉大な軍人の父親がいたらしい。ロシア方面の軍隊が壊滅したとのことで、日本チームに防衛のミッションが回ってきた。4人しかいないのだが。そこで隊長は、偉大な父親と肩を並べるため、謎の地球外物質に自信満々の作戦で殲滅せんと挑むが見事に失敗。失敗にがっかりし、何故か基地の自爆装置を押す。自爆装置がオンになると何故か昔の長官らしきオッサンの立体映像が登場。最終兵器が起動するから、それで戦えと言う。元ニートは、それを起動し、ザコは破壊に成功。親玉には追い込まれるが、わーと叫んだら勝ってしまった。元ニートが勝利後倒れていると、何故かプライドの復活した隊長が迎えに来た。

と、「何故か」だらけの脈絡も無く繋いだようなストーリー。
凝ったつもりだろうがストーリー上何ら意味をなしていないキャラクター設定。
2043年、テレビ、ラジオが、何故か昭和30年代スタイルなのに、電話は黒のダイヤルでなくプッシュホンとよく判らないディテール。

1時間もないのに、堪らなく眠くて、直ぐに目をつぶってしまい、10秒後くらいに慌てて目を開く俺。

酒飲みのチームの年長者は、スレッガー・ロウというか、期待通りの動きをしてくれた。
妹の存在の意図が不明。直ぐに失神するとは思わなかった。最終兵器に席が3つあるから、ニートと妹と隊長が乗るのかと思ったぜ。

未見の「ネガドン」は、ポスターを観る限り、特撮愛がいい方向に向かっているように思えるのだが、これは・・・

ま、「深海獣雷牙」よりはいいか。あっちの監督は落語家だけど。

最後に、ロボットの機体は、バンプレストみたいで、良かったよ。サイバスターを思い出した。

お勧め度:☆ サイバスター度:☆☆☆★ 俺度:☆★

一人でチマチマとか素人とか


タグ:CG 特撮
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ソラニン [日本映画☆]

2010年4月3日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎6
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない)

『ソラニン』公式サイト

好きなジャンルのロック映画である。宮崎あおいが歌を披露するという。
少なからず期待していたのだが・・・

働く大人を小馬鹿にしているとしか思えないふざけた内容だった。働くことが悪徳であるかのように描かれている。

いつまでもモラトリアムで世間に甘えている若造が、文句ばかり言って、中途半端に夢を持つ。そこには努力の欠片も無い。

登場人物の誰一人にも共感ができない、不快なだけな作品。

漫画が原作だそうだが、人気があったのか?

オッサンにはついていけない。

とりあえず、あおいちゃんの歌は旨くない。まあ素人らしくていいか。
曲自体もツマラン。あんまり良かったらメジャーデビューしてしまうか。

2010年4月26日追記:改めて、オリジナルの曲を聴いたら、結構いいじゃないか。失礼しました。


お勧め度:☆ 駄目若造度:☆☆☆★ 俺度:☆

バンドの映画は


nice!(14)  コメント(7)  トラックバック(23) 
共通テーマ:映画

惑星大戦争 [日本映画☆]

2010年1月22日(金) 20:40~ 銀座シネパトス1
料金:1300円


惑星大戦争 [DVD]

惑星大戦争 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



名画座宣言した銀座シネパトスの「銀座シネパニック!!~邦画パニック映画特集~」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
「海底軍艦」の宇宙版リメイク。謎のUFOヘル・ファイターによって世界は壊滅的状態に。国防軍は侵略軍の基地がある金星へ向けて全面戦争を開始する。なぜドイツで大ヒットを記録した浅野ゆう子ファン必見の問題作!!
<引用終り>

主演、千葉県知事、若き日のトレンディ女優、沖雅也、宮内洋先生。
スターウォーズを迎撃するために製作された作品だが、酷いのなんの。子供だましみたいな脚本にスケールの小さい戦闘。

ヤマトのように日本人クルーばかりなんだが、何故かとってつけたように外国人クルーが一人だけ乗船。とっても流暢な日本語を喋りやがる。ネイティブ日本人による吹き替えだ。

宇宙人の戦闘の切り札として拉致された浅野ゆう子。何と下着みたいな格好(でも短パンだったような)にさせられて、着ぐるみのゴリラ男に腕を絞り上げられる。

浅野ゆう子を人質として、轟天(海底軍艦)の秘密を渡せとせまる宇宙人の作戦も、ショッカー級の頭の悪さだ。

爆破魔の中野昭慶が特技監督なので、嫌になるほど爆発シーンを見させられる。特撮の90%は爆破でないのか。ご丁寧に過去作品の爆発シーンも見せてくれる。「世界大戦争」とか。

キリヤマ隊長が降格人事を受けて出向させられたのか、平田昭彦の部下で一瞬だけ登場。

「『惑星大戦争』を作ったとき、東宝映像の田中友幸社長は『スター・ウォーズから学ぶべきものは何もなかった』と言っていたが……なるほど、確かに何も学んでいない」(大林宣彦)

「ねらわれた学園」のオッサンには言われたくないものだが、まさにその通りだ。

お勧め度:☆ 爆発度:☆☆☆☆ 俺度:☆★

予告編をどうぞ


タグ:特撮
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

深海獣雷牙 [日本映画☆]

2009年10月5日(月) 19:10~ キネカ大森1
料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金。会員更新3150円カードで請求) パンフレット:非売。ポスターとTシャツの販売あり。

『深海獣雷牙』公式サイト

特撮ヲタ林家しん平の映画第三弾。一作目は自主映画。二作目は劇場公開のようだが見ていない。

好きこそ物の上手なれといういうのは、すべてに当てはまるわけではないとこが証明された。(エド・ウッドの頃から当たり前か・・・)

楽しんで好きなものを作っている。低予算で工夫もしている。と、好感の持てる要素もあるが、恐ろしいほどにセンスがない。

舞台を浅草にして、下町人情コメディのようにしたいのだろうが、眩暈がするほど笑えない。
役者として落語家が大挙出演しているのだが、落語家は高座にあがっていないと、とんでもなくツマラナイ奴らなのかと勘ぐってしまう。

本作で重要な特撮シーンだが、カット割りに工夫がなく、同じようなシーンの繰り返しにしか見えない。予算が限られているとは言え、もう少しなんとかならないのか。単調な爆発の続きで、つまらないギャグシーンより眠かったぞ。

妙に丁寧なミニチュア、一方物凄い安普請のミニチュア、これらなんか結構気に入ったんだが・・・
特に、東京白衣※ミイミ洋食器店は良かったぞ。

最後、浅草にマーキングした雷牙が、唐突にいなくなったようなのだが、何なんだ?どこ行ったんだ?
それとも、俺が寝ていて見落としたのか・・・

おまけ映像の二つがまた恥の上塗り、悲しくて涙が止まらないほどセンスが無い。

「努力が必要です。」

さて、渋谷の特撮ヲタクバーの店主の評価はどうだろう。多分、高い評価だろうな。

お勧め度:☆ スベリ度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆

※今日の今日まで間違って記憶していた。田中君に「東京白衣」と聞いていたのだが・・・(2010年1月5日追記)

駄目怪獣映画?


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ルパン三世 念力珍作戦 [日本映画☆]

2009年7月24日(金) 17:20~ シネマヴェーラ渋谷
料金:0円(二本立ての二本目)


ルパン三世 念力珍作戦 [DVD]

ルパン三世 念力珍作戦 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



シネマヴェーラの「劇画≒映画(げきがニアイコールえいが)」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
ルパンが目黒祐樹、次元が田中邦衛、銭形警部が伊東四朗というまさかのキャスティングで送る実写版。ちなみに五エ門は出演しません。当時超能力ブームだったからという理由だけで付けられたタイトルといい、途中挿入される謎のグループ(ぴちぴちの皮の衣装を着てます)による歌のコーナーといい、やりたい放題やってます。
<引用終り>

そのキャスティングの怪しさから存在自体は有名な実写版。
最初の劇場公開は封印映画「ノストラダムスの大予言」との二本立て。某渋谷のバーのその世界(どの世界だよ?)で有名なオーナーは、「当然、公開当時に二本観たよっ!」と胸を張る。威張ることじゃないのだが。

が、映画の中身は悲惨だ。
作った連中からの、洒落たものを作ったと自信が漂ってくるのだが、それは大いなる勘違い。クスリとも笑えない、すべるギャグばかり。見ているほうが、頬を赤らめてしまう。
本当に一回も笑えなかったぞ。しかも、失笑もできずだ。

ミスキャスト云々でなく、それ以前の問題。脚本、演出、演技、すべてにキレがない、極めて退屈な作品である。

折角の伊藤四郎先生なのに・・・

お勧め度:☆ 笑えず度:☆☆☆☆ 俺度:☆

折角だから予告編でも


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レイン・フォール/雨の牙 [日本映画☆]

5月1日(金) 18:45~ 丸の内ルーブル
料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:800円(!?勿論買っていない)

『レイン・フォール/雨の牙』公式サイト

本年度ワースト1確定と思われる。史上最強級に酷い出来の作品に出会った。
どんなに駄目な作品でも、すべるギャグだとか、ありえないアクションとか、素敵な悪役キャラクターとか、少なからず楽しめる要素があるのだが、これには皆無。「DRAGONBALL EVOLUTION」のほうが、ずっと面白いね。

ストーリーが解り難い上に、なおかつ破綻している。

舞台は東京。汚職官僚のデータの入ったUSBメモリーを巡ってのCIA、ヤクザ、警察の三つ巴。それにからむ謎の男ジョニー・レイン(椎名桔平)。という設定らしい。ジョニー・レインの母はアメリカ人らしいが、日系アメリカ人なんだろう。

メモリーは、英字新聞の記者が保持しているという噂が流れる。拉致もしないで記者を尾行するヤクザたち。何故だ?
しかも、記者が桔平と接触後、いきなりヤクザが記者を射殺。何故だ?

ヤクザに殺されそうな官僚の娘(長谷川京子)を救って逃亡の手助けをする桔平。桔平は、CIAからも追跡されているので、ソウルに行くふりをして、うまく双方を煙に巻き、新幹線でどこかに二人で逃亡。
しかし、一泊したら、東京に戻り刑事に協力しろとハセキョーに言う桔平。そして、すぐに二人して東京に戻ってくる。何故だ?

メモリーは、スーパーの野菜売り場に、桔平が隠していたようだ。何故だ?

CIAの黒幕(ゲイリー・オールドマン)に銃を持ち近づく桔平、「お前は、俺の期待通りに動いてくれた。さあ、メモリーをよこせ。」「くそー、もうどうでもいい。」と、投げやりにメモリーを渡す桔平。何故だ?

裏切り者の情報屋(実はCIA)を締め上げ、ヤクザに「ゲイリーがメモリーを持っている」と情報をリークし、ヤクザにゲイリーを処分させる。何故だ?

3ヵ月後、ニューヨークに渡る桔平。CIA殺し(情報屋)の容疑はかけられていないか?他にも二人CIA殺しているし。何故渡航できるのだ?

ハドソン川にUSBメモリーを投げ捨てる桔平。ゲイリーに渡したものは何だったんだ?

監督脚本は、マックス・マニックスという奴で、「TOKYO SONATA」の脚本家だという。未見だが評判の悪い作品でなかったと思う。この駄目映画の原作は評判が高い。脚色力が極めて無いのか?

最大の謎は、ゲイリー・オールドマンがこの仕事を請けたこと。自分のパートだけ演じて、作品全体を知らないに違いない。

尚且つ、主役の二人が尋常じゃなく魅力に乏しく描かれているので、応援する気になれないときた。
桔平のアクションも、足があがらないからであろう、バストアップでのパンチ攻撃だけなので、特殊部隊出身の設定としては、落第だ。

断っておくが、桔平は、嫌いな役者ではない。作品が酷いのだ。

お勧め度:☆ 難解度:☆☆☆☆ 俺度:☆

原作など


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 日本映画☆ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。