So-net無料ブログ作成
日本映画☆☆★ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

攻殻機動隊 新劇場版 [日本映画☆☆★]

2015年6月20日(土) 18:25~ TOHOシネマズ川崎6
料金:0円(ポイント鑑賞) パンフレット:未確認

攻殻機動隊 新劇場版
難解で眠い。

『http://kokaku-a.jp/』公式サイト

難解で眠い。俺にとっては、「2001年宇宙の旅」級。

前日譚である「ARISE」が訳判らない状態のまま、未消化であるのだから、本作も相変わらず訳が分からない。

Zガンダムやダンバインなんぞは、「スーパーロボット大戦」をプレイするだけで、全体像を容易に掴めたものの。

お勧め度:☆☆★ 難解度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆

予告編を観る


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

新宿スワン [日本映画☆☆★]

2015年6月14日(日) 16:35~ TOHOシネマズ日本橋4
料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認

新宿スワン
園子温にしては正攻法

『新宿スワン』公式サイト

漫画は、Yahoo Booksの無料で3巻ほど読んだ。丁度映画の内容と被る。
やりすぎな頭感もある綾野剛だが、彼を含めて伊勢谷など、原作のイメージ通り。
山田孝之と沢尻エリカは、原作とかなりイメージが違う。

園子温は、いたってオーソドックスな演出で、三池だったらという悪ふざけはない。

その三池だが、あまりの不入りで「極道大戦争」は、早々に打ち切られ、見る機会を失った。

友田彩也香を出すなんて、やはり園子温だなと感心したら、丸高愛美という娘だった。

お勧め度:☆☆★ チンピラ度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆

予告編を観る


タグ:漫画原作
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

イニシエーション・ラブ [日本映画☆☆★]

2015年6月7日(日) 16:50~ 新宿ピカデリー1
料金:1200円(購入特典クーポン) パンフレット:未確認

Initiation Love
堤にしては上出来だが、必ず2回見るものではない。

『イニシエーション・ラブ』公式サイト

あまりに不自然な、ズボンのタックが引っかかっていたのだが、そういうことだったのか。と、それなりに伏線を回収し纏めている。

そういう意味で、堤にしては上出来なのだが、2回見て確認したいと思うほどではない。

そもそも、どんでん返しに至るまでのストーリーが、くそ面白く無いのが問題だ。

楽曲の選択も、時代が微妙にずれているし。

お勧め度:☆☆★ 本編つまらん度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆

予告編を観る


タグ:ミステリー
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

予告犯 [日本映画☆☆★]

2015年6月6日(土) 21:20~ TOHOシネマズ川崎5
料金:1300円(レイトショー) パンフレット:未確認

予告犯
プロレタリアート的でセンチメンタル

『予告犯』公式サイト

荒川良々を除き主役を張れる役者を集めた。

そういう意味でも、原作を知らないし、痛快な犯罪劇を期待したのだが、社会的弱者が復讐も半場で、仲間のために自己犠牲を払うという、哀れな映画だった。

同じ底辺の話なら、バカバカしいカイジのほうが気楽だ。藤原は五月蠅いけれど。

お勧め度:☆☆★ プロレタリアート度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆

予告編を観る


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 [日本映画☆☆★]

2015年5月10日(日) 19:15~ 109シネマズ川崎4
料金:1100円(109シネマズの日) パンフレット:未確認

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦
金が無いのか

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』公式サイト

イングラムの登場は、最後の10分ほどのみ。

過去の話など、すべて登場人物の説明で語らせる。
集中力が途切れてしまい、物語の設定を良く理解できない。

いずみ のあ
から
いずみの あきら
に変わった主人公、男にキャラクター・チェンジと思いこんでいたが、女のままだった。
ただ、あんなに陽性の娘ではない。

そこら中で、ガセネタを吹聴してしまったでないか。紛らわしいことするな!

THE NEXT GENERATIONと謳っているが、ゆうきまさみのオリジナル・キャラクターに類似している奴多し。太田筆頭に。

お勧め度:☆☆★ 低予算度:☆☆☆ 俺度:☆☆★

予告編を観る


タグ:特撮 VFX
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

エイプリルフールズ [日本映画☆☆★]

2015年4月19日(日) 11:40~ 109シネマズ川崎10
料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認

エイプリルフールズ
登場人物が多すぎて、エピソードが拡散

『エイプリルフールズ』公式サイト

もう少しシニカルでブラックなのかと思ったが、どういう訳かハッピー・エンドで終わる、腑抜けたコメディだった。

ナイス・ガイの役のイメージの強い桃夫だが、クズの役を上手いこと演じている。

堤幸彦にしては上出来じゃないかと思ったが、監督は堤ではなかった。

とは言え、各エピソードの繋がりが、あまり見事でないので、キレが感じられず、緩慢な印象。

そして、宇宙人の呼び出しコールが、「ベントラー(、ベントラー、スペース・ピープル)」でないのは大減点。

お勧め度:☆☆★ ベントラー度:☆ 俺度:☆☆

予告編を観る


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ソロモンの偽証 後篇・裁判 [日本映画☆☆★]

2015年4月14日(火) 19:25~ TOHOシネマズ日本橋6
料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認

ソロモンの偽証後編
中二病炸裂

『ソロモンの偽証』公式サイト

すべては、中二病を大きくこじらせた●×君のかまってちゃんが原因。
あんな鬱陶しい奴を上手くあしらえなかった○△君も、変な中二病に罹患して、狂気じみた行動。
いや、主人公も裁判長も皆中二病か。

そもそも話を拗らせたのは、虐めっ子の不良君の行動なのだが、どういう訳かあっさりと一人反省モードに入ると、その後何のお咎めも無し。

お勧め度:☆☆★ 中二病度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆

前編の記事

予告編を観る


タグ:ミステリー
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 [日本映画☆☆★]

2015年3月26日(木) 20:30~ チネ5
料金:1300円(レイトショー) パンフレット:未確認

仮面ライダー3号
ごった煮。闇鍋。

『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』公式サイト

ミッチー

3号は、V3(宮内洋先生の風見史郎)でなく、ミッチー演じる黒井とかいう奴。
ショッカー最強のライダーで、1973年に1号2号を倒しているという設定。それで世界は、ショッカーが支配している状況に変わってしまった。というパラレルワールド設定らしい。ミッチーは、40年前と顔が変わらない。流石は、改造人間だ。一方、BLACKは加齢している。藤岡弘先生は、今回出てこない。

ショッカー世界の戦闘員は、最弱の旧式骨戦闘員なのは、嬉しい。

例によってごった煮なんで、ニンニンジャーとかいう戦隊物も登場。
しかし、今回、異形のこいつは
シン
仲間外れの模様。姿が見当たらなかった。

お勧め度:☆☆★ 闇鍋度:☆☆☆ 俺度:☆☆★

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

予告編を観る


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇 [日本映画☆☆★]

2015年3月17日(火) 20:30~ チネ12
料金:0円(ポイント招待券利用) パンフレット:未確認

境界の彼方
展開についていけない。

『劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇』公式サイト

途中で見るのをやめたライトノベル原作のアニメの総集編。3話までしか観なかったので、ヒロインがメガネっ子で、「不愉快です。」が口癖なことしか覚えていない。

全12話の編集ならば、もう少し判りやすくなってもいいかと思うのだが、設定系が全く判らず。そもそもアニメを観ていた奴の「未来編」のための復習用の位置付けか。

本編上映前の登場人物たちによる謎のグループのPVが意味不明。

お勧め度:☆☆★ 難解度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★

予告編を観る


タグ:アニメ
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

娚の一生 [日本映画☆☆★]

2015年2月17日(火) 20:50~ 109シネマズ川崎4
料金:1100円(TOHOシネマズデイ)

娚の一生
豊川悦司に殴られるためだけでに出て来た男。失神の上、眼窩底骨折。被害届だしてもいい。

『娚の一生 』公式サイト

がたいもいい上、高身長なので、この上なくデカいイメージがあり、「檸檬のころ」で初めて観て以来、興味の対象外だった奈々ちゃんだが、「のぼうの城」から好感度が上がり、「図書館戦争」で少々好きになり、「わたしのハワイの歩きかた」でファンになった。

一方、「日本沈没」の教授や「ジャッジ!」のプロデューサーなど変人を演じさせると天下一品の豊川悦司。

本作の教授も変人過ぎて、奈々ちゃんが惚れてしまう理由が判らなかった。ほぼ初対面で「おかわりっ!」の傍若無人っぷり。
しかも、変人なのに大学で女子学生のファンが多く、秘書らしき女性にも惚れられている模様。

義理の姉の家とは言え、庭に吸殻を投げ捨てないこと。

お勧め度:☆☆★ ヤニ臭い度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆★

予告編を観る


タグ:漫画原作
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画
前の10件 | 次の10件 日本映画☆☆★ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。