So-net無料ブログ作成
検索選択
日本映画☆★ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

キャプテンハーロック [日本映画☆★]

2013年9月14日(土) 16:15~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン
料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認

CAPTAIN HARLOCK
妙に観念的で辛気臭くてヒロイズムの欠片も無し

『キャプテンハーロック』公式サイト

その昔のコミックやアニメの記憶はあまり無いのだが、その記憶と照らし合わせても、キャラクター設定が明白に改悪されている。
脚色脚本監督と期待を抱かせるスタッフなのだが、どうしたことなんだろう。そして、話は完全に悪い方向にオリジナル。

特に、主役のキャプテンハーロックが、活躍もろくにせず、内に篭って反省しているだけで、ヒロイズムの欠片も無い。あまつさえ、全人類諸共自決しようとする。そのため、妙に観念的で理解不能なストーリーは猛烈に退屈だ。

CAPTAIN HARLOCK
「ファイナル・ファンタジー」のようなキャラクター造詣は、ヤッタランの巨大化筆頭に、原作の面影が無い。「宇宙戦艦ヤマト2199」のようなセルアニメのほうがいい。

有紀蛍の異常なまでの屈強さ。ヤマ(台羽正に相当するらしい間抜け者)が、唐突に2代目襲名。トチローの説明不測(ただのオタク)。ミーメの不気味化(酒飲まない)。エメラルダス、魔地、酒造みたいな医者など不在というキャラクターの大幅削減。
と、文句は沢山あるが、話が兎に角つまらないのが、最大の問題だ。すべては、ハーロックのキャラクターに起因するのだが。

キャメロンは、「ピラニア3D」をコケおろしておいて、本作を絶賛したのだとしたら、頭がおかしいとしか思えない。絵だって、それほどでもないぞ。アルカディア号強すぎて、いい戦闘シーン無いし。

とりあえず、福井には「富野」愛はあっても、「松本」愛がないことは判った。

お勧め度:☆★ ヒロイック度:★ 俺度:☆★

予告編を観る


タグ:アニメ
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

ガッチャマン [日本映画☆★]

2013年9月1日(日) 15:50~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン
料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:未確認

gacchaman.jpg
スピード・レーサー」のほうが百倍素晴らしい。

『ガッチャマン』公式サイト

役者は悪くないと思うのだよ。ゴーリキーさんも。五朗の南部博士コスプレは失笑ものだけど。

ガッチャマン
ヘルメットの改悪は良くないが、スーツのほうは悪くない。

しかし、致命的までに酷く青臭い稚拙な脚本のせいで、「CASSHERN」よりちょっとだけマシというレベルの作品となった。
ベルクカッツェを昔のジョーの婚約者にするとか、何を考えているのかわからない。恐ろしいまでのセンスの無さ。

後、メカを蔑ろにし過ぎ。
メカ
改悪されたゴッド・フェニックスが出てくるだけで、それぞれのキャラクターの専用機が影も形も無い。

ヨーロッパが壊滅状態なのに、日本は平和そのものなのは何故だ。
株価が暴落した気配も無い。

ささきいさおのコンドルのジョー(18歳)って、あんなチャラけたキャラクターだったか?
(Wikiの記述によると、俺の記憶ほど渋い奴ではなかったようだ。)

破裏拳ポリマー」を究極のコメディにするか、「宇宙の騎士テッカマン」をとてつもなくシリアスにするかで、誰かタツノコ作品リベンジしてみろ。(えー、「ヤッターマン」は好き。)

お勧め度:☆★ 設定シナリオ稚拙度:☆☆☆☆ 俺度:☆★

予告編を観る


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

野獣死すべし [日本映画☆★]

2013年1月20日(日) 16:25~ キネカ大森1
料金:0円(テアトル会員入会時に貰った招待券利用))

野獣死すべし
伊達邦彦ってサイコだったのか。

キネカ大森 名画座 松田優作キチ演技特集。

大藪春彦の原作であり、村川透の演出であり、それなりにハードボイルドっぽいポスターなので、普通にハードボイルドなアクションなのかと思ったが・・・。

スタイリッシュにしようと工夫したと思われるが、全くの逆効果。どうでもいいシーンが、悪戯に長い。特に、フラメンコの踊りを含む音楽関係のシーンの長さは、何を意図しているのだ。
単純なものしか撮れない村川透に無理させるなんて、どういう脚本なんだと思ったら、この脚本家も村川透系の単純な作家でないか。「あぶない刑事」や何と「探偵同盟」まで、一緒に組んでいる。二人して無理するなよ。

ポスターにあるように小林麻美がヒロインのようなのだが、コンサートで同席、レコード屋で遭遇、押し入った銀行で射殺と、全く意味の無い出演。別に贔屓の人物で無いので、どうでもいいのだが。

そして、伊達邦彦のサイコぶり。
こんなんだったり
野獣死すべし
こんなんで
野獣死すべし
とてもハードボイルドでない。
相棒となる若き日の鹿賀丈史もサイコ野郎。

最後は、夢オチのような訳の判らなさで終了。

よっぽっど
仲代の爺さんや



本郷猛のほうが面白そうだ。

野獣死すべし 復讐のメカニック [DVD]

野獣死すべし 復讐のメカニック [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



お勧め度:☆★ サイコ度:☆☆☆ 俺度:☆


野獣死すべし デジタル・リマスター版 [DVD]

野獣死すべし デジタル・リマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



予告編を観る


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

幻魔大戦 [日本映画☆★]

2012年10月19日(金)
録画再生(アニマックス 9月30日21:00放送)


幻魔大戦 [DVD]

幻魔大戦 [DVD]




アニマックスの無料放送を録画。

平井和正の「幻魔大戦」が好きだった。
アニメ化にあたって大友克洋がキャラクターデザインと聞き、大いに嘆いた。女性のキャラを書けない奴だから。そして雑誌に出ていたキャラクター・デザインに大いに落胆。生頼画伯や石ノ森先生は、綺麗な女性を書くのが得意なのに。

そのアニメ版、テレビ放映時に観た筈なのだが、キャラクターデザイン以外に大きな不満は無かった記憶。

しかし、やはり記憶はいい加減なもので、再見してみるとあまりに酷いものだった。

まずは。冒頭と東京崩壊後に出てくる預言者婆。
「ノストラダムスの大予言」の岸田今日子も真っ青の語り口で、気色の悪い踊りのムーブを見せる。
冒頭のシーンなどは、永遠に続くかと思い、気を失いたくなるくらいの苦痛をもたらす。

そして、ストーリーは散漫で、無駄なキャラクターが多く、ラスボスの人間形態は、その辺のオヤジに過ぎない。

これじゃ、総裁(本名中川さん)のアニメのほうがマシってもんだ。

こんな駄目なものは不人気に違いないのだが、20年以上もたって西陣からパチンコ台で登場。
「AKIRA」の代わりに選択したのだとしたら、そのセンスの無さに感服する。誰が、ベガ・ギミックなんかに期待するかね。
そして恐ろしいことに、演出がアニメに忠実。

お勧め度:☆★ アルマゲンドン度:★ 俺度:☆

関連するもの


タグ:アニメ
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

神秘の法 [日本映画☆★]

2012年10月14日(日) 15:15~ 品川プリンスシネマ8
料金:0円(会員が券を購入)

『神秘の法』公式サイト

会員に連れて行かれるイベント・ムービーだが、今年は何と2回目だ。

どうみても中国が侵略してくるという、前回の「ファイナル・ジャッジメント」に酷似した内容だが、ウンモ星人とも対話したとされる総裁の宇宙人熱からか、今回は裏で宇宙人が暗躍する。善の宇宙人が、アダムスキーの金星人みたいな奴で、悪の宇宙人は「V」同様の爬虫類系。

技術的にかなり劣る総裁のアニメだが、キャラクターデザインは、昔に比較すると進歩した。
しかし、CGの八岐大蛇や風神雷神のバトルシーンは、フルアニメだと手間と金が掛かりすぎの判断で作られたとしか思えない酷い出来で、パチンコのスーパーリーチ・レベルだ。

そして主人公の獅子丸翔は、樹の下での覚醒は中途半端で、まともな活躍もせず、いいところもないのに、何を勘違いしてか、最後に偉そうに演説をぶつ。ロッキー・バルボアでさえ、そんなみっともないことはしない。ライオン丸の子孫とは思えない体たらくぶりだ。あ、仏陀の生まれ変わりなんだっけ。

主題歌は、回を重ねる度に酷くなっていくが、ついに総裁の作曲だった。

「今度の声優は豪華ですよ!」と会員が豪語していたが、いつもの子安だけじゃないか。

キシリア・ザビみたいな悪役が笑える。

お勧め度:☆★ ライオン丸度:★ 俺度:☆★

予告編を観る


タグ:アニメ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

I'M FLASH [日本映画☆★]

2012年9月9日(日) 11:50~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン
料金:0円(フリーパスポート)

『I'M FLASH』公式サイト

フリーパスポート4本目。

過剰演技で五月蝿い藤原が、新興宗教の教祖役だそうだ。

その藤原、共演の龍平とテレビで対談していたが、本作で、「お前の演技は、大袈裟だ。」と、監督に散々怒られたが、こんなに痛めつけられたのは、初めての経験だと言う。ちなみに、龍平は怒られていない。
あまりに己を知らない藤原に、「いつもの演技が、普通だと思っていたのか。巷の評価を聞いたことが無いのか。」と、呆れたものである。

で、本作では、新興宗教の教祖なので、興奮や激高するシーンがほとんど無いのだが、これで監督に怒られていたって、矯正される前は、どんな演技をしていたのだろう。やはりカイジ君なのだろうか。

そして、映画は、まともなストーリーも無く、人間も薄っぺらく、意味不明なオチであり、退屈極まりない。

が、かつて受け付けない存在だった水原希子の好感度があがった。

お勧め度:☆★ 過剰演技度:☆☆ 俺度:☆★

予告編を観る


タグ:人間ドラマ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

Another アナザー [日本映画☆★]

2012年8月4日(土) 16:30~ TOHOシネマズ川崎
料金:0円(フリーパスポート)

『Another アナザー』公式サイト

フリーパスポート24本目。

綾辻行人の小説の映画化。

緊張感の欠片も無い退屈なホラー

すべての死に方に、失笑を禁じえない。
どういう鋭利なワイヤーなんだ。リー・リンチェイやミシェル・ヨーの胴体が真っ二つになってしまうでないか。

相当にあやふやな箇所が多いのだが、前後編からなる原作を大幅に短縮したからか。

主役の男の演技が下手すぎる。
橋本愛は、いいのだが。

だいたい3組を欠番にすれば、事件は解決すると思うのだが。

お勧め度:☆★ 緊張度:- 俺度:☆

予告編を観る


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

エイトレンジャー [日本映画☆★]

2012年7月30日(月) 21:00~ TOHOシネマズ川崎
料金:0円(フリーパスポート)

『エイトレンジャー』公式サイト

フリーパスポート20本目。

レイトショーなのだが、想定より客がいる。そして男は2名だけだ。つまりは圧倒的に女性客が多い。

錦戸らしき男が、錦野という役名で出ている。
どうやらジャニ映画らしい。そういうことか。

そして、いつもの堤の映画のように、面白くなかった。

特に、すべりまくるギャグ。そして、中途半端に真面目な話でもある。

何度も落ちてしまったのだが、エンドロール前に30秒ほど完落ちしたので、東山の苦悩と鈴の少年の涙の理由が、皆目判らない。

久しぶりの蓮佛美沙子さんだが、あまり可愛く撮られていないのも大幅減点だ。
ベッキーの悪役は、どうでもいい。

それにしても、関ジャニ∞ってのは、皆、いのっち級の、ごにょごにょ・・・。

お勧め度:☆★ 堤度:☆☆☆★ 俺度:☆
何故、日本映画界は、堤を重宝に扱う。

関連するもの


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

映画 ホタルノヒカリ [日本映画☆★]

2012年7月12日(木) 19:25~ TOHOシネマズ日劇2
料金:0円(フリーパスポート)

『映画 ホタルノヒカリ』公式サイト

フリーパスポート9本目。

スペイン広場での「レッツ・ゴロゴロ」が、どうにも腹立たしいので、観る気はなかったなのだが、フリーパスポートと貧乏性故、観てしまった。

結果、時間を削ってまで観る必要は全く無い。

これだけ、本格的に中身の無い映画も珍しい。
テレビスペシャルにも劣るレベル。

お勧め度:☆★ 藤木女装度:☆☆☆ 俺度:☆★

予告編を観る


タグ:コメディ
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

ファイナル・ジャッジメント [日本映画☆★]

2012年6月17日(日) 16:15~ ユナイテッド・シネマ豊洲5
料金:0円(会員が前売りをくれた)

『ファイナル・ジャッジメント』公式サイト

知り合いの幸福の科学の会員に、例によって連れて行かれる。

どうみても中国か北朝鮮であるアジアの全体主義国家によって、どう見ても民主党な与党の売国奴ぶりから、日本が征服される。
レジスタンスの映画かと思ったら、やはり普通に教団のプロパガンダ映画だった。
寧ろ、総裁誕生篇みたいなのり。

クライマックスは、死刑場から脱走した総裁の役どころと思われる青年が、渋谷で演説をぶち、世界に放送され、世界を動かすとのことなのだが、国営放送をいとも簡単に乗っ取ること、演説を阻止しようとする兵士の少なさ、そして兵士は何故か決して狙撃しない、総裁を腕組んで守るだけの僅かな数の会員。
もう少し、演説作戦は緻密に考えてほしいものだ。普通、軽く蹂躙されるだろう。

相変わらず映画技術的に厳しいものがある。

アジアの全体主義国家が日本侵攻してきた時の、特殊技術と爆音ぶりは、少し評価する。
国会議事堂の隣の、支配国用の謎の構想ビルも、紀里谷のデザインみたいで楽しい。
そういや、テーマや雰囲気は「CASSHERN」に似ている感もあるので、いっそのこと、今度は紀里谷先生に監督をお願いしてみたらどうかね。

エンディングの歌が、直訳英語という雰囲気の、とてもわかり易い英語なのだが、会員曰く「先生が作詞しました。」だそうだ。

予告編の最後に「なんとかの法 10月公開」と出てきたので、「俺は、10月も観に行くのか。」と会員に聞いたら、「当然です。」だと。

渋谷での演説のシーンの主人公の背後に「文化大革命」の垂れ幕・・・。

お勧め度:☆★ 直訳英語度:☆☆☆☆ 俺度:☆★

予告編を観る


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画
前の10件 | 次の10件 日本映画☆★ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。