So-net無料ブログ作成
検索選択
日本映画☆☆☆★ ブログトップ
前の10件 | -

劇場版 弱虫ペダル [日本映画☆☆☆★]

2015年9月8日(火) 19:35~ TOHOシネマズ日本橋
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

弱虫ペダル
くまモンは走らない。

『劇場版 弱虫ペダル』公式サイト

フリーパス5本目。

弱虫ペダルRe:ROAD』に続いての劇場公開。あちらがテレビアニメシリーズの総集編であったが、これは劇場版オリジナル。

だが、前回と同じで、ほとんど走りっぱなしで、お馴染みの面々で、同じように勝てない奴らがいる。なんとういう無策っぷり。

前回は、メガネ君が優勝してしまったが、今回は、あまり活躍せず。
京都の蛇女顔の男も登場せず。

ただし、今回も女性客のほうが圧倒的に多い。

お薦め度:☆☆☆★ 無策度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

弱虫ペダルRe:ROAD [日本映画☆☆☆★]

2015年6月16日(火) 19:35~ TOHOシネマズ日本橋
料金:1400円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認

弱虫ペダル Re ROAD
レースだけなのに面白い

『弱虫ペダルRe:ROAD』公式サイト

インターハイ・レースだけで話が進み、ろくにキャラクター描写が無いのに、すこぶる面白い。
しかも、テレビアニメの総集編ということだが、アニメにしろドラマにしろ、ここまで良く出来た総集編は過去に観たことがない。本編も頂けないが、全くダメな「アイリス -THE LAST-」のスタッフは、このスタッフの爪の垢を煎じて飲むように。

女性ファンが多いと聞いている漫画だが、劇場内の客も、男は一ケタに満たず、9割がた女性。
メガネ君のファンなのか、
この人
TheReptile
にそっくりの関西人のファンなのか。

お勧め度:☆☆☆★ 蛇女度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

海街diary [日本映画☆☆☆★]

2015年6月14日(日) 12:10~ TOHOシネマズ日本橋
料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認

海街diary
夏帆の烈しい劣化

『海街diary』公式サイト

美人4姉妹の筈なのだが。

海街diary
が、原作の3女のイメージを的確に捕えている。
役柄に合わせてのことかと思いきや
海街diary
やはり劣化は事実。

まあ、彼女の全盛期は、「天然コケッコー」なのだが。

一方、まさみちゃんは、色気系に邁進。
暴言の広瀬すずは、異常にサッカーが上手い。小柄だし、岩渕真奈のようだ。

婆さん直伝のカレーは、ちくわを入れるそうだが、それは無いな。

お勧め度:☆☆☆★ 劣化度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


タグ:漫画原作
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

幕が上がる [日本映画☆☆☆★]

2015年3月1日(日) 15:50~ TOHOシネマズ日本橋
料金:1100円(映画サービスデー) パンフレット:未確認

幕が上がる
ももクロVSガッキーは、ももクロの辛勝

『幕が上がる』公式サイト

ガッキーが中学校合唱部なら、ももクロは高校生演劇部。

ももクロは、真ん中の娘しか知らない。しかも名前は知らない。ということで、興味もないのだが、普通の娘たちが出演しているという感じで、逆に好感度が高かった。

ガッキーの映画とかなり近いコンセプトとなったが、少々こちらのほうが良かった。

共学校だったようなのだが、男との関わり合いは皆無で、演劇部員は全く男や恋愛に興味が無い模様。
そもそもカメラ内に男が収まることも少ない。

お勧め度:☆☆☆★ 男度:★ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


タグ:青春映画
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

くちびるに歌を [日本映画☆☆☆★]

2015年2月28日(土) 18:10~ 109シネマズ川崎
料金:0円(ブルーカードポイント利用) パンフレット:未確認

くちびるに歌を.jpg
笑わないガッキー

『くちびるに歌を』公式サイト

マエストロ!」にも書いたが、挫折した音楽家が地方の団体を鍛えるという王道パターン。
挫折した音楽家のガッキーは、笑いもしなければ、微笑むこともない。

ガッキーだけでなく、二人ばかりの中学生も問題を抱えており、脇の描写は、「マエストロ!」より、上手く描かれている。

そういう意味で、納得の安心の仕上がり。甘い映画専門の監督だし。

原作者が、乙一と言うのには驚いた。

お勧め度:☆☆☆★ 王道度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

アゲイン 28年目の甲子園 [日本映画☆☆☆★]

2015年1月19日(月) 21:05~ 109シネマズ川崎
料金:1100円(ポイント会員感謝の日)

アゲイン
送りバントしかしない、3番サード元主将中井貴一だが。

『アゲイン 28年目の甲子園』公式サイト

埼玉県予選の決勝戦では、最後にファインプレーをした。

埼玉県に海があるらしく、それが東北の海と激似であることと、あれ程父中井を憎んでいた娘が、あっさりとキャッチボールに現れること除けば、色々な物語からいいところを引き抜いて繋いだような、ベタな感動作品であるが、とても心地よい映画だ。45歳以上には。

お勧め度:☆☆☆★ 中年向け度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


タグ:人間ドラマ
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

日々ロック [日本映画☆☆☆★]

2014年11月23日(日) 14:10~ チネ6
料金:1100円(チネチッタ・デー) パンフレット:未確認

日々ロック
ロック愛に溢れる

『日々ロック』公式サイト

スマイル 聖夜の奇跡」のようなベタな展開を見せるが、それはそれで悪くない。

原作からは、かなりかけ離れた脚色でないかと想像し、Yahoo!の電子書籍の1巻無料や立ち読みで確認すると、その通りだった。映画は、あれで、とっても上品だ。

原作を先に読んでいなく、そのファンになっていなかったのが幸いかとも思うが、最後の演奏の盛り上がりは、ロック映画史上に残ると言っても過言ではない。

二階堂ふみ
原作ではロックの人らしいのだが、アイドル歌手設定のふみ嬢。
それは、Perfumeもどき。

お勧め度:☆☆☆★ ロック愛度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆

予告編を観る


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

蜩ノ記 [日本映画☆☆☆★]

2014年10月19日(日) 16:00~ 109シネマズ川崎
料金:1100円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認

蜩の記
一方、愛の話かと思いきや、武士の覚悟がテーマだった。

『蜩ノ記』公式サイト

映画(時代劇)デイの第二弾。

しまいには、悪役の家老でさえ潔い。出てくる男がカッコいい映画。
役所の息子役の子供にしてもだ。

お勧め度:☆☆☆★ 武士度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


タグ:時代劇
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

るろうに剣心 伝説の最期編 [日本映画☆☆☆★]

2014年9月23日(火) 14:50~ TOHOシネマズ日本橋
料金:1500円(シネマイレージデイ+TCX) パンフレット:未確認

るろうに剣心 伝説の最期編
藤原が久々に喚いた!

『るろうに剣心 伝説の最期編』公式サイト

敵が大量に残っているので、戦いばかり続くのかと思った本編だが、十本刀とか言う10人衆の見せ場は圧倒的に数が限られているようで、爆弾魔は法被男に一撃で倒され、初登場(?)の怪力坊主も法被男が倒し、盲目の剣士らしき男は、江口に瞬殺される。剣心は、伊勢谷と神木と藤原の3勝負。

ということで、怒涛のアクションは、後半に集中。

前篇で福山に助けられた剣心だが、福山は昔の師匠だった。
藤原を倒すために奥義を授けろと頼む剣心。この師匠の福山、尋常じゃなく強い。
藤原討伐に加われば楽になるのに、何故参戦しなかったのだろう。

15分しか戦えないという、M78星雲人のような時間制限を持つ藤原。
時間超過後に、久しぶりに藤原の喚き声が聞けた。
喚き声の演技力も高くなっている模様。

お勧め度:☆☆☆★ 苦戦度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

「るろうに剣心」の記事
「るろうに剣心 京都大火編」の記事

予告編を観る


タグ:アクション
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(12) 
共通テーマ:映画

TOKYO TRIBE [日本映画☆☆☆★]

2014年9月5日(金) 21:40~ TOHOシネマズ川崎
料金:1300円(レイトショー料金) パンフレット:未確認

TOKYO TRIBE
ヒップホップが嫌いだ。

『TOKYO TRIBE』公式サイト

ヒップホップが嫌いだ。あの低脳丸出しなライムが。似非エリートみたいなプログレッシブ・ロックも嫌いだけど。

冒頭、染谷のラップで始まる。
そのうち収まるだろうと思っていたのだが、他の出演者もラップだ。
シェルブールの雨傘」が全編セリフが唄であるように、全編ラップで続くのかよと、今度こそ途中退室を覚悟した。

が、竹内力の登場から、ビジュアルが滅茶苦茶になり、ヒップホップも収束してきて、アクション中心となった。

オカダカズチカでも出ているのかという出で立ちの変態仮面のみならず、若いのに乳まで披露するヒロイン役、子供みたいにちっちゃい奴のアクションが素晴らしい。かつて帝王と呼ばれた男も、この二人の手にかかり、20秒ほどで昇天。
しょこたんも例のヌンチャク技を披露。死亡遊戯スーツを着て。

偉そうにしていた佐藤隆太だが、偉そうに死んでいった。不死身の吉岡役よりはましか。

窪塚は、マンションからダイブして以降、狂人の役ばかりだな。

ヒップホップだけでなく、ヘビー・メタルなグループなどバラエティに富んでいれば、より良かったのだが。

お勧め度:☆☆☆★ 狂人度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 日本映画☆☆☆★ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。