So-net無料ブログ作成
検索選択
亜州映画☆ ブログトップ

クレメンタイン [亜州映画☆]

2012年10月17日(水)
レンタルDVD


クレメンタイン [DVD]

クレメンタイン [DVD]




落ちぶれた元テコンドー・チャンピオンが、娘のために地下格闘技の帝王セガールとファイトする!という、ヴァンダムの「ライオン・ハート」、スタ公の「オーバー・ザ・トップ」を思い起こさせる、ありがちだが結構燃えるプロット。

まったっくもって騙された!

父、突然登場の検事になっている母、娘の、複雑な関係のメロドラマが延々と続き、格闘シーンは、ほとんど無い。

その数少ない戦闘シーン、いきなりセガールとの最終決戦(勝ち上がっていく訳でない。普通盛り上げるために勝ち上がるものだ)、セガールに打たれまくり、即戦闘不能状態の主人公だが、娘の声援で立ち上がり逆転だ。
この娘の声援が、仙崎のマイクパフォーマンス級の長さで、吐き気がしてくる。
そして、逆転劇は、セガールの頭部にソバットみたいなキック一閃だけ。猪木の延髄切りか。

セガールの倒れるシーンは無いし、主人公は病院に運ばれるし、勝ったかどうかハッキリしない。

するとベルトを手渡しに来るセガール。八百長の悪役かと思われていたセガールは、ジェントルマンだったというオチ。

俺の見た韓国映画で、史上最低だ。

「可愛くない娘だなぁ。」と思ったが、「ボイス」のあの子供だったのか。泣き喚く演技は、ぴか一。

クレメンタインは、西部劇のあの歌。
変な韓国語の詩で、娘が歌う。
韓国では、ポピュラーだそうだ。

お勧め度:☆ 格闘度:★ 俺度:☆

予告編を観る


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ジェネックス・ゾンビ [亜州映画☆]

2011年12月4日(日)
レンタルDVD





怖くて笑えて悲しくて驚くのを目指したのだろうが、ことごとく狙いは外れている。
ちんたらとうろうろと動くだけのゾンビの姿は、「死霊の盆踊り」はきっとこういうものなのだろうと思わせる。「死霊の盆踊り」は観ていないのだけど。

こんなものを借りるために、TSUTAYAに長時間滞在したとは、何と間抜けな行為であろう。
あれこれ悩んで、これをチョイス!

センスもやる気も何も無い、志の低いZ級作品だ。つっこむ気にもならない。

こんな物に出演した役者が可哀想だ。

IMDbで5.3のハイスコアって、どういうことだ。

なんと、これも製作がバリー・ウォンだった。2000年以降のバリー・ウォンは、本当にカスだな。

お勧め度:☆ スベリ度:☆☆☆☆ 俺度:☆

本編をどうぞ


タグ:香港映画
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アイリス -THE LAST- [亜州映画☆]

2011年1月15日(土) 18:55~ TOHOシネマズ川崎
料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:未確認

『アイリス -THE LAST-』公式サイト

テレビで大いにガッカリしたのに性懲りも無く観に行ってしまった。
ビョン吉は、ドラマの中で死んでいるように思われるので、ドラマの続編とかでなく、基本的にはダイジェストだ。そのダイジェストは、ドラマを観ていないとちんぷんかんぷんと思われる。

いくつか設定の変更があり、田舎代議士の射殺を依頼するのは電話の謎の男、秋田の娘ユキの死亡シーンは描かれず、アイリスの殺し屋化粧男はより一層活躍の場面無し、南北首脳会談はカットされて核爆弾テロを防ぐのがクライマックス、ビョン吉の親友玉山はほとんど蔑ろ、秋田の旅行シーンは冒頭に出てくるだけ、などなど。

大きな変更は、追加撮影の部分だ。ビョン吉狙撃犯がわかる。北のアイリスのやつ(擁護部隊隊長の上司)が死んでいない。理由が良くわからんが、こいつは女工作員に「真の命令は、~」と何かを命じている。ソウみたいに最後に、種明かしみたいなことをしているのだが、まったく理由が判らんよ。そもそもビョン吉に協力し、核爆弾テロを阻止したのは何故だ?隊長もビョン吉も結局射殺するのに。

ただでさえイマイチのドラマを、より一層駄目なものにしてしまった。
やっつけ仕事としか思えない。

入場時に化粧男のクリアファイルをくれようとしたが、「要りません。」と丁重にお断りした。

駄目なのは解っていたんだが、ポイントを無駄に浪費してしまったぜ。

お勧め度:☆ やっつけ仕事度:☆☆☆☆ 俺度:☆

テレビシリーズの記事
IRIS - アイリス 一話、二話
IRIS - アイリス 三話、四話
IRIS - アイリス 五話、六話、七話、八話
IRIS - アイリス 九話、十話、十一話、十二話
IRIS - アイリス 十三話、十四話、十五話
IRIS - アイリス 十六話、十七話
IRIS - アイリス 十八話

ビョン吉の映画


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

猛鬼食人胎 The Demon's Baby [亜州映画☆]

2010年5月5日(水) DVD

猛鬼食人胎

これも香港の格安サイトbuyoyo.comで1000円以下で購入。Region All、字幕は英語
日本でのソフトは見当たらなかった。

冒頭怪しい映像とナレーションが入る。「5体の悪魔が存在する。妊婦から、この世に復活する能力を持つ。高層が5つの壷にそれぞれを封印し、正面に黄金の仏像を添えて、この世に出てこれないようにし、地下に埋めた。」
将軍が、部下を使って、その仏像や壷を掘りあえてて、家に持ち帰る。帰る途中も、家に設置してからも、偶然、仏像が封印壷の正面にくる形になり、何も問題は起こっていない。
この将軍、家に3人も妻がいる。新しくもう一人迎えて4人になる。その宴の料理を説明する屋敷の料理人。こいつが主人公らしい。ジミー先生みたいに貧相な顔をしている奴だ。
ちなみに将軍は、「南洋十大邪術」のタートルヘッドになったおっちゃんと同じ顔をしている。同じ顔もあたりまえで、同一人物だった。彼の名前は、徐錦江チョイ・ガムコン(Elvis Tsui)。その怪異な容姿を生かしてか、三級片やらチャウ・シンチーやら、やたらと沢山出演している。
将軍の使用人筆頭が夫人の何番目かと浮気をするが、婦人の使用人に見られ、つい殺してしまう。
翌日、料理人と彼女が釣りをしていると、その死体が流れてくる。「誤って川に落ちて死んだのだ。」との使用人筆頭の意見で、「もみ消しておけ」と将軍。死体を死体置き場みたいなところに運ぶ料理人と友人。死体置き場に運んだら、キョンシーになってしまった。慌てふためくところ導士登場で、助けてくれる。何と導士は、怪人アンソニー・ウォンだ。
さて、将軍の使用人筆頭が、黄金の仏像を偽物と変えて持ち帰ってしまう。夜な夜な将軍のイベントがあるのだが、いつもイヤラシイ顔だががより一層将軍の顔つきが変だ。将軍に悪魔が憑依し、イベントで順番に将軍の妻4人の腹に、悪魔が潜りこんでいったようだ。
最後の一体はというと、主人公らしい料理人の彼女。屋敷の第4夫人に仕える使用人だったが、何の誤解かで第2夫人の怒りを買い、百叩きの挙句放逐されてしまった。屋敷には内緒で、料理を彼女に運ぶ料理人。結婚の約束を交わし、とりあえず屋敷に戻るという。その時、料理人に悪魔が憑依し、彼女を押し倒す。
4人の夫人の腹も大きくなると、いきなり腹が縦に割れ、悪魔の胎児が歯をむき出しで登場。まだ成長していないのか、外には出られないらしい。腹の中に使用人の頭を入れ、胎児に貪り食わせ始める。
高僧を呼んできたが、一撃で粉砕される始末。
アンソニー・ウォンなら助けてくれると友達に呼びに行かせる料理人、さて・・・

と、面白くも何とも無いストーリーの上、まったくもって怖くない。腹が裂けて見える悪魔の胎児の様子も手作り感爆発だ。こんなんで、真面目にホラーをやっているものだから困ってしまう。ゾンビでなくてキョンシーなのは、最初ふざけているのかと思ったが、中国はゾンビ=キョンシーだから、あれも大真面目なシーンなんだろう。

そもそも、物語の半分くらいはチンタラと事件もほとんど起こらず(キョンシー事件くらい)、残りの時間は、ショボイバトルが行われるだけだ。

1998年の作品だが、冗談のような特殊効果は、狙ったものなのだろうか。それにしても、話に笑えるところが何もないし。

製作にバリー・ウォンの名前があるのだが、このおっさんは、この頃にもう終わっていたな。

と、悪口しか書いていないが、個人的には、悪魔の胎児の造型は好きだ。「悪魔の赤ちゃん」みたいなレトロな作り物感がいい。VFXは、CGよりミニチュアや被り物が好きなので。

スカパー!の「MATVムービーアジア」というチャンネルで「デモンズ・ベイビー(猛鬼食人胎)」という名で放送されたことがあるようだ。このチャンネル、とてつもなく魅力的なラインアップが目白押しなんだが。


お勧め度:☆ キョンシー度:☆☆ 俺度:☆☆

MATVムービーアジアの映像の一部を見る


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アーリャマーン EPISODE 1 帝国の勇者 [亜州映画☆]

2010年3月15日(月)
レンタルDVD





明らかに狙っているパッケージの画像から、コメディに違いないと思ったのだが大いなる勘違いだった。アニメーションで書いたバックを背に主人公たちが動いたり、PS1のシューティングゲーム以下の戦闘機、やる気がまったく感じられない殺陣、どう考えてもコメディなんだが、話は大真面目。

世界で屈指に退屈でつまらない脱力映画だ。インドで空前の視聴率を獲得したドラマらしいのだが、本作のヒーロー「アーリャマーン」、どう蟇目に見ても小太りのおっさん。ラジニといい固太りがモテルお国なのだろうか。

パッケージに見られるように、キャラクターは「スターウォーズ」から持ってきている。オビワン、ダースモール、C3PO、ストーム・トゥルーパーなど。「スタートレック」からヴォーグも特別出演。

C3POみたいな奴は、恐ろしくデッサンの狂った顔をしているのだが、こいつはR2D2とセットになっているようで、最初のうちは「ピコピコ」喋っている。ところが、物語の後ろのほうでヒンズー語を話していやがる。テレビシリーズのダイジェストだろうから、どこかで改造されたのか。

しかし、これでダイジェストだったら、本編はこれ以上に退屈なのか。恐ろしい。

あーつまんねぇ。早く終わんねーかなと思っていたら、「帝国の逆襲」のハン・ソロみたいになって終了。

ということで続きあり、EPISODE2の予告が収録されていた。まあ、EPISODE1から5年もたっているので、発売されないだろう。
出たら見ちゃうかもしれないので、出さないでくれ!

本当に最高の視聴率を獲得したのか?
インド料理の好きな俺は、インド人を無条件で尊敬しているのだが、考えを改めようかと思う。

吹き替えのキャストが異常に豪華だ。しまった、吹き替えで見ればよかった。もう一回見直す根性は流石に無い。

お勧め度:☆ パチモノ度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆

これを見れば十分だ。


タグ:インド映画
nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
亜州映画☆ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。