So-net無料ブログ作成
外国映画☆ ブログトップ

呪いの深海獣 [外国映画☆]

2015年5月16日(土)
レンタルDVD

Destination Inner Space
泳げるだけ

死ぬほど退屈だ。Astro Zombiesの、夜は額に懐中電灯で充電のほうがで、まだましだ。

世界最高クラスの造形大アマゾンの半魚人
半魚人
と共に評価が高いとのことの深怪獣
深海獣
多分嘘だろういうレベルのセンス・オブ・ワンダーの欠如。
ただ、この着ぐるみは、潜水泳法が可能。

お勧め度:☆ 潜水度:☆☆☆ 俺度:☆


呪いの深海獣 [DVD]

呪いの深海獣 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 有限会社フォワード
  • メディア: DVD



予告編を観る


タグ:特撮
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

蛾人間モスマン [外国映画☆]

2012年3月24日(土)
レンタルDVD


蛾人間モスマン [DVD]

蛾人間モスマン [DVD]

  • 出版社/メーカー: アメイジングD.C.
  • メディア: DVD



「LIONSGATEが贈る、UMAシリーズ第3 弾!」という文句に、いい年していとも簡単に騙された。
ジャケットとタイトルを見れば、駄作だと判るだろうに。

冒頭にLIONSGATEのアイキャッチャーが出てこない。アメリカンなんとかという製作会社がライオンズゲートと資本関係があるのかもしれないが、これは詐欺じゃないか。

そして、15分おきくらいに、画面が暗転する。これはTVムービーだったようだ。

いや、まあ、本気で期待していた訳でなく、すべり具合を楽しもうと思ったのだが、モスマンが着ぐるみでなくCGだというところがイカン。

蛾人間モスマン

せめてショッカーの改造人間のようなセンスがあれば。
貞子だってCGじゃなく実写でテレビから出てきたぞ。ブラウン管だけど。(これもブラウン管だ)

CGで出てくる蛾も、羽の毒々しさだけで、肝心なぶよんと気持ち悪い胴体が描かれていない。

全く、どうしようもない仕事ぶりだ。

ストーリーに関してだが、「ラスト・サマー」みたいなやつであり、モラルのない小僧(その後若造)たちが主人公なので、お前ら全員しばかれろ状態。
屈強なモスマンが、強烈なお仕置きをすれば爽快な作品になっただろうに。

お勧め度:☆ センス無しクリーチャー度:☆☆☆☆ 俺度:☆

伝説上のモスマンは、こんな姿らしい。かなり情けない。
モスマン1

ウェストヴァージニア州に飾られているそうだ。
モスマン2
ちょっとカッコいいが、胴体にぶよぶよ感が欲しい。腹筋が割れているのは、蛾としていかがなものか。

予告編を観る


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

カウボーイ&ゾンビ [外国映画☆]

2012年3月9日(金) 21:05~ ヒューマントラストシネマ渋谷3
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:なし


カウボーイ&ゾンビ [DVD]

カウボーイ&ゾンビ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



これは、酷い。「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」が、最高クラスだっただけに、落差が激しすぎる。

冒頭の冴えない銃撃シーンで、早くもこれは駄作だと確信。

もうチンタラと進む話に辟易だ。緊張感ゼロ。
90分を切る長さなのだが、まともに進めたら20分くらいの内容だ。
その中身自体も中学生級の脚本、高校の映画研究会レベルの演出。
チンタラしている癖にゾンビは高速で移動。
そのゾンビは、女ゾンビ一体を除き、顔にペイントしているだけなので、凄い安普請だ。

男優の声が、翔兄貴のようにハイトーンなのも気が抜ける。

よくもまあ、ここまでセンスの無いものを作れるものだ、と逆に感心。

お勧め度:☆ ゾンビ高速度:☆☆☆ 俺度:☆

予告編を観る


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ソウ ザ・ファイナル 3D [外国映画☆]

2010年10月31日(日) 16:15~ TOHOシネマズ川崎6
料金:400円(フリーパス+3D料金) パンフレット:未確認

『ソウ ザ・ファイナル 3D』公式サイト

今年も目出度くTOHOシネマズのフリーパスをゲット。番組の入れ替えの多い11月にまた使用する。
フリーパス1本目。

やっと終わるらしいSAW。4作目くらいから完全に惰性で観ているが、何とこれは7作目だ。

ただのデブのホフマンを黒幕にしてから、一層つまらなくなっている。6作目でホフマン終了と思いきや生き残りやがったので、今回もホフマンが黒幕だ。

どうやらホフマンが、前作で殺されかけたジグソー夫人を追いかけるのが話の中心のようなのだが、それと何ら関係ない、残虐大虐殺ショーがひたすら挿入される。ジグソーから逃げ切った詐欺師への制裁シーンが、ホフマンの暗躍と交互に描かれる。この詐欺師だけでなく、三角関係の男女、人種差別主義者など、本編にもシリーズにも関係ない連中への処刑が話のほとんど。

極めつけは、とって付けたようなどんでん返し。あの人の登場から怪しいと思うのだが、その登場シーン以外の伏線は無い。

3グループ+1名への処刑のグロシーンだけは異常に力が入っているが、ストーリーがあまりにテキトーなので、グロを耐えてまで見る価値は無い。

最終話としてでも、ネタバレ記事でも読めばOK。

原題にはthe finalなど入っていなくて、単に`SAW 3D'なのだが、もう作らないよな?

お勧め度:☆ グロ度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆
3D効果は、ほとんど無い。

SAWフィギュア


タグ:スリラー
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(17) 
共通テーマ:映画

Astro Zombies [外国映画☆]

2010年3月8日(月) DVD

TheAstroZombies.jpg

Amazon.comで1000円くらいで買った。
映画でのタイトルは、'The Astro-Zombies'。

もう一人の最低映画監督テッドVマイケルズの作品。

こんなの80分切るだろと思ったら、92分と書いてある。そんなに見るのかよ!と憤慨したら、体感時間は3時間くらいだった・・・。

冒頭、アメリカンな姉ちゃんがオープンカーで颯爽と走り、家に帰ってくるといきなりアストロ・ゾンビの襲撃!お、快調な出だしかと思ったら、襲撃シーンは悲鳴のみで表現。ものの数分で終わり、オープニングになる。このオープニングが訳の判らないブリキのロボット達のの戦闘、ブリキの戦車付き。「モスラ3」のブルマークでのジュラ紀戦闘より性質が悪い。

その後、マッド・サイエンティストの改造シーンや銃撃シーン、裸にペイントした女のダンスシーン、何故かマッド・サイエンティストに拉致されている半裸の女がベッドに縛られているシーンとサービスカットの大盤振る舞い。
アストロ・ゾンビは、女性を襲うときには、殺害するのにかかわらず、必ず服を脱がす。
監督の妄想が大炸裂しているのだろう。

しかし、マッド・サイエンティストが、明らかに脳タリンな助手にご丁寧に色々解説するなど、すべてのシーンが悪戯にテンポ無く退屈。ディテールに監督なりに凝っているようだが、悲しくなるほどセンスが無いので、退屈さを助長するだけ。
ところが、途中から編集するのが面倒になったのか、繋ぎが無茶苦茶になってくる。

無茶苦茶の極致の最後の5分だけ、アストロ・ゾンビ群(ただし二体のみ)が大暴れし、チープな映像と相まって面白かった。切り株もあるぜ。

エド・ウッドと違ってセットなど金が掛かっているのにと思ったが、最後の5分間は、何回も昼夜逆転していた。エド・ウッドと同じ演出手法(?)のシーンが面白いということか。それとも、あの5分間の戦闘は5日間くらいの戦闘だったのか?

しかし、アストロ・ゾンビの動力源は、太陽光線だと思うのだが・・・。でも二度目の殺人は、明らかに夜の設定だよな。囮作戦も12時だった???。

物語終了後、ブリキロボットでエンドタイトル。

はっきり言ってエド・ウッドのほうが面白い。

でも、アストロ・ゾンビのフィギュア欲しい。

お勧め度:☆ 最低度:☆☆☆☆ 俺度:☆

MisfitsとかいうバンドのAstro Zombiesという曲にのせて名場面を


タグ:カルト
nice!(14)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Plan 9 from Outer Space [外国映画☆]

2010年2月28日(日) DVD


プラン9・フロム・アウター・スペース 新訳版 [DVD]

プラン9・フロム・アウター・スペース 新訳版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 有限会社フォワード
  • メディア: DVD



日本語字幕付が500円で出ているが、俺の見たのはこれ。
Plan 9 from outer space.jpg
Amazon.comで1000円くらいで買った。ボーナス・トラックに何とジョニー・デップのインタビューが収録。3分くらいだけど。

史上最低監督の史上最低映画というと、バカ映画で楽しそうな誤解を与えかねないが、これは単なる才能の無い男が作った駄作だ。つまらなくて眠いの何の。

安い飲み屋にあるような灰皿を逆さにしたような円盤が、地球に襲来をかけ、死体を蘇らせ近所を徘徊させ、近所の奥さんを拉致しようとする。宇宙人は、隊長と手下の三人で、蘇る死体も三体、闘う地球人も三人と「デビルマン」の亀戸みたいな舞台よりスケールが小さい。
灰皿型円盤

闘う地球人の一人の民間機の機長らしき男、客席とはカーテンで仕切られているだけで、操縦桿は玩具のハンドルみたいな飛行機を飛ばしている。

円盤のセットには机とステレオアンプみたいな機械しか置かれていない。それが母艦のセットも同じ。

円盤を撃退しようと米軍が奮闘するが、戦闘場面はどこかの記録映画の引用で、映画の役者は白いバック(スタジオか?)で上半身アップ、双眼鏡で斜めに見上げる。戦闘場面と役者が交互に映るだけ。

死体が近所を徘徊するシーンが、夜のはずなのだが、昼になったり、また夜になったり忙しい。まるで「デビルマン」の雨が降っていたのに、いきなり晴れているところに通じる。

死体は電波か何かで操作するのだが、機械を止まると静止する。しかし、トー・ジョンソンのおっさんは、止まったとたん瞬目をしている。取り直しする予算もないのか。
トー・ジョンソン

後半に宇宙人の演説が延々と続くので、ゴダールの「小さな兵隊」を思い出した。エド・ウッドはゴダールに影響を与えたのか?さすがだ。

歩く死体は、光線が途切れると骨になるのだが、ヴァンパイラはどこかに行ってしまったのか、骨は見つかっていない。

数人でつっこんで見ると面白い映画だという説があるが、よっぽど酒を飲んでからでないと、そうは思えない。

英語だが解説が充実しているサイト

お勧め度:☆ 最低度:☆☆☆☆ 俺度:☆★

全編が見られます。


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ニュームーン/トワイライト・サーガ [外国映画☆]

2009年11月28日(土) 21:30~(映写機トラブルにより10分遅延) TOHOシネマズ川崎5
料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』公式サイト

フリーパス鑑賞24本目。タイ記録達成。

前回のフリーパスの時、無料でも「恋空」と「未来予想図」はパスした。
今回は、「僕の初恋をキミに捧ぐ」と「天使の恋」はパスすると固く誓った。

しかし、このアメリカ女子高生に大人気のものは、フリーパス鑑賞本数の記録更新のためだけに観てしまった。すなわち一作目は観ていない。DVDをレンタルする気にもなれなかったので、ネットであらすじを学習。

史上最悪の人間性のヒロインに嫌悪感を抱くだけの作品だった。

ウジウジと3ヶ月くらい脱力する神経の脆さ。
ところが、アホかと思うような、向こう見ずな行為に身をさらす。
そして、とても自分勝手で、幼馴染の男を狡猾に利用する。
間違いなく、自分が一番好きなのだ。バンパイアに恋する悲劇の自分が。

何で、あんな女がもてるのか理解できない。

バンパイア男も気色悪いし。
ダコタちゃんは、変だし。

続編があるそうだが、行かない。(行きました・・・。フリーパスで・・・。2011年4月23日追記)

退屈な映画ではなかったが。

お勧め度:☆ 不快女度:☆☆☆☆ 俺度:☆

吸血鬼映画


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

NO FACE ノー・フェイス [外国映画☆]

2009年10月11日(日)
レンタルDVD





史上最低クラスの切り株映画モドキ。280円でも返してほしい。

冒頭、女のシャワーシーン。意味の無いサービスカットで始まる。
女は車に乗り、何やら朽ちてしまったような牧場に行く。何とトラップにはまってしまった。
気がつくと、地下室。手錠をされ鎖で繋がれている。目の前のカバンからポラロイドカメラを出す。自分をカメラで撮る。気丈な奴。
殺人鬼登場、カメラで撮る。絶叫。暗転。

顔がグチョグチョの男。ギブスを顔に巻く。顔に巻く。顔に巻く。(期待できたのは、ここまで)

数年後、若いバカ男2人、女2人。マイアミに行くのだが、高速は混むからとかなんとかで、ウェストバージニアを通る。男の一人デヴィッド、立ちション中に鞄発見。500ドルと妖しい写真が入っている。冒頭の女の所持品のようだ。住所が書いてあるメモがある。返しに行かなくてはと主張する女一人。わかったよ、ダイナーで住所を聞こうと男。

面倒になったので、筋を書くの辞める。ツマンネし。

で、以下、駄目駄目な点。

15年前に町の者にボコボコにされて、酷い顔になったトラック運転手が町外れに隠れ住んでいるのだが、そこに踏み込んだものだけ殺していたのに、バカ4人組みが来てから、いきなり町まで乗り込んできて町民を殺す。何故、15年間待ったのかね。そして、ダイナーの調理人とウェイトレスの二人しか殺さないのは何故?10人以上にリンチされたんじゃないのかね。
その理由は、最後まで説明されない。ただ、ショックシーンを増やすためだけだったようだ。

ギブスをまいて作った顔だが、目の部分が笑い目になっていて、怖く見えないこと。狙っているのか?

殺人鬼は、いきなり襲い掛かることもなく、ゆっくりと視聴者に見えるように登場する。心臓には優しいが、面白くもなんとも無い。その割には、どうでもいいシーンでも終始不気味な音楽を流している。

殺人屋敷は、物凄く綺麗だ。

冒頭の新聞記者らしき女性以外、すなわち本編の主役級女性があんまりなこと。応援する気になれない。

ところが、応援は不要で、あまりにアッサリ生き残りやがる。脱出のため、なんとかたどり着いた保安官の車の前で、朝まで気絶してしまうのに、何のお咎めもなし。殺人鬼は放置していたようで、簡単に逃げ出せる。

そして、唐突なエンディング。収録のもうひとつのエンディングも酷い。

ついでに、カットされたシーンも収録されているが、ひとつしかないぞ!?ひとつしかカットしていないのか?

劇場未公開だが、劇場用日本版予告編が収録されている。そこには、肝心なシーンがすべて写されている。カットされたシーンも。

絶対に見てはいけない。

お勧め度:☆ 切り株度:☆ 俺度:☆

予告編


タグ:ホラー
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ピカソ・トリガー/殺しのコードネーム [外国映画☆]

6月24日(水) DVD


ピカソ・トリガー/殺しのコードネーム 特別版 [DVD]

ピカソ・トリガー/殺しのコードネーム 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



映画秘宝ファンの大好きなアンディ・シダリス親父のピカソ・トリガー・シリーズ。厳密には、ピカソ・トリガーが出てくるのは本作だけ。よってもって親父の代表作だ。代表作であるが、親父の映画は、どれを観ても同じ。
同じなので安心して観られると評判が高い。なんてことは、聞いたことはない。

極めて単純なストーリーであるはずなのだが、出ている登場人物の所属組織が不明なので、いまひとつストーリーが判らない。主演のドナ・スピアーなる元プレイメイトは、自分が出ているのに関わらず、三回見てストーリーが理解できたという始末。
登場人物の女が半裸、時に全裸、男はマッチョなんで、職業が判らないのだ。FBIあたりで働いているようなんだけど・・・

ストーリーを理解する必要は無い。半裸の女が10分おきに全裸になり、そのうち3分の1くらいは、マッチョとの絡み(ただし、柔和)。15分おきくらいにおきる爆発。そのパターンの繰り返しだ。
しかし、それぞれの映像が、中学生男子の期待も満足できないレベルの低さだ。
特に、銃撃戦のアクション描写は秀逸で、やる気の無さもここまでくると立派なものである。撃たれて倒れるシーンは、高校生の自主映画レベルだ。
主人公らしきトラヴィスという奴は、至近距離でも銃弾を命中させることが出来ない、ギャグにもなっていないのだが、どういう意図でそのようなことにしたんだろう。親父に問い詰めたいところだ。

特典映像で、親父とプロデューサーを務める夫人のコメンタリーがあるのだが、自信満々で語っているところが、可愛くてたまらん。

お勧め度:☆ エ口度:☆★ 俺度:☆☆

シダリス親父と同じ匂いの人たち


タグ:アクション
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
外国映画☆ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。