So-net無料ブログ作成
検索選択

京劇「覇王別姫~漢楚の戦い~」 [演劇]

6月7日(日) 12:00~ 東京芸術劇場 中ホール
料金:8500円(S席) パンフレット:1500円

主催の日経のサイトから解説を引用
中華人民共和国建国60周年を記念して京劇「覇王別姫~漢楚の戦い~」を開催します。秦の始皇帝が没し、群雄割拠する中国で、最後に覇権を争った項羽と劉邦の戦いを軸に、項羽と虞姫の悲恋を描いた物語。ヒロイン虞姫役は京劇界最大のスターと言われる梅蘭芳(1894~1961)が最もこだわり、愛着を持って演じた役柄の一つ。映画や舞台の劇中劇でも取り上げられ、京劇ファン以外にも人気の高い作品です。演じる天津青年京劇団は中国の数ある京劇団の中でも1、2を争うと言われるほどの実力と人気を兼ね備えた劇団。主演の項羽を歌と立ち回り、それぞれの第一人者が二人一役で演じるのも見どころです。

ビージーズを思い出させるファルセットボイスと「ビョ~ン、ビョ~ン」の音楽が印象深い京劇に行った。
やはり、妖しい魅力満載だ。

上演時間は意外と短く、第一幕が1時間ほど、第二幕が1時間15分ほどであった。

動画など


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。