So-net無料ブログ作成
検索選択
亜州映画☆☆☆★ ブログトップ
前の10件 | -

レッドカーペット [亜州映画☆☆☆★]

2015年8月23日(日) 9:35~ チネ1
料金:1100円(チネチッタデー) パンフレット:未確認

レッドカーペット
バイオレンスの対極

『レッドカーペット』公式サイト

韓国映画お得意の超バイオレンスの対極、人情系の佳作。

ポルノ映画業界の奴らの話っていうことで、レスリー・チャンの「夢翔る人/色情男女」を思い起こさせる。この映画では、「変態家族 兄貴の嫁さん」に対するリスペクトがあったが、やはり本作は韓国映画なので、そんな親日要素はなし。ただし、AV大国の名にかけて、日本人女優は登場。

「夢翔る人/色情男女」は、成功を収めた記憶が無いのだが、こちらはバイオレンスに容赦ないが、甘い作品にはとことん甘い韓国映画、タイトルのように大成功を収めるは、監督の恋愛も成就する。

ただし、賞を総なめしそうな劇中劇は、死ぬほどつまらなそうなのだがね。

後、主人公の天敵の盗作監督が、落ちぶれる様があれば良かったんだが。

韓国ドラマとK-Popは不要だが、やはり映画はいい。

お薦め度:☆☆☆★ 劇中劇傑作度:☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

20歳よ、もう一度 [亜州映画☆☆☆★]

2015年6月20日(土) 15:40~ TOHOシネマズ川崎2
料金:0円(ポイント鑑賞) パンフレット:未確認

20歳よ、もう一度
『怪しい彼女』のほぼ完コピー

『20歳よ、もう一度』公式サイト

写真館で50歳若返り、孫のバンドのボーカルになり、昔の使用人の息子の家に居候し、ライバルのババアは寂しく亡くなり、孫を助けるために輸血をしてババアに戻り、孫娘が後釜のボーカルに収まった。
と、『怪しい彼女』の、ほぼ完全コピー。

に関わらず、あちらの小粋なオチだけ外されてるという謎脚色。

が、こちらのヒロインが、圧倒的に可愛いので、本作のほうが、若干好きだ。

上映終了後、孫役の青年の「撮影日記」とかいう無駄な特典があり、こいつは韓流アイドルなのかと邪推したが、中国大陸出身の歌手であるらしい。入場者特典で、こいつのポストカード貰ったけど、それも不要。

お勧め度:☆☆☆★ 無駄度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆

予告編を観る


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

国際市場で逢いましょう [亜州映画☆☆☆★]

2015年5月16日(土) 15:15~ 109シネマズ川崎
料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認

国際市場で逢いましょう.jpg
大苦労人

『国際市場で逢いましょう』公式サイト

生まれてから苦労続き。朝鮮戦争、ドイツの炭鉱、ベトナム戦争。
しかし、いつの時代も飄々と生きてきた。

そんな男が、偏屈爺さんになっている謎。

妹との再会は、不覚にも涙した。

お勧め度:☆☆☆★ 偏屈度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

妻への家路 [亜州映画☆☆☆★]

2015年4月5日(日) 18:15~ TOHOシネマズシャンテ3
料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:未確認

Coming Home
コン・リー老けたな。

『妻への家路』公式サイト

誰も死ぬ訳でないし、再会も果たすのだが、悲しい話だ。亭主の顔だけ忘れる記憶障害。
「君に読む物語」のように思い出すのかと思いきや、顔だけは思い出せない。
死んでいるも同然の扱いなのだが、不屈の愛とでも言うのか。
何十年も、妻と共に「自分」の帰郷を迎えに駅に付き添う。

中国は、文化大革命を明らかに非難することを許容したのか。

お勧め度:☆☆☆★ 悲劇度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★


予告編を観る


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

マッハ!無限大 [亜州映画☆☆☆★]

2015年2月28日(土) 21:45~ チネ10
料金:0円(TAKE5ポイント利用) パンフレット:未確認

マッハ!無限大
CGあり。ワイヤーありも、

『マッハ!無限大』公式サイト

マッハ!弐」「マッハ!参」と、クソ塵映画が続いたトニー・ジャー復活。

それもありなん、衰えた「マッハ」の続編では無くて、「トム・ヤム・クン!」の続編だった。

ジージャーの映画に全て「チョコレート」とつけるように、タイのアクション映画は、「マッハ」付きが多いのだが、最初の「マッハ!」と「7人のマッハ!!!!!!!」くらいしか面白いものが無いので、宣伝としては逆効果だと思うのだが。

ジージャーも本作に出てくるが、刺身のツマ以下、彼女は復活にほど遠い。
タイトルもピンでなく、その他の役者と一緒の表示。

お勧め度:☆☆☆★ ワイヤー度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

激戦 ハート・オブ・ファイト [亜州映画☆☆☆★]

2015年2月2日(月) 20:40~ 109シネマズ川崎
料金:1300円(レイトショー)

激戦
この二人の対決でなく、二人は姉弟。

『激戦 ハート・オブ・ファイト』公式サイト

負け犬が逆襲する映画

若者は、金持ちの息子だったが、親父の会社が倒産。自暴自棄になった親父に「やれば出来る」というのを伝えるべく、何故かオクタゴンに上る。
年寄の方は、八百長で逮捕された元ボクシング・チャンピオン。若者をコーチして、王者を獲得させると思いきや・・・。
若者は咬ませ犬だった。年寄ボクサーがオクタゴンで再起し、家族も得てしまうという話だった。

ありがちなスポーツ映画であるが、負け犬の数も多い分、立ち直る奴も多く、爽やかな気分になれる。

お勧め度:☆☆☆★ 総合格闘技度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


タグ:アクション
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ポイントブランク ~標的にされた男~ [亜州映画☆☆☆★]

2014年11月24日(月) 17:00~ ヒューマントラストシネマ渋谷
料金:1300円(TCG会員料金) パンフレット:未確認

TARGET
これも清々しいまでのクズっぷり。

『ポイントブランク ~標的にされた男~』公式サイト

「容赦なき韓国映画」特集の延長扱いらしい。

傑作「この愛のために撃て」のリメイクとは、全く気が付かなかったよ。

オリジナルで気になっていた、看護師が異常に強いところ、チンピラと意気投合しているところ、女房の危機に難なくトイレに駆けつけるところが、上手く脚色されていた。

で、戦闘する奴が、看護師から元傭兵に変わっているので、アクションはこちらのほうが派手。

義兄弟的なエンディングもあり、オリジナルより気に入った。

悪役のクズっぷりも、相変わらず清々しい。

お勧め度:☆☆☆★ クズ度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

容赦なき韓国映画
野良犬たち
テロ、ライブ
チング 永遠の絆
悪魔は誰だ
さまよう刃
容赦なかった韓国映画
マルティニークからの祈り
殺人の告白
トガニ 幼き瞳の告発
ビー・デビル
哀しき獣
アジョシ
悪魔を見た
セブンデイズ
息もできない
復讐者に憐れみを
母なる証明
チェイサー
見事にクズと変態のオンパレード

入場者特典で、
黒く濁る村
王になった男
怪しい彼女
のパンフレットを貰った。ランダムな組み合わせなのだろうが、「チェイサー」「息もできない」「アジョシ」が欲しかった。

予告編を観る


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明 [亜州映画☆☆☆★]

2014年9月27日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン
料金:800円

Once Apon a Time in China
いつもの決めポーズ

DVDを所有し3年前にシネマート六本木で観たのだが、

3年しか経っていないし、少なくとも3回目なのに、内容をほとんど覚えていない。
梯子を足場とした戦いの相手のイム師父。
ロザムント・クワンが危機一髪。
チンピラの大将が焼き場へ女たちによって叩き落される。
などなど。
おかげで、今回も大いに楽しめたよ。

惜しむらくは、毛唐がもう少し酷い成敗を受ければいいのに。


お勧め度:☆☆☆★ ワイヤー度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆





関連するもの


タグ:アクション
nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

悪魔は誰だ [亜州映画☆☆☆★]

2014年9月15日(月) 14:35~ ヒューマントラストシネマ渋谷
料金:1300円(TCG会員料金) パンフレット:未確認

悪魔は誰だ
変質者では無かった。

『悪魔は誰だ』公式サイト

「容赦なき韓国映画」特集の一本。

悪魔を見た」のチェ・ミンシク親爺みたいな変質者が犯人では無かった。

「悪魔は誰だ」のタイトルが示すように、犯人捜しが重点。

たどり着いた真実に、貫井徳郎の「慟哭」を見る。

インスパイアされているんじゃないかなぁ。知らないけど。

ミスリードの映像が、上手く使われていたなと、感心。

ただ、あの爺、動けすぎ。

お勧め度:☆☆☆★ 慟哭度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

容赦なき韓国映画
野良犬たち
テロ、ライブ
チング 永遠の絆
容赦なかった韓国映画
マルティニークからの祈り
トガニ 幼き瞳の告発
ビー・デビル
哀しき獣
アジョシ
悪魔を見た
セブンデイズ
息もできない
復讐者に憐れみを
母なる証明
チェイサー
見事にクズと変態のオンパレード

予告編を観る


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

バルフィ!人生に唄えば [亜州映画☆☆☆★]

2014年9月6日(土) 15:00~ TOHOシネマズシャンテ3
料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認

BARFI!
強盗と誘拐未遂はイカンだろう。

『バルフィ!人生に唄えば』公式サイト

ろう者の青年が主人公。婚約者のいる美人学生を執拗に追いかけると、なんと相思相愛になってしまった。
が、結局金持ちの婚約者と結婚する美人。
次に、オヤジの奉公先の金持ちの娘(自閉症)を狙う。この可愛い顔をした自閉症の娘もゲット。異常にモテる男だ。

誘拐犯として投獄されそうになるなど、厳しい状況もあるが、インド映画らしい安定のハッピーエンド。

ろう者が主人公だからか、例の唐突に大勢が歌って踊りだすというのは無く、バックグランドで歌が流れるという感じ。

主人公が「雨に唄えば」のドナルド・オコーナー先生の名演を再現するなど、キートンらしきものや、「君に読む物語」の最後のシーンっぽいもの、明らかに「プロジェクトA」と新旧の映画へのオマージュが多数。

お勧め度:☆☆☆★ オマージュ度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編を観る


タグ:インド映画
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 亜州映画☆☆☆★ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。