So-net無料ブログ作成

KANO 1931海の向こうの甲子園 [亜州映画☆☆★]

2015年2月11日(水) 17:40~ チネ7
料金:1300円(川崎の金券屋でチネチッタ共通鑑賞券を購入)

KANO
試合が多すぎ

『KANO 1931海の向こうの甲子園』公式サイト

実話。

台湾、韓国が日本統治下で、満州国があった頃の甲子園大会。
韓国からは京城、満州からは大連、そして本作の主人公である嘉義からが出場。

近年、親日と言われる台湾発のこの映画は、流石に抗日要素が無く、差別的発言をする新聞記者が出てくるだけで、こいつも直ぐに改心してしまう。

香港に渡った倉田保昭先生が、ジミーさんに騙されて台湾で半監禁状態で、撮影に明け暮れた頃は、台湾の半日感情は、物凄く強く、身の危険も感じたほどだと言う。(出典:「ブルース・リーと101匹ドラゴン大行進! 」)
隣国も、台湾のように感情が変わることがあるのかね。

肝心の映画だが、試合シーンが、予選からほぼフルスペック近くあるので、3時間ほどの長い作品になってしまっている。また、長いが試合シーンが多い故か、中心となる人物の焦点もぼやけている。

力作なんだが、残念ながら、盛り上がりに欠ける。

エースの星飛雄馬状態は、事実か知らないが、結果のスコアは忠実。

お勧め度:☆☆★ 星飛雄馬度:☆☆★ 俺度:☆☆★






映画データ
英題:
KANO
製作年:
2014年
製作国:
台湾
日本公開:
2015年1月24日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
3時間5分
制作:
果子電影有限公司
提供・配給:
ショウゲート
提供:
ソニー・ミュージックレーベルズ / tvk / 朝日新聞社 / ミリカ・ミュージック
カラー

スタッフ
主題歌: Rake / 中孝介 / ファン・イーチェン / スミン / ルオ・メイリン
製作総指揮・脚本・プロデューサー: ウェイ・ダーション
監督: マー・ジーシアン
脚本: チェン・チャウェイ
プロデューサー: ジミー・ファン
音楽: 佐藤直紀

キャスト
永瀬正敏
大沢たかお
坂井真紀
ツァオ・ヨウニン
チェン・ジンホン
チャン・ホンイー
ジョン・ヤンチェン
シェ・ジュンチャン
シェ・ジュンジエ
大倉裕真
飯田のえる
山室光太朗
チェン・ヨンシン
チョウ・シュンハオ
チェン・ビンホン
ツァイ・ヨウフォン
ウェイ・チーアン



KANO 1931海の向こうの甲子園

KANO 1931海の向こうの甲子園

  • 作者: 魏 徳聖
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2014/12/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



戦前外地の高校野球: 台湾・朝鮮・満州に花開いた球児たちの夢

戦前外地の高校野球: 台湾・朝鮮・満州に花開いた球児たちの夢

  • 作者: 川西 玲子
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 2014/08/20
  • メディア: 単行本




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(5) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。