So-net無料ブログ作成

クリッシュ [亜州映画☆☆☆]

2015年1月4日(日) 16:50~ キネカ大森2
料金:1300円

クリッシュ
トランスフォーマー的凄まじいビル倒壊。

冒頭、ダイジェスト。
頭の悪い少年が、宇宙人の力で賢くなったという、手塚治虫先生「クレーター」のような展開。その少年は、成長し学者になるも行方不明になる。息子は、親とは会えないと思っていたが、その父親謎の博士のよる拉致から解放されて再会を果たす。で、息子は、フルタイム・ヒーローのアルバイターとなっている。
というような内容だったと思うのだが、2分ほどで流すものだから、チンプンカンプンのまま始まった。宇宙人の造形が情けないものだったことしか、記憶していない。

ポスターのニート兼スーパーヒーローというのは間違いで、フルタイム・ヒーローのため、バイトの遅刻、早退、欠勤、しかもそれらが無断なため、ニートではなく、バイトを直ぐに首になる、無能なフリー・アルバイターというのが正しい表現だろう。

嫁は、ニュースキャスターであり、同居の父親も現役の博士なので、金銭的には養ってもらっている模様。

ヒーローとして腕は驚異的で、空を飛んでいると言っても過言ではない跳躍力を誇る。

どうしてそうなったの説明は、ダイジェストでも触れられず、全く判らないのだが、本作はシリーズの3作目のようだ。きっと、論理的な説明があるのだろう。父親が宇宙人にどうのこうのっていう・・・。

なんと悪役は、父親のDNAから創造されたということで、剛健一とプリンス・ハイネルのように、兄弟での戦いとなるのだが、この主人公の兄(?)、非の打ちどころが無い、清々しいほどの悪人ぶり。ロボコップが汚くなったみたいなコスチュームは、戴けないが、圧倒的力量で見るものを魅了する。

寝返る悪役側の姉ちゃんの能力は、ミスティークと同じ。
一応、ミュータントものの範疇に入る映画か。

歌は3回ほど。また、大幅カットされているのだろう。

お勧め度:☆☆☆ ビル倒壊度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★






映画データ
英題:
KRISH 3
製作年:
2013年
製作国:
インド
日本公開:
2014年10月25日
(ヒューマントラストシネマ渋谷)
上映時間:
2時間25分
配給:
日活
カラー

スタッフ
監督: ラーケーシュ・ローシャン

キャスト
リティック・ローシャン
プリヤンカー・チョープラ


Krrish 3とあるのだが、Krrish 2の存在を確認できない。


クリッシュ [DVD]

クリッシュ [DVD]

  • 出版社/メーカー: アメイジングD.C.
  • メディア: DVD



アジアのハリウッド―グローバリゼーションとインド映画

アジアのハリウッド―グローバリゼーションとインド映画

  • 作者: 山下 博司
  • 出版社/メーカー: 東京堂出版
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。