So-net無料ブログ作成

マルティニークからの祈り [亜州映画☆☆☆]

2014年9月14日(日) 18:30~ TOHOシネマズプレミアムスクリーン
料金:1100円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認

マルティニークからの祈り
韓国版「ミッドナイト・エクスプレス」

『マルティニークからの祈り』公式サイト

「ミッドナイト・エクスプレス」同様に、実話をベース。あちらは学生、こちらは主婦。あちらは自分の意志で麻薬運搬、こちらはそうと知らずに、結果、あちらは長期、こちらは2年間。
刑期はあちらの方が長いが、絶望感はこちらが強い。
バカさ加減は、二アリー・イコールか。

ゲイの所長がパンツ降ろしているところをぶん殴って脱出という、思いもよらぬ展開を見せた「ミッドナイト・エクスプレス」だが、こちらはレズビアン看守長の屋外での魔手から逃げ出すも、結局絶望状態なのがポスター。

様々な絶望状態の中、良く乗り切ったものだと、賞賛に値する。

ヒューマントラストシネマの特集の「容赦なき韓国映画」の一遍ではないが、駐仏大使館の職員のクズっぷりが、尋常ではない。連中への懲罰は、懲戒免職どころか、公文書どうのこうのと適当な罪状で投獄扱いでないと。左遷程度では納得がいかない。あれ程の悪役は、近来稀にみる素晴らしさ。擁護すべき要素が何一つない。絶対悪のようなものだ。

話はそれるが、中央アジアを左遷先として特定するのは、あまりに失礼だぞ。まあ、劇中の公務員の発言なのだけれど。

いつも警察に対する描き方も否定的なのだけれど、韓国映画人は、公務員に悪意があるのだろうか。それとも、本当に仕事しないのかい。

さて今回は、日本では信用がフリーフォール状態のメディアがヒーロー。
まあ、実際もテレビ局の特集が、解決に活躍したそうなのだけどね。

刑務所で仲良しになった東欧のねえちゃんのその後が気になる。
女看守長にも制裁を望む。未遂後、部下の黒人看守(男)に蔑みの眼差しで見られて、「何だ!」とキレていた。内部告発くらいしろよ、フランス人。

お勧め度:☆☆☆ 絶望度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★






映画データ
製作年:
2013年
製作国:
韓国
日本公開:
2014年8月29日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間:
2時間11分
配給:
CJエンターテインメントジャパン
カラー/シネマスコープ/5.1chサラウンド

スタッフ
監督: パン・ウンジン
プロデューサー: カン・ミョンチャン / ソ・ヨンヒ
脚本: ユン・ジンホ
脚色: イ・ジョンボム / シン・ドンソン / イ・ジョンファ / パン・ウンジン
音楽: キム・ジュンソン
衣装: チェ・ギョンファ
ヘアメイク: ソン・ジョンヒ
VFXスーパーバイザー: キム・ヨンス
特殊効果: パク・ジニョン
サウンド: ハン・チョルヒ
サウンドスーパーバイザー: ゴン・テウォン
編集: キム・ソンミン
照明: イ・ソンファン
撮影: イ・モゲ

キャスト
チョン・ドヨン
コ・ス
カン・ジウ
ペ・ソンウ
コリンヌ・マシエロ


主演の人の映画

ハウスメイド [DVD]

ハウスメイド [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



「ミッドナイト・エクスプレス」予告


ミッドナイト・エクスプレス [DVD]

ミッドナイト・エクスプレス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。