So-net無料ブログ作成

ウォーキング with ダイナソー [外国映画☆☆★]

2013年12月22日(日) 17:35~ TOHOシネマズ川崎7
料金:300円(シネマイレージカードポイント利用+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認

Walking with Dinosaurs
BBC 教育放送。

『ウォーキング with ダイナソー』公式サイト

日本語吹替え3D。字幕版の上映館を知らない。

まさに子供向けな雰囲気であり、観るのは避ける予定だったが、予告編の映像が面白そうだったので、観ることにした。

群れからはぐれた子恐竜が、色々な他種族との出会いの中で成長するというような、手塚治虫式なものを想定していたのだが、恐竜は人語を介して鳥と会話をしたりするも、基本群れの中で成長するという、教育放送的な内容だった。やはりBBC、科学的考証をベースにしているようだ。人語は兎も角。

恐竜のCGは、いかにもアニメであり、「ジュラシック・パーク」からの進化が感じられない。あえてアニメ調にしているとは思うがね。

お勧め度:☆☆★ 教育放送度:☆☆☆ 俺度:☆☆★






映画データ
英題: WALKING WITH DINOSAURS
製作年: 2013年
製作国: イギリス/アメリカ/オーストラリア
日本公開: 2013年12月20日
上映時間: 1時間28分
配給: 20世紀フォックス映画
カラー

スタッフ
監督: バリー・クック / ニール・ナイチンゲイル

恐竜関連
ダイノトピア 第一章 地図にない島
ダイノトピア 第二章 太陽の石
ダイノトピア 最終章 地下世界への扉
マーシャル博士の恐竜ランド
恐竜100万年



タグ:CG
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(6) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

mig

恐竜好きなので気になってるけどやっぱり子供向け?
今年の最後の1本にしようか迷い中、、、、
スルーでいいかなぁ。

アダムさんのあの続編はDVDスルーでしたね
今借りてます

by mig (2013-12-23 02:30) 

バラサ☆バラサ

>migさん
完全に、子供向けですね。これ子供には判らないだろうという用語が出てこない。「プレーンズ」には出てくるのに。

アダム・サンドラーは、近くのTSUTAYAには、DVDが置かれていません・・・。
by バラサ☆バラサ (2013-12-23 18:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。