So-net無料ブログ作成
検索選択

Miss ZOMBIE [日本映画☆★]

2013年10月13日(日) 18:10~ キネカ大森2
料金:1300円(テアトルシネマグループ会員割引) パンフレット:未確認

Miss ZOMBIE
塚本晋也にでもなりたいのか、ベルイマンにでもなったつもりか

『Miss ZOMBIE』公式サイト

したり顔でドヤ顔をしているであろうSABUに、思い切り罵声を浴びせたい。
元来好きでない作家であるSABU。
いや、「アンラッキー・モンキー」と「MONDAY」、「うさぎドロップ」しか観ていないのだがね。
「うさぎドロップ」で、手堅く纏めた映画を作れる器用さを見せ、結構いけるかもしれないと見直したSABUであるが、独りよがりな作家性に走った本作は、全くダメだった。

AIDSだとか、なんだとか差別がテーマなのかと思いきや、ゾンビは意思を持ち始め、高速で動くは、復讐は果すは、と謎の展開を見せる。
少し血を流しただけで、2日間ぐらい意識を失っていた(ただし、ソファーに放置)の嫁が暴走し、パートカラーのクライマックスへ。昔のピンク映画かよ。

何が何だか判らないのだが、上映中、腹を立てっぱなしなので、眠くならない。
15分程度のストーリーを長いものにする、人物アップの異常な長回しさえも、苦痛より怒りが勝る。

映画の途中、亭主がため息をつくが、「ため息をつきたいのは、こっちのほうだ。」

こんなものより「ウォーム・ボディーズ」を観るべきだったのだが、既に上映が終わってしまった。

お勧め度:☆★ ゾンビ度:☆ 俺度:☆

上映に2度失敗し、開始が25分遅れることとなったキネカ大森、テアトル系の過去の前例として、招待券配布を期待したのだが、謝罪だけで獲得ならず。流石に、上映中の中断でなければ貰えないか。





製作年: 2013年
製作国: 日本
日本公開: 2013年9月14日
(ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
上映時間: 1時間25分
配給: ライブ・ビューイング・ジャパン
モノクロ/シネマスコープ

スタッフ
監督・脚本・原案: SABU
製作: 熊澤芳紀 / 佐竹一美
プロデューサー: 吉田憲一 / 宇田川寧
ラインプロデューサー: 的場明日香
撮影: 相馬大輔
録音: 山田幸治
ヘアメイク: 内城千栄子
衣装: 岡本佳子
編集: 相良直一郎
音響効果: 渋谷圭介
特殊メイク: 石野大雅
ポストプロダクションプロデューサー: 篠田学
スクリプター: 村松愛香
キャスティング: 田端利江
助監督: 塩崎遵
制作担当: 堀田剛史

キャスト
小松彩夏
冨樫真
大西利空
駿河太郎
芹澤興人
山内圭哉
手塚とおる


コメディかと思いきや、ちっとも笑えない。



これは、少しは面白かったかも?

MONDAY [DVD]

MONDAY [DVD]

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • メディア: DVD


恥ずかしいのだが、意外に好きだ。どう見ても綾野剛は、犯罪者。

うさぎドロップ [DVD]

うさぎドロップ [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD




タグ:カルト
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。