So-net無料ブログ作成
検索選択

ホワイトハウス・ダウン [外国映画☆☆☆]

2013年8月19日(月) 18:40~ 109シネマズ川崎1
料金:1000円(ポイント会員感謝の日) パンフレット:未確認

whitehousedown
俺たちのエメやんが帰ってきた!

『ホワイトハウス・ダウン』公式サイト

もうひとりのシェイクスピア」で、思いもよらぬ方向に行く(誉めている)かと思われたエメやんだが、いつもの路線に戻ってきた。

どっちの企画が先なのか知らないが、「エンド・オブ・ホワイトハウス」と酷似の本作は、エメやんの分、心持派手な気がする。
が、過去に引きずるものがある主人公が、そのようなトラウマなど感じず、ジョン・マクレーンのように無双するところは全く同じだ。

ホワイトハウス内部からの攻撃なので、民間人の被害者は少ない。
そして、主人公の娘が英雄となる。
この辺は、大きな違い。

細かいところが適当なエメやん映画であるが、
結局のところ、どっちのホワイトハウス映画も、好みである。

お勧め度:☆☆☆ 爆発度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆






映画データ
英題: WHITE HOUSE DOWN
製作年: 2013年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年8月16日
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

スタッフ
監督: ローランド・エメリッヒ

キャスト
チャニング・テイタム
ジェイミー・フォックス
マギー・ギレンホール



ザ・ホワイトハウス―オフィシャル・ガイドブック

ザ・ホワイトハウス―オフィシャル・ガイドブック










タグ:アクション
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(23) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 6

rose_chocolat

同じ日の同じくらいの時間帯に、109川崎にいましたよー。
『最愛の大地』見てました。ニアミスでしたねえ。

細かい所言い出したらキリないですけど、それを気にしなければすごく楽しめる作品でしたね。
by rose_chocolat (2013-08-23 08:13) 

とらねこ

こんにちは。
ラストで二転三転と展開しますが、最初に「こいつが犯人だろう」とすぐに気づく
その相手に戻ってくるところで、思わず「ガクッ」としてしまいましたけど、まあそのミスリードは微笑ましかったし
あり!でした♪
伏線を異常なまでに綺麗に回収してるところも好きでっす。ふふふのふ
by とらねこ (2013-08-23 16:01) 

バラサ☆バラサ

>rose_chocolatさん
109シネマズにいらしてましたか。
エメリッヒの映画は、わたしには相性がいいです。恐竜の奴でさえ。

>とらねこさん
エメリッヒらしくないですけど、伏線を回収していましたね。前作で成長をとげたのでしょうか。
by バラサ☆バラサ (2013-08-26 00:22) 

コザック

こんばんは
派手なところはやっぱエメやん!と思っちゃいました。
ストーリーを作りこんでいるところがちょっとオトナな感じでしたが
おっしゃるとおり成長したんでしょうね(^^)/

by コザック (2013-08-27 23:54) 

sakurai

やっぱ、エメリッヒですよねえ。
こうじゃなくっちゃ。
いや、シャークスピアも好きでしたが、やっぱ壊して何ぼです。
エンドより、こっちの方が好きなのは、たぶんに配役が大きいですが、子供の使い方もこっちの方が好きでしたわ。
by sakurai (2013-09-03 14:55) 

バラサ☆バラサ

>コザックさん
エメやんは、シェイクスピアで成長したのだと思います。本人の願った企画だったていうのは吃驚だったのですが。

>sakuraiさん
あっちは、子供が早々に退場でしたね。ああいうのも新鮮(?)なんですけど。娘の大統領旗を振り回すシーンは、ベタですが、至る所で評判いいですからね。

by バラサ☆バラサ (2013-09-04 19:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 23

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。