So-net無料ブログ作成

エンド・オブ・ホワイトハウス [外国映画☆☆☆]

2013年6月16日(日) 18:45~ TOHOシネマズ川崎6
料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認

エンド・オブ・ホワイト・ハウス
リーアム・ニーソン的ジェラルド・バトラー

『エンド・オブ・ホワイトハウス』公式サイト

LAで宇宙人を撃退し功をなしたアーロン・エッカート、大統領となるも、朝鮮系テロリストの人質となり、ディープ・インパクト以来の職務につくモーガン・フリーマン臨時大統領の指揮下のジェラルド・バトラーに助けられる。

ジェラルド・バトラーが、リーアム・ニーソン級に全くと言っていいほど相手の攻撃を受けずバカ強く、閉ざされた空間であるのにジョン・マクレーンのように愚痴を言わず、「クリフ・ハンガー」のようにミッション失敗がオープニングなのだが全然トラウマになっていなくて、アクション一筋の単純な映画でしかも人が非道に死に過ぎなのだが、不謹慎ですが派手で楽しかった。

子供をすぐに退場させるのもいい。長々と連れ回したらどうしようかと思ったが。

閑職の身の筈のバトラーだが、ホワイトハウスのセキュリティ・システムを簡単に操作できるのは、極めて謎である。指紋登録も残っているし。
こういう事態を想定し、エッカートが特別に手配していたのか。

悪役の一時的復活が無かったのが残念。「リーサル・ウェポン」の最後みたいな。

さて、エメやんの原点回帰と言えるもうひとつのホワイトハウスも期待。

お勧め度:☆☆☆ トラウマ度:★ 俺度:☆☆☆★
「お前は、また失敗する!」の挑発に、全く動じない。






映画データ
英題: OLYMPUS HAS FALLEN
製作年: 2013年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年6月8日
(新宿ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間0分
配給: アスミック・エース
カラー

スタッフ
監督: アントワーン・フークア
プロデューサー: ジェラルド・バトラー

キャスト
ジェラルド・バトラー
モーガン・フリーマン
アーロン・エッカート
アンジェラ・バセット
メリッサ・レオ
アシュレイ・ジャッド
リック・ユーン
ラダ・ミッチェル


エメやんの予告編

「もうひとりのシェイクスピア」からの原点回帰?
ジェイミー・フォックスが大統領なんで、かなり頼りない。
救出役は、G.I.ジョーを殉職した奴。


ザ・ホワイトハウス―オフィシャル・ガイドブック

ザ・ホワイトハウス―オフィシャル・ガイドブック

  • 作者: アーロン ソーキン
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2005/09/02
  • メディア: 単行本



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。