So-net無料ブログ作成

アウトロー [外国映画☆☆☆]

2013年2月1日(金) 13:05~ 109シネマズ川崎1
料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認

アウトロー
酒場でのトムちんの身長が気になるも・・・

『アウトロー』公式サイト

どういう訳か
イーストウッド
と同じタイトルは、原題が主人公の名前’JACK REACHER’で、原作のタイトルは’One Shot'と全く異なる。

派手なアクションを想像しがちなトム・クルーズだが、原作ありの本作は、本格ミステリー要素たっぷりのアクションもあるサスペンス映画という趣だ。

黒幕と射撃場のオヤジの顔を同一視してしまい、一瞬混乱に陥ったが、「ユージュアル・サスペクト」脚本家の手による監督脚本作品は、手堅く纏まっていて小気味いい。
想像していたより地味だったが、ヒロインがいまいちであること、トムちんの体技の強さに説得感が無いことを除けば、概ね満足している。

黒幕の役はヴェルナー・ヘルツォークで、オヤジはロバート・デュヴァルか。全然違うじゃん。

裏切り者は、瞬殺されるは、裏切りに至った過程は説明されないはで、不憫な奴だ。刺身のつま以下。

黒幕が「証人がいない」とか、変なこと言い出すから、女弁護士も裏切り者なのかと思ったよ。どういうこと?

お勧め度:☆☆☆ オヤジ活躍度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

検事を含めて、爺の顔の区別が困難だ。




「アウトロー」予告編


原作。最初出版時の邦題は何だったんだろう。

アウトロー 上 (講談社文庫)

アウトロー 上 (講談社文庫)

  • 作者: リー・チャイルド
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/01/16
  • メディア: 文庫



アウトロー 下 (講談社文庫)

アウトロー 下 (講談社文庫)

  • 作者: リー・チャイルド
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/01/16
  • メディア: 文庫



クリント・イーストウッドの


アウトロー [Blu-ray]

アウトロー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



映画データ
英題: JACK REACHER
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年2月1日
(丸の内ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間10分
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン
カラー


スタッフ
監督: クリストファー・マッカリー
原作: リー・チャイルド
プロデューサー: トム・クルーズ / デヴィッド・エリソン / デイナ・ゴールドバーグ / ポーラ・ワグナー / ドン・グレンジャー / ゲイリー・レヴィンソン / ケヴィン・J・メシック
エグゼクティブプロデューサー: ジェイク・マイヤーズ

キャスト
トム・クルーズ
ロザムンド・パイク
リチャード・ジェンキンス
デヴィッド・オイェロウォ
ヴェルナー・ヘルツォーク
ロバート・デュヴァル
ジョセフ・シコラ
アレクシア・ファスト
マイケル・レイモンド=ジェームズ
クリステン・ダルトン
ディラン・カスマン



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(31) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

みぃみ

こんにちは。

<黒幕と射撃場のオヤジの顔を同一視してしまい
↑私は目の色で区別していましたので大丈夫でしたが、言われてみると似てますね~。
もし、同一人物だったら、もっと奥深いミステリー(?)になっていたかも~。
ぽこっと水色の目を取ったら射撃場のおじいちゃんだった!だと、びっくり!ですよね。

by みぃみ (2013-02-08 09:44) 

バラサ☆バラサ

>みぃみさん

ロバート・デュヴァルなのに判らなかったというのは失態です。
でも、黒幕が射撃場のオヤジって、どういう設定なのだろう。

by バラサ☆バラサ (2013-02-10 21:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 31

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。