So-net無料ブログ作成

LOOPER/ルーパー [外国映画☆☆★]

2013年1月14日(月) 18:40~ TOHOシネマズ川崎2
料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:未確認

LOOPER
切ないバッドエンド終わる。

『LOOPER/ルーパー』公式サイト

30年後、死体を身元不明にすることが出来なくなっており、マフィアなどは消したい人間を、30年前の過去にタイムマシンで送り込み、ルーパーなる執行人に始末させている。ルーパーを仕切っているのは、30年後から来た男だ。
ルーパーであるジェームズ・マカヴォイみたいな奴の前に、30年後の自分ブルース・ウィリスが送り込まれるが、取り逃してしまう・・・。

マカヴォイみたいな奴は、「メタルヘッド」でパンクロッカー、「50/50 フィフティ・フィフティ」のヘタレな青年など、謎の演技派ジョゼフ・ゴードン=レヴィットだった。

30年で人間どれだけ変わるのかと、あそこまで変わることはないだろう。
似ていると言えば似ていないことものないことはない。
30年後
その点、こいつらは雰囲気がそっくりだった。
エージェントK

30年後と共闘する話なのかと思っていたのだが、30年後は妻の死亡を阻止するために、暗黒街のボスを幼児の時に始末しようとタイムリープしてきた奴で、組織より処刑の命をうけるも任務に失敗し、取り逃したルーパーは、逆に自分の命が危険にさらされたため、30年後の自分を倒そうとするという対立関係。

現在の自分は、幼児の母に惚れてしまうが、30年後は鉄の意志で思いを振り切る。何故可能なのだ?

30年後の暴走を食い止めるため、バタフライ・エフェクトのような選択をする現在だが、ターミネーター2のほうが近いか。

自分を強制排除してしまうので、結果30年後は存在しないから、幼児の母への恋心は、30年後には存在しなかった?

様々なメディアで評価が高く、映画祭で脚本賞を多く受賞している作品だが、未来の俺と今の俺のアッパーなバディ・ムービーを勝手に期待していた俺には、つまらなくはないのだが、お門違いだった。

色々な映画をマージしたような、アセンブルしたような感じだし。まるでボストンはトム・シェルツの曲のように。

ルーパーというと、これを思い出す。


お勧め度:☆☆★ バディ度:☆ 俺度:☆☆★








映画データ
英題: LOOPER
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
日本公開: 2013年1月12日
(丸の内ルーブル ほか)
配給: ギャガ /ポニーキャニオン
カラー


スタッフ
監督・脚本: ライアン・ジョンソン

キャスト
ブルース・ウィリス
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
エミリー・ブラント
パイパー・ペラーボ
ジェフ・ダニエルズ
ポール・ダノ



バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



ターミネーター2 特別編 [DVD]

ターミネーター2 特別編 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 2

sakurai

あ!マカちゃんに見えた?
実は私も見えました。
なんで、JGLをあんな不細工にする!!と憤慨しつつ、不細工になると、マカちゃんって式も変だな・・と。
結構、まっさらな状態で見たんで、なかなか面白かったですわ。
by sakurai (2013-01-23 12:42) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

弱そうなところがマカヴォイです。
不細工ってのは、ウィリスに似せるためメイクですか。
Moonlightingの頃は、そんなに不細工でなかったのですが。

by バラサ☆バラサ (2013-02-02 21:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。