So-net無料ブログ作成

007 スカイフォール [外国映画☆☆☆★]

2012年12月1日(月) 18:30~ TOHOシネマズ川崎6
料金:1000円(映画サービスデー)

『007 スカイフォール』公式サイト

訳の判らない「慰めの報酬」に比べると話がすっきりした。
「ノーカントリー」のおかっぱ頭が、Mに積年を恨みを持つ元諜報員で、Mに復讐しようとする話だ。
おかっぱ頭が、あんなにまどろっこしい手段を取るのと、ボンド中佐の勝手な長期休暇取得は理由が良く判らんのだが、それぞれの諜報員のMに対する感情が起因しているのだろう。

途中、アクションが控えめになるが、冒頭とクライマックスが激しい。途中のダイハード3みたいなのも。見終わるとかなり疲労困憊。(実は、冒頭が一番激しい。クライマックスは西部劇みたいな雰囲気で、それはそれで良し。)
民間人の犠牲者はいったい何人いるのだ。

「慰めの報酬」でも最後に出てきたボンドの例の奴だが、今回も最後に出てきた。
「慰めの報酬」は、「カジノ・ロワイヤル」と繋がっているから終わりでもいいと思うが、やはり初めに出して欲しいな。

そして、'James Bond Will Be Back'だったか'James Bond Will Return'には、'In xx'のタイトルは無し。

ダニエル・クレイグの契約延長はあるのか。

そして、いつから「ジェームズ」と濁らせて発音字幕に表記するようになったのだ。
ちなみに永ちゃんの「サブウェイ特急」では、「ジェームス・ボンドは、そう髪の毛が禿げるまでも」だぞ。


お勧め度:☆☆☆★ 50周年度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★







映画データ
英題: SKYFALL
製作年: 2012年
製作国: イギリス/アメリカ
日本公開: 2012年12月1日
上映時間: 2時間23分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

スタッフ
監督: サム・メンデス
プロデューサー: バーバラ・ブロッコリ / マイケル・G・ウィルソン

キャスト
ダニエル・クレイグ
ハビエル・バルデム
ジュディ・デンチ
ベレニス・マーロウ
ナオミ・ハリス
レイフ・ファインズ
アルバート・フィニー


いつも憎たらしいレイフ・ファインズが、例によって憎たらしいのだが、実はナイスなボスだったりする。

おまけ
ピアース・ブロスナンのボンドでの悪役死亡集

ソフィー・マルソーが、まだ美人だ・・・。6分20秒頃。

おまけ2
Qの秘密兵器集


原作者は、とっくの昔にお亡くなりであるので、

007/ロシアから愛をこめて (創元推理文庫)

007/ロシアから愛をこめて (創元推理文庫)

  • 作者: イアン フレミング
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 文庫


タイトルは拝借しても、映画の中身は別物。

007/ムーンレイカー (創元推理文庫 138-2)

007/ムーンレイカー (創元推理文庫 138-2)

  • 作者: イアン・フレミング
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1964/03
  • メディア: 文庫


タイトルもつきて、新ボンド作家のノベライゼーション

007/ダイ・アナザー・デイ (竹書房文庫)

007/ダイ・アナザー・デイ (竹書房文庫)

  • 作者: レイモンド ベンソン
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 文庫


上の奴は、映画になっていないオリジナルストーリーを手がけていて、
同様に大物ミステリー作家の手によるオリジナル

007 白紙委任状

007 白紙委任状

  • 作者: ジェフリー・ディーヴァー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/10/13
  • メディア: 単行本


これは知らない。

007 デヴィル・メイ・ケア (竹書房文庫)

007 デヴィル・メイ・ケア (竹書房文庫)

  • 作者: セバスチャン・フォークス
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2012/12/10
  • メディア: 文庫




nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(21) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

sakurai

あと二作は一応契約したという噂ですが、とにもかくにも、レイフさまの登場で、なんか物足りなかったものを充足してもらった気がします。
私もピアーズ・ボンド、好きです。あのはったり効いたエセハンサムぶりがぴったりだと思います。
by sakurai (2012-12-24 07:38) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん
Bond24,25が連作物らしいですね。
ブロスナンは、降りた訳でなく、続投希望していたのに降ろされたとか。加齢ってことなんですか。

by バラサ☆バラサ (2012-12-28 01:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。