So-net無料ブログ作成

悪の教典 [日本映画☆☆★]

2012年11月11日(日) 19:00~ TOHOシネマズ日劇2
料金:1250円(チケットフナキで前売り購入)

『悪の教典』公式サイト

散弾銃で、高校生を殺戮するだけの映画だった。
脚色が悪いのか、監督の三池が悪いのか、先崎が悪いのか。
端折り過ぎだろ。脚本(=脚色)の三池が悪い。

散弾銃の殺戮にばかり時間かけないで、その前段をもう少し丹念に描いていたら、傑作になったような。
全員処刑の判断に至るまでが、どうにも曖昧。
吹越満は、早退させるには惜しいキャラクター。
そして殺戮の方法には工夫が無く、仙崎のドヤ顔が続くだけなので、いい加減辟易してくる。

ハーバードのMBAの筈なのだが、仙崎だからか英語が流暢でない。
ついでに、高校生二人のトリックに、いとも簡単に騙される。
心神喪失を慌てて装うのも、賢く思えない。
学歴詐称の人物ではないか。

どういう訳かTO BE CONTINUEDで終了。

お勧め度:☆☆★ 大殺戮度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆








映画データ
製作年: 2012年
製作国: 日本
日本公開: 2012年11月10日
上映時間: 2時間9分
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督: 三池崇史
原作: 貴志祐介

キャスト
伊藤英明
二階堂ふみ
染谷将太
林遣都
浅香航大
水野絵梨奈
山田孝之
平岳大
吹越満



悪の教典 上 (文春文庫)

悪の教典 上 (文春文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/08/03
  • メディア: 文庫



悪の教典 下 (文春文庫)

悪の教典 下 (文春文庫)

  • 作者: 貴志 祐介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/08/03
  • メディア: 文庫




nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(23) 

nice! 11

コメント 4

とらねこ

こんばんは、お久しぶりです。
確かに殺戮場面が長すぎますよね。
私ももう少し前半が見たかったです。
by とらねこ (2012-11-23 21:06) 

バラサ☆バラサ

>とらねこさん

殺戮に工夫がないので、飽きてしまいます。
フレディでさえ、一瞬ナンシーの反撃でたじろぐシーンがあったので、ハスミンも少しぐらい罠にはまっても良かったかと。最後簡単に騙されるくらいなら。

前半と言えば、吹越満が勿体無かったです。
後半の山田も無駄遣い。

by バラサ☆バラサ (2012-11-28 15:30) 

コザック

たしかに単調に殺戮を繰り返してましたね。
一つ一つのエピソードをちょっと無駄使いしている感じがしました。
>吹越満が勿体無かったです。
ほんとにいい味出していたのに彼のキャラもうちょっと面白く深堀してもよかったかもしれませんね。
by コザック (2012-12-02 11:26) 

バラサ☆バラサ

>コザックさん
工夫がないですね。仙崎なのでインテリジェンスに欠けますし。
同じ三池のなら「十三人の刺客」の吾郎のほうが悪役としては上の評価をします。
by バラサ☆バラサ (2012-12-20 15:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 23

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。