So-net無料ブログ作成
検索選択

トータル・リコール [外国映画☆☆☆★]

2012年8月11日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎
料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用)

『トータル・リコール』公式サイト

シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。

日本公開前にビデオを入手したほど大好きなオリジナルは、
1.寺沢武一の「コブラ」に激似の始まり。
2.妻(可愛かった頃のシャロン・ストーン)が監視者だった。
3.駅の動く歩道で、倒れた奴(民間人)を銃弾の盾として逃げ切るシュワ。
4.火星へのイミグレーション・チェック中、婆の顔が割れ、そこから出てくるシュワの顔。
トータル・リコール
5.おっぱいが3つある娼婦。
6.クライマックスでポップアイ状態、目玉が飛び出そうになるシュワ。
トータル・リコール
と、断片的にではあるが、印象深いシーンが数多い。ストーリーは、あまり記憶が無い。勢いの映画だった。

1.は、記憶の植え付けの前に、いきなり攻撃を受けるのに変更。
「コブラ」と激似と書いているが、フィリップKディックの原作から、寺沢武一がアイディアを戴いたと考えるのが順当。「コブラ」には、「ローラーボール」からアイディアを拝借の「ラグボール」などというのが出てくるし。

2.は、当時あまり有名でなかったシャロン・ストーンに対し、ケイト・ベッキンセイルになったのでか(監督の嫁だからか)、出演シーンは大幅増加、「アンダーワールド」のセリーン以上の無双ぶりを発揮。「007わたしを愛したスパイ」のジョーズ級。
どういう訳か、通勤の移動機関で、コリン・ファレル(シュワの役)が読んでいたのが「007わたしを愛したスパイ」。電子ブックでなくペーパーバック。

3.は、笑えるシーンだったのだが、無くなった。不謹慎で自粛か。斯様に、バーホーベン先生らしい残虐性は数少なくなった。

4.は、今回火星は出てこないのだが、舞台となるオーストラリアとヨーロッパの移動にあたって、イミグレーションチェックのようなものがある。チェックの列にオリジナルの顔が割れた婆さんの小型版みたいなのが出てくる。しかし、婆さんの顔は割れず、その後ろに並んでいた黒人が、コリン・ファレルの化けた姿だった。婆さんに期待するが、肩透かしという憎い演出。

5.は、物語の中盤、火星に出てきた気がするのだが(記憶違いかもしれない)、今回はリコール社への道案内をする役で早いうちに登場。

6.は、火星が出てこなく、酸素送出行動をしないので、このシーンは無し。

その他大きな設定自体オリジナルとは異なっているが、なかなかいい脚色ぶりだ。
ケイトだけでなくジェシカ・ビールと女優がランクアップしているのと、「ブレードランナー」のパクリっぽいが、ディテールに凝った近未来都市の様子も素晴らしく、これはこれで物凄く楽しい作品だ。
そして、ストーリーを速攻で忘れそうな、勢いだけの映画でもある点も期待通り。

欠点は、マイケル・アイアンサイド級の役者がいないことと、ジェリー・ゴールドスミスのオリジナル版のスコアのほうが圧倒的にいいこと、明らかにCGまる分かりな映像が多いこと。

前作は、夢オチが濃厚と言われているが、今回はどうなのか。ところどころ青い線が入る映像が気になる。

忘れていたけど、シュワの鼻を千切らんばかりにチュッパチャプスを抜くシーンは、今回は無し。あれも面白かったのに。
トータル・リコール
手に埋め込まれた携帯電話機器を外す程度の痛さにグレードダウン。まあ、これも相当痛いと思うのだが。

一般市民の盾、鼻からチュッパチャプス、割れる婆の顔、ポップアイが無いのは、かなり残念。

お勧め度:☆☆☆★ ジョーズ度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆☆
Box Officeみると、本国ではコケているようだ。






オリジナル

シャロン・ストーン、前半で退場かと思っていたが、結構終盤まで残っている。


トータル・リコール [DVD]

トータル・リコール [DVD]




トータル・リコール (ディック短篇傑作選)

トータル・リコール (ディック短篇傑作選)

  • 作者: フィリップ・K・ディック
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/07/05
  • メディア: 文庫



映画データ
英題: TOTAL RECALL
製作年: 2012年
製作国: アメリカ/カナダ
日本公開: 2012年8月10日
上映時間: 1時間58分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

スタッフ
監督: レン・ワイズマン
原作: フィリップ・K・ディック

キャスト
コリン・ファレル
ケイト・ベッキンセイル
ジェシカ・ビール
ビル・ナイ
ブライアン・クランストン
イーサン・ホーク
ジョン・チョー
スティーヴ・バイヤーズ
ボキーム・ウッドバイン
ウィル・ユン・リー
カリー・グレアム


あれ!?イーサン・ホークの名前が。どこに出ていた?
出演シーンは、すべてカットされたそうだ。


COBRA 1 (MFコミックス)

COBRA 1 (MFコミックス)

  • 作者: 寺沢 武一
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2005/08/23
  • メディア: コミック




nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(33) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 3

コザック

こんばんは
>おっぱいが3つある娼婦
手も3つほしくなるわよ~のセリフも納得です(^^)
私は、、、シュワ版ほどのインパクトはなかってけど
ふつうに夏休みSFとして楽しめました。

by コザック (2012-08-13 23:39) 

non_0101

こんにちは。
コロニーの街並みは楽しかったですね~
この街のシーンはもう一度観てみたくなました。
ケイト・ベッキンセイルのしつこさにはビックリでした。
これは監督からの愛でしょうか(^^ゞ
by non_0101 (2012-08-19 11:15) 

バラサ☆バラサ

>コザックさん
これはこれで良かったですよ。バーホーベン先生みたいな笑えるシーンはありませんでしたけど。鼻も目もコリン・ファレルではいまいち笑えないとも思いますが。

>non_0101さん
嫁自慢という感じですね。

by バラサ☆バラサ (2012-08-25 02:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 33

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。