So-net無料ブログ作成

君への誓い [外国映画☆☆☆]

2012年6月1日(金) 19:30~ TOHOシネマズ川崎2
料金:1000円(映画サービスデー)

『君への誓い』公式サイト

実話にインスパイアされたそう。

夫婦が交通事故にあい、命に別状は無いも、妻のほうだけ直近の4年の記憶を失う。
結婚の記憶が欠落しているので、亭主は他人状態だ。
失われた記憶を取り戻そうと、根気よく奮闘努力するナイスガイの亭主だが、その甲斐も無く結局離婚となってしまうが・・・。

なんか主人公の男、同じような役を演じていたような気がしたら、「親愛なるきみへ」の奴だった。
アマンダちゃんに続きレイチェルにも捨てられる。しかし、よりが戻りそうで終わるのも同じ。

しかし、この男、アマンダ、レイチェルと夫婦役とは、森山級に羨ましい奴だ。

同じレイチェルの「君に読む物語」のように記憶が戻るなどの劇的な展開を見せるのかと思ったら、かなり地味な展開だった。

レイチェルの元婚約者も嫌な奴でなく、寧ろいい奴だった(殴られるなんて理不尽もいいとこだ。)のが計算外で、より一層ドラマが生まれない。

が、それに大きな不満はなく、この地味さは逆に好感度が高い。ラブストーリーというより、レイチェルの成長の物語のようだ。

しかし、このセンスの無い邦題は、何とかならないものか。原題のVOWが誓いという意味なので、しかたないのかもしれないが。

レイチェルが色々な扮装で、ほぼ出っぱなしなので、レイチェル好きには堪らん。

お勧め度:☆☆☆ レイチェル百変化度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★






映画データ
英題: THE VOW
製作年: 2012年
製作国: アメリカ
日本公開: 2012年6月1日
上映時間: 1時間44分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー/シネマスコープ

スタッフ
監督: マイケル・スーシー
脚色: アビー・コーン / マーク・シルヴァースタイン / ジェイソン・ケイティムズ
原案: スチュアート・センダー
プロデューサー: ジョナサン・グリックマン / ポール・タブリーブ / ゲイリー・バーバー / ロジャー・バーンバウム
製作総指揮: J・マイルズ・デイル / オースティン・ハースト / スーザン・クーパー
撮影: ロジェ・ストファーズ
美術: カリーナ・イワノフ
音楽: レイチェル・ポートマン / マイケル・ブルック

キャスト
レイチェル・マクアダムス
チャニング・テイタム
ジェシカ・ラング
サム・ニール
ジェシカ・マクナミー
スコット・スピードマン


サム・ニールは、しばらく見ないうちに、かなり老けた。ジュラシック・パークの奴と気づかなったよ。

記憶失う系のラブ・ストーリー

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • メディア: DVD



50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション [DVD]

50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



私の頭の中の消しゴム [DVD]

私の頭の中の消しゴム [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(20) 

nice! 1

コメント 2

non_0101

こんにちは。
レイチェルは髪の色も服装も次々と変えていて、可愛かったですね~
それにしても、彼女はお嬢様という設定が似合うのですね。
「ミッドナイト・イン・パリ」でもお嬢様でしたし。
(こちらの登場時間は短いですけど^_^;)
by non_0101 (2012-06-03 17:20) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

シャーロック・ホームズでは、早々の退場だったので、今回久しぶりにレイチェルを堪能しました。
「ミッドナイト・イン・パリ」は、観ないほうがいいという意見があったので、現在見合わせています。

by バラサ☆バラサ (2012-06-19 01:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 20

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。