So-net無料ブログ作成

貞子3D [日本映画☆★]

2012年5月13日(日) 21:15~ TOHOシネマズ川崎7
料金:1500円(レイトショー1200円+3D料金メガネ持参300円) パンフレット:未確認

『貞子3D』公式サイト

今時ビデオも無い訳で呪いの動画となった。有線、無線を問わずネット上に接続されているディスプレイから身を乗り出すことが可能な貞子。一部ネットに接続されていなさそうなものにも登場しているけど。

身を乗り出すだけで、外には出てこれないのだが、どういう訳か、後半、例の井戸からヒルコみたいな姿でわんさか出てくる。
※ヒルコ:諸星大二郎の「妖怪ハンター」に出てくるアレ。

対ヒルコ戦では、石原さとみは、ほとんどキャーキャーと逃げ回っているだけ。ヒルコ状態の貞子は、面白いキャラクターなのだが、このシーンが悪戯に長い。辟易してくる。怖いというより間抜けなだけだ。
やっと反撃、ヒルコを倒した(キャーと大声を出すだけで勝利)かと思ったら、いきなり少女になって出てきた貞子に首を絞められる。
ほとんど負けかと思われたのだが、どういう訳か逆転勝利。この勝利への過程が良く分からん。

最後、石原さとみの目が赤くなるのかと思いきや、普通にハッピーエンドで終わってしまった。
終わりに「続く」みたいのがあるが、蛇足にしか過ぎない。
だいたい貞子復活させた奴の矮小さときたら。ブログが炎上した復讐で貞子召喚かよ。

と、脈絡の無いいい加減な展開なので、オリジナルの酷い脚本だと思いきや、「S」なる原作をベースにしていると。まあ、原作も「リング」が面白かっただけであり、「らせん」などは話が変な方向に飛んでいくので、途中で読むのを辞めたことを思い出した。きっと「S」自体もこの程度のものなのだろう。

そして映画も「リング」以外は、カスばかり。

3D効果は、飛び出す手と砕けるディスプレイのみ。
ヒルコ状態の貞子には効果が発揮されない。

お勧め度:☆★ ヒルコ度:☆☆☆★ 俺度:☆






ヒルコ


映画データ
製作年: 2012年
製作国: 日本
日本公開: 2012年5月12日
上映時間: 1時間36分
配給: 角川映画
カラー

スタッフ
監督: 英勉
原作: 鈴木光司

キャスト
石原さとみ
瀬戸康史



エス

エス

  • 作者: 鈴木 光司
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/05/12
  • メディア: 単行本



リング (角川ホラー文庫)

リング (角川ホラー文庫)

  • 作者: 鈴木 光司
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 1993/04/22
  • メディア: 文庫



らせん (角川ホラー文庫)

らせん (角川ホラー文庫)

  • 作者: 鈴木 光司
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 1997/11/28
  • メディア: 文庫



ループ (角川ホラー文庫)

ループ (角川ホラー文庫)

  • 作者: 鈴木 光司
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2000/09/08
  • メディア: 文庫



バースデイ (角川ホラー文庫)

バースデイ (角川ホラー文庫)

  • 作者: 鈴木 光司
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 1999/12/08
  • メディア: 文庫



リング (Blu-ray)

リング (Blu-ray)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



らせん (Blu-ray)

らせん (Blu-ray)

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



リング2 [Blu-ray]

リング2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray



リング0 ~バースデイ~ [Blu-ray]

リング0 ~バースデイ~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray



タグ:ホラー
nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 3

月夜のうずのしゅげ

もう一度「リング」を見て見ることにします。「貞子」は昨日見に行きましたが、突然の爆音にびっくりしっぱなしで疲れました。いじめによる自殺の復讐映画としては、後半は、貞子の哀れさよりも、げてものの怪物の気味悪さばかりを感じました。
by 月夜のうずのしゅげ (2012-05-19 09:38) 

バラサ☆バラサ

>月夜のうずのしゅげさん

音で脅かすのはホラーの最も簡単な手法ですからね。

同じ系統では、やはり「呪怨」のほうが好きです。

by バラサ☆バラサ (2012-05-22 18:46) 

逆立ち

技術的な限界を露呈するとは。

3Dにしちゃうと2Dよりも期待値上がってしまうのかなぁ。
飛び出しを期待していたのに、ちょっと飛び出し量が少なかった
気が・・・。
技術的課題が見えた気がしますね。
リングは飛び出さなかったけど、心の底から冷えた・・・。
いまでもおっそろしいですわ。
原作のエスは結構良かったんですけど。


そんな鈴木さんですが、 ぼちぼち下がり目なんて
コワイことをサラッと書いてるサイトを見付けてました。
www.birthday-energy.co.jp/
いまはまだ良いけど、数年後は下がり目らしい。
こんな事を書かれちゃうなんて、残念だね。

by 逆立ち (2012-05-27 01:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。