So-net無料ブログ作成

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [外国映画☆☆★]

2012年4月14日(土) 16:35~ TOHOシネマズ日劇3
料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』公式サイト

メリル・ストリープが、あまり好きでないので観るのを躊躇していたが、結局メリル・ストリープに尽きる作品じゃないかよ。

直近の話であり存命する人なので、あまりに脚色をできないのであろう、物語の進行は地味だ。

鉄の女の涙などと謳っているが、家庭を顧みず仕事に邁進して後悔しているのかというと、家族から怒られるシーンは、予告編に出てくるだけであり、涙を流している気配は感じられない。
認知症での、妄想上の夫が去っていくところなのだろうか。

政治でも、それ程苦労しているようには、演出されていない。

一本芯が通っていない散漫な映画だ。

晩年の政策の国民は全員同額の税金を納めよ!は、流石にどうかしているな。

お勧め度:☆☆★ 鉄の女度:☆☆ 俺度:☆☆★






サッチャーの研究

サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈上〉

サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈上〉

  • 作者: マーガレット サッチャー
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 単行本



サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈下〉

サッチャー回顧録―ダウニング街の日々〈下〉

  • 作者: マーガレット サッチャー
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 単行本



新しい日本―サッチャーからの提言

新しい日本―サッチャーからの提言

  • 作者: マーガレット サッチャー
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 単行本



マーガレット・サッチャー―「鉄の女」の生き方

マーガレット・サッチャー―「鉄の女」の生き方

  • 作者: カトリーヌ キュラン
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 1993/04
  • メディア: 単行本



サッチャーの遺産―1990年代の英国に何が起こっていたのか

サッチャーの遺産―1990年代の英国に何が起こっていたのか

  • 作者: 岡山 勇一
  • 出版社/メーカー: 晃洋書房
  • 発売日: 2001/11
  • メディア: 単行本



映画データ
スタッフ
監督: フィリダ・ロイド
脚本: アビ・モーガン

キャスト
メリル・ストリープ
ジム・ブロードベント



タグ:人間ドラマ
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 3

mig

>結局メリル・ストリープに尽きる作品


そうですよー(笑)
もうメリルだけの映画でしたね。
もうちょっと面白くなってもいいのに。メリルオバさんは好きなんだけど長過ぎで後半退屈でした〜
by mig (2012-04-16 00:27) 

sakurai

予告以上でも以下でもなかったですね。
見たいポイントが思いっきりずれてましたが、オスカーはそっくりさん大会に化してるような・・。
by sakurai (2012-04-16 13:59) 

バラサ☆バラサ

>migさん
ストーリーが散発ですからね。かなり退屈でした。

>sakuraiさん
そっくりさん大会ですね。

ディカプリオは似ていないということですかね。声は若すぎて似ていませんでした。

by バラサ☆バラサ (2012-04-23 01:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。