So-net無料ブログ作成

ヒミズ [日本映画☆☆★]

2012年2月6日(月) 21:05~ ヒューマントラストシネマ有楽町2
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認

『ヒミズ』公式サイト

園子温の新作は、稲中の漫画家の作品が原作。稲中もこれも読んだことはないが、稲中はギャグ漫画であるが、これはシリアスな話だ。

東日本大震災を受けてかなり脚色をしているようで、登場人物の年齢もかなり変えているそうだ。中学の同級生が、被災者の元会社社長だったり。
ガス・ヴァン・サントの少年映画のように陰鬱に話は進むのだが、意外に前向きに終了するのは、原作通りなのだろうか。原作は、連載終了と単行本収録の結末が違うと聞く。

前向きに終了はするが、ヒロインの茶沢景子の状況は、改善されていないという命題は残る。

全編「タクシードライバー」に通じる病んだ雰囲気。ブラックに笑える箇所多数。

主演の若い男女が秀逸。特に二階堂ふみ。「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」に出ていたようだが、残念ながら記憶が無い!

17歳で、
・愛読書は太宰治の『人間失格』。何度も読み返している。
・嶽本野ばら作品の大ファン。特に『鱗姫』が好き。
・大の漫画好き。好きな漫画家は古谷実、中村明日美子、丸尾末広、楳図かずお、古屋兎丸、ヤマシタトモコなど。
・好きなアーティストに水中、それは苦しいを挙げている。
な人だそうなので、「やばい」とか言っているような普通の女子高生では無いな。

主人公にしろ、まあ良く殴られるものだと思ったら、北村-俺様-龍平の盟友坂口拓の名前がクレジットにあった。

吉高由里子が、贅沢な使われ方をしていた。
鈴木杏も贅沢なのかもしれないが、気がつかないレベル。
神楽坂恵は、今回いらないと言えばいらない。パックで出ている吹越満も。
でんでんは、重要。

お勧め度:☆☆★ 殴打度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆






原作

ヒミズ 1 (ヤンマガKC)

ヒミズ 1 (ヤンマガKC)

  • 作者: 古谷 実
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/07/13
  • メディア: コミック


小説版

小説ヒミズ 茶沢景子の悠想

小説ヒミズ 茶沢景子の悠想

  • 作者: 山崎 燕三
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/01/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



映画データ
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2012年1月14日
上映時間: 2時間9分
配給: ギャガ
カラー

スタッフ
監督・脚本: 園子温
原作: 古谷実

キャスト
染谷将太
二階堂ふみ
渡辺哲
吹越満
神楽坂恵
光石研
渡辺真起子
黒沢あすか
でんでん
村上淳


俺にとって、ヒミズと言えば、暗黒拳の創始者、死刑囚氷水師父だ。
この人↓

ジミー先生並の技。

偉そうなこと言っているが、実際は「クゥァー。ペッ!」とか汚い爺。

この辺から登場。

男大空 7 (MFコミックス)

男大空 7 (MFコミックス)

  • 作者: 雁屋 哲
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2004/02/23
  • メディア: コミック




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。