So-net無料ブログ作成

哀しき獣 [亜州映画☆☆★]

2012年1月7日(土) 21:10~ TOHOシネマズ川崎3
料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認

『哀しき獣』公式サイト

バイオレンス韓国の中でも、異常なほどの疾走感と凄まじい救いの無さで、圧倒的存在感を示した「チェイサー」。

その監督と役者がトリオで再登場だ。期待するよな。

相変わらずの疾走感溢れるバイオレンスぶりで、主人公の男の逃走能力は、ハリソン・フォードのそれを遥かに凌駕する。
チェイサーで異常なスタミナを見せたデブだが、今回はターミネーター級の無敵ぶりを誇る。
そして、韓国の警察は、相変わらず無能だ。

と、バイオレンス描写は、素晴らしいのだが、ドラマ部分が困ったものだ。
代理殺人の話で、登場人物がかなり入り組んでいる。沢山出てくるし。
特に、女性キャラクターの顔の区別がつかない上に、最後の方に出てくる謎の銀行員も依頼主だったりし、人間関係がいまいちよく判らないので、少しばかりチンプンカンプンのまま終了している。

女の顔を凝視し、記憶に叩き込んで見なければ、事件の真相が理解できない。
(多分、あの女は教授の嫁。銀行員と不倫関係。しかし、銀行員が主人公を見て慄く理由が判らん。)

俺の頭が悪いだけなのかもしれないが。

シンプルな構造の「チェイサー」のほうが明らかに出来は上。

お勧め度:☆☆★ 血糊度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆






映画データ
英題: 黄海
製作年: 2010年
製作国: 韓国
日本公開: 2012年1月7日
(シネマート新宿 ほか)
上映時間: 2時間20分
配給: クロックワークス
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

スタッフ
監督・脚本: ナ・ホンジン
撮影監督: イ・ソンジェ
照明: ファン・スヌク
音楽: チョン・ヨンギュ / イ・ビョンフン
編集: キム・ソンミン
録音: ジョ・ウジン
美術: イ・ウキョン

キャスト
ハ・ジョンウ
キム・ユンソク
チョ・ソンハ
イ・チョルミン
カク・ピョンギュ
イム・イェウォン
タク・ソンウン
イーエル
チョン・マンシク


韓国バイオレンス
この3作に比べると

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



息もできない [DVD]

息もできない [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]

悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


これらなんか、たいしたことないな。

復讐者に憐れみを デラックス版 [DVD]

復讐者に憐れみを デラックス版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]

オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ショウゲート
  • メディア: DVD



親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]

親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



今は、これを観たい。

ビー・デビル [DVD]

ビー・デビル [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD




nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 16

コメント 5

rose_chocolat

バラサさん今年もよろしくね!

そうそうこれって「たぶん」でしかくくれないのがいかんと思うんですよね。
私も『チェイサー』の方が全然好きです。
by rose_chocolat (2012-01-08 07:40) 

non_0101

こんばんは。この作品、分かり難いですよね。
東京国際映画祭の上映後のQ&Aでも、それが分からなかったら面白くなかったろうなと思える核心部分についての質問が出ました^_^;
> あの女は教授の嫁。銀行員と不倫関係。
そうです~ だから主人公の前で悲しんでいた教授の嫁は本当は教授の死を願っていたのですよね。
それまでは教授が裏社会のボスの愛人をとったからという理由だけが出ていましたけど、銀行員は教授の殺人を別口で依頼していました。
主人公はもう世間的に指名手配されていて顔が知られていたので、
そんな殺人犯である主人公が殺人を依頼していた自分を見つめているのに気付いてびっくりしたのかなと思いました☆
by non_0101 (2012-01-08 19:44) 

バラサ☆バラサ

>rose_chocokatさん
こちらこそ、よろしゅう。

登場人物が無駄に多い感じですね。銀行員と教授嫁あたりは、端折ってよかった。

>non_0101さん
>主人公はもう世間的に指名手配されていて顔が知られていたので、
そんな殺人犯である主人公が殺人を依頼していた自分を見つめているのに気付いてびっくりしたのかなと思いました☆

なるほど!腑に落ちました。


by バラサ☆バラサ (2012-01-10 00:26) 

キキ

こんにちは。
観てきました。
登場人物が多いのと名前が覚えられないのと
同じ人物への殺人依頼がダブったんで後半はなにがなにやらの展開でしたね。でも面白かったです。
スッキリ納得出来た『チェイサー』の方が私も好きですが
ラストのグロで2回観たいとは思えないです。^^;

by キキ (2012-01-15 15:00) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

人多すぎでした。銀行員と嫁の共謀が要りません。

で、「チェイサー」を観るのは、確かにシンドイです。

by バラサ☆バラサ (2012-01-19 16:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。