So-net無料ブログ作成
検索選択

ワイルド7 [日本映画☆☆]

2012年1月1日(日) 14:20~ TOHOシネマズ川崎2
料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認

『ワイルド7』公式サイト

高評価をしてしまった「THE LAST MESSAGE 海猿」だが、監督の羽住英一郎を信用した訳でない。
また、飛葉役とユキ役に多大な不安があり、一部メンバーの名称の変更も気になる。
相当の覚悟をして観に行ったので、ダメージは少ないが、単館系の日本映画を観ないような輩に、「だから、邦画は駄目なんだ。」と偉そうに語られるレベル。

羽住得意の、感動させたいシーンの長回しが後半に連続炸裂するのもさることながら、阿呆みたいな設定、いい加減なストーリー、銃撃戦オンリーのショボイアクション。想定の範囲内であったが、かなりガッカリだ。

特に、飛葉のバイクの曲乗りや、八百(ソックス)の改造バイクによる崖登りなどのアクションが無いのは、あまりにも原作を蔑ろ。上手く作れば、かなりの見せ場になるのに。

八百の改造バイク
八百

テレビドラマ版のオマージュとしては、序盤に飛葉がやたら「ドブさらい」を連発するところか。
「お前にやれるがやれぬことならば、俺がこの手でやってやる。そうさこの世のドブさらい。悪にゃ滅法強い奴、・・・・・・」
どうでもいいけど。


何故に、両国、八百、チャーシューの名前を変えたのだ。
ヘボピーは何故そのまままなのだ。そして何故デブでないのだ。

そもそも、元々陽性なキャラクターである飛葉を、屈折した暗い青年にしてはいかんよ。

ユキに関しては、川に降りるシーンも吹替えと思われるので、ノーコメント。

草波は、いいキャスティングだ。
オヤブンは、翔兄貴のほうが望ましい。原作のオヤブンにぴったり。宇梶は、新境地のオカマのマスターを演じていろ。

やはり、キャストが一番の欠点。中井貴一以外、全員失格。

お勧め度:☆☆ 原作リスペクト度:☆★ 俺度:☆★






映画データ
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年12月21日
上映時間: 1時間49分
配給: ワーナー・ブラザース映画
カラー

スタッフ
監督: 羽住英一郎
原作: 望月三起也
脚本: 深沢正樹

キャスト
瑛太
椎名桔平
丸山隆平
阿部力
宇梶剛士
平山祐介
松本実
要潤
本仮屋ユイカ
中原丈雄
吉田鋼太郎
深田恭子
中井貴一


原作。

ワイルド7 1 野生の7人編 (ぶんか社コミック文庫)

ワイルド7 1 野生の7人編 (ぶんか社コミック文庫)



テレビドラマ版

ワイルド7 DVD-BOX

ワイルド7 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング
  • メディア: DVD


OVA。原作の1,2話。

TOKUMA Anime Collection『ワイルド7』 [DVD]

TOKUMA Anime Collection『ワイルド7』 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • メディア: DVD




nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。