So-net無料ブログ作成

リアル・スティール [外国映画☆☆☆☆]

2011年12月14日(水) 19:15~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ7
料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認

『リアル・スティール』公式サイト

色々な映画の良いところ採りな感じの安心の娯楽作品。例えるならBOSTONのDON'T LOOK BACK。映画ではないけど。
個人的には、ロッキー・バルボアの匂いを一番嗅ぐ。ロッキー全話。

ATOMが特別な存在だと言って、「僕の言うことが解るの?」、「二人だけの秘密だ」などと話すから、最後はジャイアントロボ化して、自分の意思で行動でもするのかと思ったが、そんなものでは無く、なるほどその手があったか!と、最終ラウンドの攻防がとてもいい。
いや、本当にジャイアントロボにならなくて良かったよ。「ロボ!戻って来い!」(勝利の凱歌だぁ~)ドカーンは、名場面だけどな。あれで泣かない奴は、精神が腐っている。

クライマックスは、「ロッキー」一作目級の興奮だった。別に勝たなくても良い所も。

ATOMの顔は、埴輪みたいだ。ヒュー・ジャックマンが購入するロボットには、「悪」とか漢字が書いてあるし、それも日本の影響か。ヒュー・ジャックマンの息子役は、世界一の日本のゲームで日本語を覚えたとか言っているし。
だが、登場するロボットには、あからさまに日本のアニメみたいなのは、いなかった。テッコンVみたいなのが、マジンガーZみたいなのに、ボコボコにされるシーンとかあれば良かったのに。でも、どっちがVでどっちがZか解らないか。あー、それにしても「テッコンV」見てえなぁ。

関係ないけど「トイレット」で出てくるロボットフィギュアの造型は酷かったな。

アトムと書かずATOMと表記するのは、「鉄腕アトム」への配慮か遠慮か。

お勧め度:☆☆☆☆ ロッキー度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆








映画データ
英題: REAL STEEL
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年12月9日
上映時間: 2時間8分
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
カラー

スタッフ
監督: ショーン・レヴィ
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ / ロバート・ゼメキス

キャスト
ヒュー・ジャックマン
エヴァンジェリン・リリー
ダコタ・ゴヨ
ケヴィン・デュランド
アンソニー・マッキー
ホープ・デイヴィス


原作が短編で存在。

リアル・スティール (ハヤカワ文庫NV)

リアル・スティール (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: リチャード・マシスン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/10/14
  • メディア: 文庫



リアル・スティール (角川文庫)

リアル・スティール (角川文庫)

  • 作者: リチャード・マシスン
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/11/25
  • メディア: 文庫



何と原作者は、数多くの映画に関与
「激突!」の記事

激突!スペシャル・エディション [DVD]

激突!スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


「アイ・アム・レジェンド」の記事

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


「運命のボタン」の記事

運命のボタン [DVD]

運命のボタン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


「ある日どこかで」の記事

ある日どこかで 【ベスト・ライブラリー1500円:80年代特集】 [DVD]

ある日どこかで 【ベスト・ライブラリー1500円:80年代特集】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


面白くなかった

奇蹟の輝き [DVD]

奇蹟の輝き [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本ヘラルド映画(PCH)
  • メディア: DVD


観ていません

ヘルハウス [DVD]

ヘルハウス [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD



参考資料
ジャイアントロボ


BOSTON - DON'T LOOK BACK



ドント・ルック・バック

ドント・ルック・バック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2007/04/18
  • メディア: CD








nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(38) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 5

sakurai

だんだん、大魔神に見えてきましたわ。
よっぽど、日本に気使ってるのか、好きなのか、日本語まで御披露してもらって、こそばゆかったですわ。
あたしは、秘密はあれは実の親子ではない!とにらんでるのですが、どうでしょう。
やたら11年と10年にこだわってたし。。
by sakurai (2011-12-15 20:19) 

SUZU

あの埴輪みたいな顔がまた愛嬌を感じてしまって、応援したくなっちゃうんですよね。
この作品、しっかり土台から作ってあって見ごたえもあって満足でしたよ
by SUZU (2011-12-15 23:47) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん
大魔神も怒る前は、埴輪ですよね。
わたしも実の息子でないのでないかと疑ったのですが、ヒュー・ジャックマンは、「9歳か?」とか聞いて、子供は「11歳だい!」と答えているので、時間軸的に、それは無いなと判断しました。それともキャロライン(だったか)は、子供を隠して、ヒュー・ジャックマンと付き合ったのでしょうか。

>SUZUさん
ハニ丸とかいうのを思い出しました。世界的に受ける顔なのでしょうか。

by バラサ☆バラサ (2011-12-19 18:09) 

maki

ボクシング映画に間違いはないといいますが、
これもあてはまりましたね
ATOMというあまりにもアレな名前にはちょっとどうだろうと思っちゃったのですが、後半の父親の姿に涙する息子のシーンで感動できてしまいました
やっぱり父親は子供にとってのヒーロー!
by maki (2012-05-31 09:48) 

バラサ☆バラサ

>makiさん

「ロッキー最後の戦い」なるものも、父と子の和解の話だったかも。

by バラサ☆バラサ (2012-06-03 13:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 38

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。