So-net無料ブログ作成

イップ・マン 序章 [亜州映画☆☆☆]

2011年12月4日(日) 11:50~ キネカ大森1
料金:1000円(Club-C会員料金) パンフ:非売


イップ・マン 序章 [DVD]

イップ・マン 序章 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



『イップ・マン 葉問』公式サイト

キネカ大森 名画座 ドニー・イェン特集。
処刑剣 14 BLADES」との二本立てだったが、そちらは観ているのでパスした。

大傑作「イップ・マン 葉問」の前日譚。つまり、こちらが一作目で、あちらは二作目だ。「ワンチャイ」のようにあちらの方が面白いので、あちらが先に公開されたのか、敵役の問題であちらだけ公開したのか定かでないが、あちらがそれなりの観客動員したら、こちらを公開するということだったが、あちらは目標をクリアし、こちらが無事に劇場公開された。
新宿武蔵野館での公開は見逃したが、キネカ大森で上映されたので、なんとか劇場で鑑賞できた。

個人的には、やはり、「イップ・マン 葉問」の方が面白い。

あちらは、まるで「ロッキー4」のような荒唐無稽エンタテイメント要素があるが、こちらは日本軍が敵役なのでかなりシリアスである。精武門系の雰囲気。
で、日本軍が傍若無人の限りを尽くすかというと、思ったほどでもない。渋谷天馬なる人物の佐藤大佐が、憎たらしい小悪党なレベルである。が、変態のような嫌らしい演技はいける。知らん人なんだが、真実は日中友好の文化活動に勤しむ役者らしい。
最大の弱点は、ドニーさんの敵役が三浦将軍こと池内なのだからか、彼なりに健闘しているのだが、あっさりと惨敗だったところだ。クライマックスなので、もう少し奮闘して欲しかった。ちょっと盛り上がりに欠ける。
ま、池内本人の格闘能力に関係なく、作品上日本人には圧勝しなくてはいけないという事なのだろう。

全編通じて、ドニーさんはウォン・フェイフォン状態。ほぼ敵の攻撃は当たらない。池内のが2、3発当たったくらい。

お勧め度:☆☆☆ 日本鬼子度:☆☆★ 俺度:☆☆☆★








ドニー・イェン傑作選。

イップ・マン 葉問 [DVD]

イップ・マン 葉問 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


VSサモ・ハン

SPL 狼よ静かに死ね 特別版 [DVD]

SPL 狼よ静かに死ね 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD





VSリンチェイ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱 [Blu-ray]

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地大乱 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: Blu-ray



ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD


葉問の流派の始祖の話。始祖は、ミシェル・ヨー。実は観ていない。

詠春拳 [DVD]

詠春拳 [DVD]

  • 出版社/メーカー: マクザム
  • メディア: DVD




nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(8) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。