So-net無料ブログ作成

キリング・フィールド [外国映画☆☆☆]

2011年12月3日(土)
録画再生(BS プレミアム 2011年9月26日13:00放送)


キリング・フィールド スペシャル・エディション [DVD]

キリング・フィールド スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD



今年公開の「僕たちは世界を変えることができない。」で、丁寧に解説頂いたクメール・ルージュの民主カンボジア前後の実話。再見だが、20年ぶり。印象は以前と変わっていなかった。

ニューヨーク・タイムズのアメリカ人記者とカンボジア人の通訳の話。
クメール・ルージュのプノンペンへの侵攻で外国人記者は国外へ脱出となるが、カンボジア人のプランは、偽パスポートの作成に失敗、国内に留まることとなる。クメール・ルージュのメンバーでないプランは、強制労働に従事させられ・・・。

「僕たちは世界を変えることができない。」で、言葉だけで語られたものの映像を見ることができる。それはかなりインパクトがあるよ。どこまで誇張されているのは判らないが。

特に、ちょっとクメール・ルージュの連中が、「ディア・ハンター」のベトコンのように描かれているので、アジア人蔑視のような不愉快な思いはする。これは誇張だろう。

クメール・ルージュで、部下に殺されてしまう理想家みたいな奴がいるのが救いか。

しかし、かなりの力作であり、一度は観ておきたい作品だ。

お勧め度:☆☆☆ 虐殺度:☆☆☆ 俺度:☆☆




予告編


監督は、その後「ミッション」

を撮ったのだが

ミッション HDニューマスター版 [DVD]

ミッション HDニューマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD



その後、何故か「キャプティビティ」みたいな

変態系スリラーを撮っている。

キャプティビティ (特別編) [DVD]

キャプティビティ (特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



この人によると虐殺は無いそうだ。

わたしが見たポル・ポト キリングフィールズを駆けぬけた青春

わたしが見たポル・ポト キリングフィールズを駆けぬけた青春

  • 作者: 馬渕 直城
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2006/09/05
  • メディア: 単行本



劇中にも1箇所、地雷を踏んだらサヨウナラなシーンがあった。

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)

  • 作者: 一ノ瀬 泰造
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1985/03/08
  • メディア: 文庫




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。