So-net無料ブログ作成

新少林寺/SHAOLIN [亜州映画☆☆☆★]

2011年11月27日(日) 18:40~ TOHOシネマズ川崎2
料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認

『新少林寺/SHAOLIN』公式サイト

新とあるように李連杰の「少林寺」のリメイクではない。主人公は、オッサンであるアンディ・ラウだし。が、何に対する新なのかは知らない。ちなみに、李連杰の「少林寺」を観ていなかったりする。空手映画好きの癖に。

本作は、殺戮征服三昧だった将軍が改心し、殺戮征服三昧の元部下と戦う話。古典的なテーマでありがちな気もする。特に代表的なものが思い浮かばないが。

が、この極めてオーソドックスなスタイルが何とも昔の娯楽映画の重厚さでいい。

熊欣欣さんなど、アクションの人も忠実しているので、それも素晴らしい。アンディ・ラウは、カンフーのイメージがあまり無いが、あの「マッスルモンク」はじめ多数に出演しているので、熊さん以外とはほぼ遜色ない技を披露。ニコラス・ツェーのアクションは、既に信頼すべきものであり、今回は奴にしては珍しく悪役を熱演している。
ジャイー・チェンは、少林寺の厨房係ということで、正統カンフーでないが、まるで「ベストキッド」のように、鍋や麺打ち棒(?)操作の応用で、小粋なアクションを少々披露。

全軍壊滅みたいな終わり方をするので、いまひとつカタルシスがないけれど、満足のいく一本だ。

熊欣欣さんは、全く衰えていないなぁ。

少林寺の一番弟子の人が、仁矢兄さんと大鎧状態で息絶えるのは感慨深い。気になる人は、「男大空 4 (MFコミックス)」をどうぞ。

「イップマン」のほうが好きだが、「孫文の義士団」とは同レベルに気に入った。

お勧め度:☆☆☆★ 壊滅度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆☆






映画データ
英題: SHAOLIN
製作年: 2010年
製作国: 香港・中国
日本公開: 2011年11月19日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか)
上映時間: 2時間11分
配給: ブロードメディア・スタジオ /カルチュア・パブリッシャーズ
カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

スタッフ
監督: ベニー・チャン

キャスト
アンディ・ラウ
ニコラス・ツェー
ファン・ビンビン
ジャッキー・チェン
バイ・ビン


本作は、辛亥革命の翌年との設定。ジャッキー・チェンは、革命の将軍から少林寺の厨房係へ転職したのか。

アンディ・ラウの役の人の娘の名前が「勝男」というのだが、女児に「男」とつけるのは普通なのだろうか。その昔、荘勝男という台湾出身のピッチャーがロッテにいたので、と思ったら、荘勝雄だった。じゃなくて、勝男から勝雄に改名していた。、勝男は台湾では男の名前と思われるのだが。嵩山では違うの?

超人ハルクなアンディ・ラウの基地外カンフー映画「マッスルモンク」

共演は、ニコラス・ツェーの嫁

マッスルモンク [DVD]

マッスルモンク [DVD]

  • 出版社/メーカー: アット エンタテインメント
  • メディア: DVD


監督は、ジョニー・トー先生だ。

おまけ。熊欣欣さんのインタビュー。



nice!(24)  コメント(3)  トラックバック(15) 
共通テーマ:映画

nice! 24

コメント 3

inuneko

少林寺は、一見様の子供を泊めてくれるホテルがない厳冬の京都でオールナイトで見ました。見たと云うか、起きるたびにリズミカルな訓練の場面で…。
by inuneko (2011-11-28 18:48) 

non_0101

こんばんは。
ジャッキー・チェンはあちらは痛々しそうでしたけど、
こちらはちょっと気楽な役でしたね。
こちらの方がちょっと楽しそうです(^^ゞ
by non_0101 (2011-11-28 21:48) 

バラサ☆バラサ

>inunekoさん
特番なんかで流れる映像は訓練シーンばかりな気もします。眠っていても問題なかったりして。

>non_0101さん
映画としては、こっちの方が残虐だったかなと。特にニコラス・ツェー。
by バラサ☆バラサ (2011-11-29 23:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 15

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。