So-net無料ブログ作成

1911 [亜州映画☆☆]

2011年11月22日(火) 20:50~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ5
料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認

『1911』公式サイト

中華民国建国の辛亥革命の話。

ジャッキー・チェンが総監督という渾身の力作なのだが、字幕での解説が多く、話の脚色がよろしくないのだろう、散漫な感じがする面白くない凡作だ。
その字幕の解説は、シネマスコープの右側に写されるので、左端に席を取ったら見難いのなんの。

袁世凱が偉くなって終了だなんて、寧ろその後を見たかったのに。

何とも半端な大作。

同じ孫文なら、やはり「孫文の義士団」だ。あるいは、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱

お勧め度:☆☆ 解説多過ぎ度:☆☆☆★ 俺度:☆☆








映画データ
英題: 辛亥革命/1911
製作年: 2011年
製作国: 中国
日本公開: 2011年11月5日
(丸の内TOEI ほか)
上映時間: 2時間2分
配給: 東映
カラー

スタッフ
総監督: ジャッキー・チェン
監督: チャン・リー

キャスト
ジャッキー・チェン
ジャン・ウー
ウィンストン・チャオ
リン・ポン
ジェイシー・チェン
リー・ビンビン
ユィ・シャオチュン
ジョアン・チェン
フー・ゴー


歴史を学ぶ

辛亥革命 (1972年) (岩波新書)

辛亥革命 (1972年) (岩波新書)

  • 作者: 野沢 豊
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1972/02/25
  • メディア: 新書



孫文〈上〉武装蜂起 (中公文庫)

孫文〈上〉武装蜂起 (中公文庫)

  • 作者: 陳 舜臣
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫



孫文の辛亥革命を助けた日本人 (ちくま文庫)

孫文の辛亥革命を助けた日本人 (ちくま文庫)

  • 作者: 保阪 正康
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/08/10
  • メディア: 文庫



孫文と袁世凱―中華統合の夢 (現代アジアの肖像 1)

孫文と袁世凱―中華統合の夢 (現代アジアの肖像 1)

  • 作者: 横山 宏章
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1996/01/08
  • メディア: 単行本



洪秀全・孫文・袁世凱・溥儀 中国の近代 (ぎょうせい学参まんが 世界歴史人物なぜなぜ事典)

洪秀全・孫文・袁世凱・溥儀 中国の近代 (ぎょうせい学参まんが 世界歴史人物なぜなぜ事典)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 1993/06/01
  • メディア: 単行本



こんなものを発見。リンチェイじゃないけど。

ワンス・アポン・ア・タイム・チャイナ 辛亥革命 完全版〈2枚組〉 [DVD]

ワンス・アポン・ア・タイム・チャイナ 辛亥革命 完全版〈2枚組〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: クリエイティブアクザ
  • メディア: DVD




nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(19) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 4

non_0101

こんにちは。
歴史の勉強をさせてもらっているような作品でした。
これはきっと私のように歴史を知らない人のための映画かも知れませんね^_^;
「孫文の義士団」の怒涛の勢いは凄かったです☆
by non_0101 (2011-11-23 14:18) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん

忠実に近代史を描いている感でした。Eテレみたいな。

by バラサ☆バラサ (2011-11-28 13:04) 

hash

辛亥革命を2時間で学びましょうという感じでした。
あまり関心がないので、辛い2時間でした。
by hash (2011-11-29 00:36) 

バラサ☆バラサ

>hashさん

それなりに興味はあったのですが、孫文は海外行きっぱなしだし、地味な展開が眠かったです。

by バラサ☆バラサ (2011-11-30 00:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 19

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。