So-net無料ブログ作成

ハートブレイカー [外国映画☆☆★]

2011年11月6日(日) 18:35~ ヒューマントラストシネマ有楽町2
料金:0円(Club-Cポイント利用) パンフレット:未確認

『ハートブレイカー』公式サイト

姉夫婦と別れさせ屋を生業としている青年が、ターゲットの女性に惹かれていき、そのターゲットの女性も真の恋を知るというありがちなラブ・コメディだ。(多くは、好きな相手にくっつけようと協力しているうちに共闘している筈の二人が・・・というパターンか。)

総じて楽しめる作品なのだが、青年役のロマン・デュリスと特にヒロインのヴァネッサ・パラディの容姿も役の人間性もいまいち魅力的でないこと、(ファンにはすまんが)
ジョナサン君が、真面目で面白みに欠けるというだけで婚約破棄になるという理不尽さ、(金持ちの賢い青年なのに係わらず(少し家族が感じ悪いかも))
から、異常に説得力の乏しい作品となってしまった。

せめてジョナサン君が、「ウェディング・シンガー」でのドリュー・バリモアのフィアンセのように鼻持ちならぬ男であれば・・・。(ただ、あの映画のドリュー・バリモアはヴァネッサと違い貧乏だった。)

姉の夫は、かなりのハイテク機器(と言ってもノートPC)を操作し、モナコの公道のカメラからの映像まで捉える。相当のコストがかかりそうなのだが、3万ユーロを返せない連中にその維持は可能なのだろうか。

Wham!と「ダーティ・ダンシング」が好きだという設定は、それ自体で笑いをとるためだったのだろうか。

お勧め度:☆☆★ ハイテク度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆






映画データ
英題: L'ARNACOEUR
製作年: 2010年
製作国: フランス/モナコ
日本公開: 2011年10月29日
(ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか)
上映時間: 1時間45分
配給: 熱帯美術館
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

スタッフ
監督: パスカル・ショメイユ
脚本: ローラン・ゼイトゥン / ジェレミー・ドナー / ヨアン・グロム
製作: ニコラ=デュヴァル・アデソフスキー / ヤン・ゼヌー / ローラン・ゼイトゥン
ラインプロデューサー: カミーユ・リプマン
撮影監督: ティエリー・アルボガスト
編集: ドリアン・リガル=アンス
フレーム: ジャン=ポール・アゴスティーニ
衣装デザイン: シャルロッテ・ブタイヨール
音響: パスカル・アルマン
音楽: クラウス・バデルト
メイクアップ: セリーヌ・コリネ
振付: クリストフ・ダンショ

キャスト
ロマン・デュリス
ヴァネッサ・パラディ
ジュリー・フェリエ
フランソワ・ダミアン
エレーナ・ノゲラ
アンドリュー・リンカーン
ジャック・フランツ
アマンディーヌ・ドゥヴァーム
ジャン=イヴ・ラフェッス
ジャン=マリー・パリス


劇中での重要アイテムの1。何かの罰ゲームか?



Make It Big

Make It Big

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1988/06/15
  • メディア: CD



重要アイテムの2。



ダーティ・ダンシング [DVD]

ダーティ・ダンシング [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD



nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。