So-net無料ブログ作成

飛行艇クリッパーの客 [書籍]

飛行艇クリッパーの客

飛行艇クリッパーの客

「大聖堂」で有名なケン・フォレット作。「大聖堂」は、あまりに長いので手を出していないのだけど。
これは、昔購入して読んだ本。今は、残念ながら絶版。飲み屋でケン・フォレットの話題が出た時に、「じゃあ、貸すよ。」となったので、貸す前に読み直してみた。
全くストーリーを忘れていたので、面白く読めたよ。

第二次世界大戦前後に大西洋太平洋間を就航していたパンナムの飛行艇クリッパー。
これは、イギリスとドイツが開戦した時のイギリスからアメリカへ飛行するクリッパーを舞台とした群集劇。

嫁をギャングに攫われて、飛行艇を不時着させろと脅されている飛行艇のエンジニア筆頭に、偽のパスポートでアメリカへ渡ろうとする泥棒、亭主を捨てアメリカ人の男と渡米しようとする主婦、それを追いかける英国田舎紳士、弟に会社を乗っ取られれようとしているアメリカ婦人、凶悪犯と護送のFBI、イギリスから逃げ出すファシストとその家族などなど、多種多様な人物が出てくる出てくる。

一人を除いて、皆それなりの描写があるも、クライマックスに向けて鮮やかに話は進行する。
ま、この一人の扱いは、あんまりなので、これが映画だとしたら、この役は不人気だろう。カメオというレベルだ。

ラストの若い二人も清清しい。
パーシー君にも栄光あれ!

そこら中で恋しているのは、ちょっと何だけど。

映画にすると面白そうな題材なんだけどなぁ。尺も丁度よさそうだし。

クリッパーは、ボーイング314というもので、12機のみ製作されたそうだ。
飛行艇という名前から飛行船を想像し、胴体が丸いものなのかと思ったが、こんな形態だ。
Boeing-314-Clipper-PanAm002

フライトデッキ
フライトデッキ

操縦席
操縦席

お勧め度:☆☆☆★ 大団円度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★




ボーイング314に関しては、洋書が見つかった。模型は見つからない。

Last of the Flying Clippers: The Boeing B-314 Story (Schiffer Military/Aviation History)

Last of the Flying Clippers: The Boeing B-314 Story (Schiffer Military/Aviation History)

  • 作者: M. D. Klaas
  • 出版社/メーカー: Schiffer Pub Ltd
  • 発売日: 1998/08
  • メディア: ハードカバー



Boeing 314

Boeing 314

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Alphascript Publishing
  • メディア: ペーパーバック



ケン・フォレットの大聖堂とその続編

大聖堂 BOXセット (ソフトバンク文庫)

大聖堂 BOXセット (ソフトバンク文庫)

  • 作者: ケン・フォレット
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2009/12/21
  • メディア: 文庫



大聖堂 果てしなき世界 BOXセット (ソフトバンク文庫)

大聖堂 果てしなき世界 BOXセット (ソフトバンク文庫)

  • 作者: ケン・フォレット
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2009/12/21
  • メディア: 文庫



NHK-BSで放映していたのを録画済。大長編の大聖堂は、まずは、これで対応だ。

ダークエイジ・ロマン 「大聖堂」 [DVD]

ダークエイジ・ロマン 「大聖堂」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。