So-net無料ブログ作成

戦場にかける橋 [外国映画☆☆☆]

2011年10月23日(日) 14:00~ TOHOシネマズみゆき座
料金:1000円


戦場にかける橋  HDデジタル・リマスター版 ブルーレイ・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

戦場にかける橋 HDデジタル・リマスター版 ブルーレイ・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



『第二回 午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』公式サイト

TOHOシネマズの『午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』の赤の50本のひとつ。

『クワイ河マーチ』を、「ボギー大佐」として、小学生の頃演奏させられた。打楽器系を希望したのだが、担当はタンバリンだったよ。演奏本番当日まで、一人リズムが遅れていたらしい。終了後に、担任に言われた、「どうなることかと思ったけど、良かったよ。」そう、俺は音感やリズム感が劣っているらしい。カラオケには行くし、エアギターするけど。

大長編監督の大長編3本の中で比較的短いこれは、今回初見。「ドクトル・ジバコ」は、まだ観ていない。

比較的短いとは言え、2時間40分超である。ストーリーにそれなりに動きはあるが、内容はドラマであり、橋を作る奴と壊す奴の3ヶ月間くらいの話なので、ちょっとばかり眠かった。

だが、最後の戦争の虚しさ、無常感の表現は、言葉で長々と現さなくとも、流石は名作である。一生懸命戦争反対を語る「CASSHERN」とは、大違いだ。なんて比べるのは失礼。
そして、CGではない実写ならではの迫力。

しかし、橋を架ける技術において、日本人が英国人より劣っているというのは、史実の歪曲でないのか。

お勧め度:☆☆☆ 無常度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆






史実

歴史和解と泰緬鉄道 英国人捕虜が描いた収容所の真実 (朝日選書)

歴史和解と泰緬鉄道 英国人捕虜が描いた収容所の真実 (朝日選書)

  • 作者: ジャック・チョーカー
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 単行本



戦場にかける橋 泰緬鉄道をゆく―60年ぶりの再訪の旅

戦場にかける橋 泰緬鉄道をゆく―60年ぶりの再訪の旅

  • 作者: 谷津 弘
  • 出版社/メーカー: 朝文社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本




タグ:戦争映画
nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 2

まる

 こんばんは。
 「ボギー大佐」懐かしいです。
私も小学校の運動会で演奏した記憶があります。
by まる (2011-10-24 00:44) 

バラサ☆バラサ

>まるさん

まるさんも演奏されましたか。

by バラサ☆バラサ (2011-10-24 18:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。