So-net無料ブログ作成

カウボーイ&エイリアン [外国映画☆☆★]

2011年10月22日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎6
料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認

『カウボーイ&エイリアン』公式サイト

何本目だよの侵略物。今回は、西部劇仕立て。

異星人が、19世紀以前に登場する作品を知らない。「竹取物語」以外。

金を採掘かつ食用は人間で長期滞在の異星人に対し、謎の兵器を腕に付けたダニエル・クレイグ中心に抵抗する西部劇。

巨漢の異星人が、日中はハンデがあるらしい(多分明るい所では謎の兵器を上手く使えないのだろう)としても、駅馬車強盗やネイティブ・アメリカンのほぼ徒手空拳に容易にやられてしまうのは、あまりにも虚弱するぎるというものだが、話自体が単純に楽しめたから、まあ文句は言うまい。
何の捻りも無い単純なストーリーを、西部劇仕立てにしただけなんだが。

カウボーイは、一名を除き途中で奔走するので、タイトルには偽りがあるかと思う。

バカでどうしようもなかったハリソン・フォード元大佐のドラ息子が、記憶を失い好青年になりそうなのは、手塚先生の「ザ・クレーター」のエピソードを思い出す。異星人のお蔭で弟のバカが直るという話。良かったな。

19世紀以前の異星人出演だが、ちょっと調べたら「タオの月」「大帝の剣」が見つかった。観ているのに忘れてた。「大帝の剣」は、黒木メイサ以外見所の無い最低クラスの作品だった。
洋画は面倒なので、調べるのを放棄。

(口からも)腹からも腕が出てくる異星人だが、円谷プロのイカルス星人などのように素っ裸と思われる。

「世界侵略」より下、「スカイライン」より上。でも、俺は、どれも好き。

お勧め度:☆☆★ 異星人虚弱度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★






映画データ
英題: COWBOYS & ALIENS
製作年: 2011年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年10月22日
上映時間: 1時間58分
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン
カラー

スタッフ
監督: ジョン・ファヴロー
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
製作: ロン・ハワード

キャスト
ダニエル・クレイグ
ハリソン・フォード
オリヴィア・ワイルド
サム・ロックウェル


19世紀以前の宇宙人

竹取物語 [DVD]

竹取物語 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



タオの月 [DVD]

タオの月 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



大帝の剣 [DVD]

大帝の剣 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD




ザ・クレーター (手塚治虫文庫全集 BT 45)

ザ・クレーター (手塚治虫文庫全集 BT 45)

  • 作者: 手塚 治虫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/03/12
  • メディア: 文庫


収録の「紫のベムたち」が、異星人のお蔭でバカが直るという話。どこかに訴えられても・・・。
「オクチンの奇怪な体験」は泣ける。


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(31) 
共通テーマ:映画

nice! 20

コメント 2

inuneko

ムー的に考えると、来年あたり異星人の侵略がアメリカ政府によって公けにされることの仕込みで慣らされてるんじゃないでしょうか!びっくりしないように。そしてどの宇宙人も弱点は胸!
by inuneko (2011-10-23 09:43) 

バラサ☆バラサ

>inunekoさん
2chおよび某宗教団体関係者から見聞したところでは、オバマ就任後すぐに地球外生命体の存在を公表するとのことでしたが。

ゼットンは、胸でスペシュウム光線を跳ね返しました。あ、あれは宇宙人じゃなくて恐竜か。

by バラサ☆バラサ (2011-10-23 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 31

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。