So-net無料ブログ作成

夜明けの街で [日本映画☆☆]

2011年10月10日(月) 15:55~ TOHOシネマズららぽーと横浜7
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『夜明けの街で』公式サイト

TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。22本目。

岸谷五朗と深田恭子の不倫と言う理解できかねるシチュエーション。何故に深田恭子さんほどの方が、五朗なんぞに惚れるのだ。深田恭子以外見所が無いと確信したのだが、フリーパスなので観ることに決定。

上映前に、紀伊国屋を覘くと東野圭吾の原作本を発見。東野圭吾原作とは知らなかった。何だ少しは期待していいのかと、考えを改める。

しかし、確かに、それらしきオチがあるのだが、それに至る過程があんまりな伏線無し状態なので、結局、納得のいかない出来の作品となっていた。
前半なんて、笑えないコメディ状態だぜ。その状況で流れる音楽が煽るように酷い。
また、いい歳した大人の男女が(正確には五朗だけ)、クリスマス・イブ、バレンタイン・デーのみならず、ホワイト・デーまで重視しているのは笑止だ。
そして、携帯のアドレスを入手しているのに、会社のメールで連絡をとるとは。そんなことだからオメダの後塵を拝しているのだ、吾朗よ。
やはり、深田恭子以外見所が無い。

が。自らの復讐のために五郎を利用したという訳なのだが、愛娘まで捨ててドロドロにのめり込む程の魔性の魅力が描かれていなかったので、残念ながら深田恭子もある意味失格だ。監督が悪いんだろうけど。

ミステリーな要素が、最後のほうまで全面排除なのも、宜しくないのでないか。時効という言葉を蔑ろにし過ぎでないの。いや、原作はどんなのか知らないのだけどね。

それは兎も角、フリーパス行使中だが、もう一つの不倫映画、かつ、もう一つの深田恭子出演映画は、どうしても観る気になれない。

お勧め度:☆☆ ミステリー度:☆★ 俺度:☆☆






原作

夜明けの街で (角川文庫)

夜明けの街で (角川文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/07/24
  • メディア: 文庫


上映後、少し立ち読み。

映画には、原作に無いエンディングが追加。作品がミステリーの要素より不倫を強調している象徴。「不倫良くない!」のメッセージ?
この場面の情けない五朗は良かった。悪くない脚色だと思う。

五朗の親友役の石黒賢は、劇中五朗の不倫を懸命に諌める。こいつ経験者だと思ったら、小説の番外編としてそのエピソードが掲載。

映画データ
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2011年10月8日
上映時間: 2時間9分
配給: 角川映画
カラー

スタッフ
監督: 若松節朗
原作: 東野圭吾
脚本: 川崎いづみ
キャスト
岸谷五朗
深田恭子
木村多江
石黒賢
萬田久子
中村雅俊


不倫と言えば、

DVDは、出ていない。「課長島耕作」もだが。


タグ:ミステリー
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 2

まゆゆ

全て同感です。深田恭子チャンは、可愛いですね。

同じく、セカンドバージンはパスです。

( ━☞´◔‿ゝ◔`)━☞

by まゆゆ (2011-10-15 08:38) 

バラサ☆バラサ

>まゆゆさん

「セカンドバージン」は、誰が観るのだろうと訝ってしまいますね。
ターゲットは誰なんだ。

by バラサ☆バラサ (2011-10-16 14:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。