So-net無料ブログ作成

スリーデイズ [外国映画☆☆★]

2011年10月2日(日) 18:00~ TOHOシネマズららぽーと横浜6
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『スリーデイズ』公式サイト

TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。16本目。

すべて彼女のために」のリメイク。監督がポール・ハギスとなり、脚本にもポール・ハギスの名。

オリジナルの細かいところは、よく覚えてないのだが、出だしや脱獄者(クワイ=ガン・ジン)へのインタビュー、パスポート入手の件、金の強奪、女房奪還は、オリジナル通りでないか。

で、オリジナルと比較すると尺が長くなっているので、どこが異なっているのかと思ったら、女房奪還後に警察から逃げ切るまでが、長く描かれていた。

あっという間に逃げ切った前作と比較すると、映画としてのバランスは、こちらの方がいいだろうが、前半が少し間延びしている感があり、そのため、尺が短くテンポの良かったオリジナルのほうに軍配を上げる。

「すべて彼女のために」は、DVD化で「ラスト3デイズ 〜すべて彼女のために〜」と改題されている。一方、本作の原題は、'The Next Three Days'だ・・・。

話としては、冤罪を晴らすのでなく、脱獄するし国外逃亡というものなので、オリジナル同様に釈然としない。

お勧め度:☆☆★ オリジナル忠実度:☆☆★ 俺度:☆☆★







ラスト3デイズ~すべて彼女のために~ [DVD]

ラスト3デイズ~すべて彼女のために~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




映画データ
英題: THE NEXT THREE DAYS
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年9月23日
(丸の内ルーブル ほか)
上映時間: 2時間14分
配給: ギャガ
カラー/シネマスコープ/ドルビーSR/ドルビーデジタル

スタッフ
監督・脚本・製作: ポール・ハギス
製作: マイケル・ノジック / オリヴィエ・デルボス / マルク・ミソニエ
製作総指揮: アニエス・メントレ / アンソニー・カタガス
撮影: ステファーヌ・フォンテーヌ
音楽: ダニー・エルフマン

キャスト
ラッセル・クロウ
エリザベス・バンクス
ブライアン・デネヒー
レニー・ジェームズ
オリヴィア・ワイルド
タイ・シンプキンス
ヘレン・ケアリー
リーアム・ニーソン



nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 2

sakurai

なるほどねえ。
バランス的には、脱獄もんにしては、間延びしてましたね。それは感じた。
いずれオリジナル版を見ようと思ってますが、妻はオリジナルの方がよさそうです。
釈然としない話が得意なハギスですが、どうにもしゃっきりしない終わり方でした。

先週のこっちのラインナップが凄くて、これと「この愛のために撃て」だったんですよ。

by sakurai (2011-11-28 21:12) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

オリジナルも脱獄なので、釈然としません。

「この愛のために撃て」は、タイトルはアレですが、面白い作品ですよね。


by バラサ☆バラサ (2011-11-30 00:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。