So-net無料ブログ作成

4デイズ [外国映画☆☆]

2011年9月25日(日) 19:00~ TOHOシネマズららぽーと横浜5
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『4デイズ』公式サイト

TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。10本目。


取りあえず観ている最中は退屈することはないが、何をしたかったのか謎な映画だ。

元デルタフォースの爆弾のスペシャリスト。アラブの名前に改名し、アメリカの3都市に核爆弾を仕掛けたとビデオで声明を残す。4日後の金曜日の正午に爆発するよ。
テロリストへの尋問は、拷問も行われるとのことを知った上で、何故か防犯カメラの前で30分ほど立ち尽くし、わざと捕まる犯人。
政府に雇われてやってくるのは、尋問のプロのサミュエルLジャクソン。尋問というより拷問なのだけど。
一生懸命拷問に励むサミュエルだが、犯人は爆弾の場所の在り処を教えるための要求さえしない。わざわざ拷問に耐えて、明日になったら言うってどういうこと。
要求が出された。しごくまともな事だから呑めよ。と言うサミュエル。政府は呑まない。で、拷問再開。
拷問もレベルがあがり、FBIのキャリー・アン・モスに泣きつく。狂言だったのだ、と。証拠を見せろというキャリー・アン・モスだったが、証拠は、ショッピングモールでの爆弾事件だった。53人死亡。
狂言でなかった。おかげで、拷問が止まって体が休めぜたと言い放つ犯人。泣きついたのは時間稼ぎだったのだ。
思いもよらぬ拷問を行うとサミュエル。まず犯人の女房を血祭り。続いて子供に手をかけようとするが・・・。

サミュエルの仕事はアレだし、犯人が拷問されるの判っていてわざと捕まるとか、究極の変態プレーかよ。
まったく、何をしたかったのか判らん作品だ。

アメリカ側に、拷問に屈しないで、爆破を遂行することで、無力感を味あわせたかったのかね。

拷問シーンは、「ホステル」とかと異なり直接的な描写は無く、キャリー・アン・モスが、'Oh! My god.'とか言っているシーンに置き換わるので、思ったほどの痛みは感じない。

DVDスルーとなったアメリカ版と日本公開版では結末が違うと言う。

お勧め度:☆☆ ホステル度:☆★ 俺度:☆☆






映画データ
英題: UNTHINKABLE
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年9月23日
(銀座シネパトス ほか)
上映時間: 1時間37分
配給: ショウゲート
カラー

スタッフ
監督: グレゴール・ジョーダン
脚本: ピーター・ウッドウォード
プロデューサー: カルデコット・チャブ

キャスト
サミュエル・L・ジャクソン
キャリー=アン・モス
マイケル・シーン
スティーヴン・ルート


ちなみに「ホステル」



ホステル コレクターズ・エディション 無修正版 [DVD]

ホステル コレクターズ・エディション 無修正版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(12) 

nice! 20

コメント 2

ふじき78

こんちは。

宗教的な聖戦では、自分が失う物が多いほど、神の為に尽くした事になるので、我と我が身を異教の悪魔に委ねてと考えると、ヒロイズムが成立する気がします。妻や子供までを人身御供に出す気はなかったみたいですが。

拷問と言う手段を使わざるを得ない相手の神への愚弄と、それを超越する事での、自分の神の優位を証明しようとしている、そうも見えます。
by ふじき78 (2011-09-27 00:24) 

バラサ☆バラサ

>ふじき78さん

なるほど、彼にとってはジハードなのですね。

by バラサ☆バラサ (2011-10-01 14:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。