So-net無料ブログ作成

未来を生きる君たちへ [外国映画☆☆☆]

2011年9月19日(月) 18:45~ TOHOシネマズシャンテ3
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『未来を生きる君たちへ』公式サイト

TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。5本目。

苛め良くない!、復讐良くない!の話なのだが、テーマにも増してシビアなストーリーが展開される。

ストーリーで発生した大問題は、一旦治まっているのだが、日本語タイトルほどの希望は、その後にあるのだろうか。
復讐鬼みたいに育ってしまった少年は、本当に更正できるのか。復讐鬼に一方的にボコられた元祖虐めっ子の逆襲は無いのか。

後は、劇中のエピソードが気になる。
難民キャンプみたいなところで働く苛められっ子の父親の医師、無差別殺人者の悪人の足の治療をする。それが仕事だからと言って。
悪人の足がある程度直り、医師の元から去ろうとする時、とんでもない不謹慎なことを悪人が吐く。すると医師は怒りに駆られて、ケンシロウのように「好きにしろ」と、怪我の完治していない悪人を民衆に突き出すのだ。当然、悪人はサンドバッグ以下状態。
その自分の行為の葛藤は無いのか。この男、喧嘩は買わない主義で、それを子供たちに身を持って示していたのに。
まあ、あの悪人は、集団リンチを喰らっても仕方ないレベルなんだけど。

色々考えることが残った。

お勧め度:☆☆☆ 厳しい人生度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆






映画データ
英題: IN A BETTER WORLD
製作年: 2010年
製作国: デンマーク/スウェーデン
日本公開: 2011年8月13日
(TOHOシネマズ シャンテ ほか)
上映時間: 1時間58分
配給: ロングライド
カラー/シネマスコープ/ドルビーSR、SRD

スタッフ
監督: スサンネ・ビア
製作: シセ・グラム・ヨルゲンセン
脚本: アナス・トマス・イェンセン
撮影: モーテン・ソーボー
音楽: ヨハン・セーデルクヴィスト

キャスト
ミカエル・ペルスブラント
トリーヌ・ディルホム
ウルリク・トムセン
ヴィリアム・ユンク・ニールセン
マークス・リーゴード
キム・ボドゥニア



nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 2

yu-papa

nice!有り難うございます^^
by yu-papa (2011-09-23 16:22) 

バラサ☆バラサ

>yu-papaさん
こちらこそ、有り難うございます。
by バラサ☆バラサ (2011-09-25 13:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。