So-net無料ブログ作成

アジョシ [亜州映画☆☆☆★]

2011年9月17日(土) 16:25~ 丸の内TOEI②
料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り購入) パンフレット:未確認

『アジョシ』公式サイト

「グロリア」みたいに子供と逃避行をしながら守り続けるのかと思っていたのだが、悪の組織に角膜提供要員として攫われた子供を奪還するという話だった。寧ろ「96時間」式。「レオン」は観ていないので知らん。

一方的に弱っちいだろうちゅうイメージを抱いていたウォンビンなのだが、特殊部隊出身の設定に恥じない動きを見せる。同じような経歴の筈の先輩である「アイリス」のビョン吉とは大違いだ。ウォン・フェイフォンもトニー・ジャー(トム・ヤン・クン)もジージャー(チョコレート・ファイター)も真っ青の無敵ぶり。

そして、悪役が、近年稀なほどの厭らしい典型的悪役なので、憎らしくて素晴らしい。

ウォンビンの好敵手でベトナムの軍人という奴が出てくるのだが、こいつとの絡みを強化してくれたら、「男たちの挽歌」級の大傑作になっていただろう。

あれこれ言われている韓国のエンタテイメントだが、こういう物ならいつでも歓迎する。K-POPはいらねぇ。

想像していたより多くの客がいた。150~200人くらい。高齢のマダム多し。高齢マダムには、少しきついバイオレンスありだと思うのだが、「悪魔を見た」とかで慣れているのか。

お勧め度:☆☆☆★ バイオレンス度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★





髪を切ったウォンビンが、酒仙堂のバーテンダー樋渡洋氏にそっくりで笑った。

ウォンビンの映画
↓暑苦しい作品だった。チャン・ドンゴンが特に。

ブラザーフッド スタンダード・エディション [DVD]

ブラザーフッド スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD


↓変な映画である。監督がそうだから。

母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD


↓以下の二本は観ていない。

マイ・ブラザー [DVD]

マイ・ブラザー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD



ガン&トークス [DVD]

ガン&トークス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ケンメディア
  • メディア: DVD



映画データ
製作年: 2010年
製作国: 韓国
日本公開: 2011年9月17日
(丸の内TOEI2 ほか)
上映時間: 1時間59分
配給: 東映
カラー

スタッフ
監督・脚本: イ・ジョンボム

キャスト
ウォンビン
キム・セロン
キム・ヒウォン
ソン・ヨンチャン
キム・テフン
タナヨン・グウォングトラクル


ウォンビンが「おじさん」なら、ソン・ガンホでは「おじいちゃん」か。
映画は、元々、ソン・ガンホとかソル・ギョングの真アジョシをキャスティングしてたとか。


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(29) 

nice! 6

コメント 8

モッチ

アクションが極まりないほど残酷でリアルなのに美しいのはウォンビンさんのお陰でしょう。孤独でみじめな2人の愛も大きなテーマで、怒りの愛が爆発しています。正義に燃える男でカッコ良くてスカッとします。でもテシクは正義と言うより自分の過去とも戦っています。最後にやっと自分の心の言葉を発します。アクションが高度で見せますがなんとも切なくも温かい映画なのです。涙がじわっと流れてきます。
by モッチ (2011-09-19 02:41) 

バラサ☆バラサ

>モッチさん
韓国の催涙映画にたまに見られる押し付けがましいところが無いのに共感が持てます。あの駄菓子屋のシーンは、名場面であり、オヤジもチーム長もいい奴です。

by バラサ☆バラサ (2011-09-20 00:57) 

non_0101

こんばんは。
「96時間」的な展開でしたね。圧倒的な強さも。
ただ、囚われていた子供たちの過酷な状況があまりにも悲惨だったので
そこでショックを受けてしまいました~
翌朝に悪夢を観たのは久々でした☆
by non_0101 (2011-09-20 23:49) 

バラサ☆バラサ

>non_0101さん
「闇の子供たち」を思い出しました。厳しいですよね。
by バラサ☆バラサ (2011-09-22 03:08) 

sakurai

そういや、「レオン」なんて、はるか昔に一度見たきりなんで、中身はほとんど失念。
アパートにやってくる敵を籠城して倒すんじゃなかったっけか。
ゲーリー・オールドマンの憎々しさは素晴らしかったです。
徹底的に体を鍛えたそうですね、うちのウォンビン。
あ、韓流おばちゃんたちは、結構ぐろいの大丈夫だと思います。
すごいのいっぱいありますもん。
by sakurai (2011-11-03 21:36) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

「レオン」は、レーザーディスクの完全版を持っていますが、一回も観ていません!

韓流マダムは、「悪魔を見た」も見ているのですね。「チェイサー」も。
そう言えば、韓国の紳助(ハン・ソッキュだったか)のグロ・ホラーもありました。


by バラサ☆バラサ (2011-11-07 14:48) 

maki

いや~女子としてはまずウォンビンかっこいい!素敵!!の一言でしょう

リアルアジョシな作品としてもみてみたいですが、
もう少し泥臭くなりそうな。

ウォンビンの作品って「母なる証明」のイメージくらいにしかなかったので、
韓国スターの中でもアイドル的な存在として認識していました
ぐるっと変わりましたね
アイドル路線ではなく、もっと色々な作品にも出て欲しいです
by maki (2012-02-20 17:29) 

バラサ☆バラサ

>makiさん

韓国の男優は、ビョンホンもクォン・サンウも誰も、カッコいいと思えなかったのですが、ウォンビンは違いました。別格です。

やっぱりリアルアジョシ観たいですよ。

by バラサ☆バラサ (2012-02-24 00:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 29

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。