So-net無料ブログ作成

SHERLOCK(シャーロック) 第1回「ピンク色の研究」 A Study in Pink [ドラマ]

2011年8月28日(日)
録画再生(BSプレミアム 8月22日20:00放送)

『SHERLOCK(シャーロック)』公式サイト

公式サイトよりあらすじを引用。
ロンドンで不可解な連続自殺事件が発生。レストレード警部が記者会見で自殺者3人のつながりを調査中だと報告していると、記者たちの携帯に「違う!」と自殺に異を唱えるメールが届く。送信者は変わり者の探偵シャーロック・ホームズだ。やがて4人目の自殺者がでるが、今度は死ぬ前にある文字を書き残していた。
一方、戦場帰りの軍医ジョン・ワトソンは、家賃節約のために知人からルームシェアの相手を紹介される。
引用終わり。

ホームズは、一冊も読んでいないので、何の思い入れも無い。

さて、本作の舞台は、現代。
シャーロック・ホームズは、世界で唯一のコンサルタント探偵という職業だそうだ。
警察の警部には、推理に関しては頼りされているが、彼の部下たちはシャーロックを「いつか殺人を犯す変質者」と呼ぶ。シャーロックは、「変質者でなく、反社会性人格障害だ。」と反論。
ワトソン君は、原作と同じで、アフガニスタンからの戦争帰りという設定。

本作も元ネタであろう「緋色の研究」と同様、ドイツ語で「復讐」の書き残し。

キャラクターは中々面白いが、事件自体は、犯人の動機が不明で、トリックは「そんなことはしない。」と言っていたのに、実際そんなことだったので、話としてはいまいちだ。

今回の放送は全部で3話で、選択して放送なのかとも思ったのだが、向こうでも3話しか放送していない。
現在シーズン2を製作中とのこと。

お勧め度:☆☆★ トリック度:☆☆ 俺度:☆☆★




Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]

Sherlock: Season One [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: BBC Warner
  • メディア: Blu-ray



緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

  • 作者: アーサー・コナン・ドイル
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/07/12
  • メディア: 文庫




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。