So-net無料ブログ作成

やくざの墓場 くちなしの花 [日本映画☆☆☆★]

2011年8月22日(月) 20:30~ 銀座シネパトス1
料金:0円(二本立ての二本目)


やくざの墓場 くちなしの花 [DVD]

やくざの墓場 くちなしの花 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD



銀座シネパトスの「日本映画レトロペイスペクティブ~Part24~ 梶芽衣子スタイル その魅力にはまる」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。

<引用開始>
深作欣二監督、脚本笠原和夫コンビ最後の作品。ヤクザ社会と警察の癒着が横行する中、渡哲也のはみ出し刑事と若頭代理・梶との悲しい運命。日活同期の二人が東映で共演した傑作。
<引用終り>

若頭代理とあるが、投獄中の若頭の妻が正しい。
哲也の演じる刑事の名前は黒岩。「大都会」の城西署の人と同じ苗字だ。

プリントが切れまくっているのと、成田三樹夫、大島渚、佐藤慶が、同じ長い顔で同じメガネをかけているので当初区別が付かず、最初話が良くわからなかった。

山城組というのと西田組というのが対立していて、山城組は警察の幹部と癒着、哲也は西田組の梅宮辰夫と大殴り合いの末、せん○り兄弟として義兄弟の契りを結ぶ。

西田組を潰そうとする警察と山城組に、哲也と辰夫は敗れ、辰夫は所内で殺されてしまうが、哲也が大島渚などを復讐に来て射殺するも、室田日出男に撃たれて死亡。芽衣子が「あんた!」と駆け寄り終了だった。

予告編に昭和五十一年度・文化庁芸術祭参加作品というテロップが出ているそうだ。
実際のところは、参加は取り下げたそうだが、一瞬は認めたらしい。中身確認していないのかよ。いや、タイトルでおかしいだろ。

大島渚というのは、映画監督の大島渚。なかなか好演。

「県警対組織暴力」で、刑事にボコボコにされていた拓ぼんが、今回は刑事としてチンピラを絞める!が、柔道場で締め上げる時、逆に投げられる始末。館内は失笑。

ちなみに、全体として、凄く面白かったぞ。

お勧め度:☆☆☆★ 梶目度:☆ 俺度:☆☆☆☆




凄い!らしい。

仁義の墓場 [DVD]

仁義の墓場 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。